齋藤悠紀の顔やFacebook,勤務先のトラック会社!育児ノイローゼで以前から市役所に相談!

 

母親にお腹を殴られ転倒し、頭を強く打つなどの大けがをした3歳の男の子が

意識不明の重体で搬送されましたが、

4日夜、死亡しました。

母親の名前は、斎藤悠紀容疑者(27)です。

 

亡くなった子供の顔には、皮下出血の跡がありました。

日頃から虐待を受けていたのでしょうか?

詳しく見ていきます。

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 ニュース内容

 

長男(3)の腹を殴って転倒させ急性硬膜下血腫の大けがをさせたとして、熊本県警宇城署は4日、傷害容疑で母のトラック運転手斎藤悠紀容疑者(27)=同県宇城市=を逮捕した。署によると、容疑を認め「言うことを聞かず、かっとなった」と供述。意識不明だった長男は同日夜、死亡が確認された。署は傷害致死容疑に切り替えて調べる。  

署によると、長男は葵斗ちゃん。搬送先病院で、医師が葵斗ちゃんの顔に皮下出血の痕があるのを確認。県警や児童相談所は虐待情報を把握していなかったが、署は日常的に被害に遭っていたとみて捜査する。

(引用:https://news.yahoo.co.jp/

警察の調べによりますと、斎藤容疑者の母親が

「孫の様子がおかしい」と119番通報し、

搬送された病院から

「虐待の疑いがある」

と警察に通報がはいったようです。

 

斎藤容疑者は、

「言うことを聞かずイライラして殴った」

と容疑を認めています。

 

斎藤容疑者とは、一体どんな人物なのでしょうか?

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

斎藤悠紀プロフィール

 

 

名前 : 斎藤 悠紀

年齢 : 27歳

住所 : 熊本県宇城市不知火町

職業 : トラック運転手

 

 

現時点で、斎藤容疑者についてわかっていることは以上となります。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 勤め先のトラック運送会社はここ!

 

 

斎藤容疑者が勤めているトッラク運送会社について

独自のルートでしらべてみました。

 

熊本県宇城市不知火町にある

トラック運送会社を調べてみるといくつか出てきました。

 

残念ながら、現時点ではどこの会社に勤めていたのかまで

特定することができませんでした。

 

また、詳細がわかりましたら、更新します。

 

スポンサーリンク

 

犯人(容疑者)の顔画像!

 

 

 

【顔写真】【発見せず】

こちらの方で顔写真やそれに

準ずる写真の関して、独自に調査の方をさせていた

だきました。

しかしながら今現在どのメディアも報じて

おらず発見できなかった

ため、発見次第更新させていただきます!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

犯人(容疑者)のfacebook特定!

 

 

 

こちらの方で、facebook上で名前検索を行ったり

また、それに該当しそうな人物の手がかりから

特定を試みました。

しかし現状として、該当人物に関するfacebookの

情報は判明することができませんでした。

 

今後mikonewsの方で調査次第、何かしら手がかかりや

アカウントが判明次第、追ってお知らせしていきたいと思います。

もう少々お待ちください。

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 市役所へ育児相談していた

今回調査を進めていく中で、斎藤容疑者は以前から

宇城市役所へ育児の相談をしていたことがわかりました。

 

相談を受けたことで、自宅への訪問や、電話で見守りを続けていたということです。

 

育児によるストレスで暴力を振ってしまったのでしょうか…

斎藤容疑者自身も、自分自身ではどうにもできないと思い

このままでは最悪の事態を招くのでは?

と少なからず感じ、市役所へSOSを出していた

という事なのでしょうか?

 

そうなってくると、市役所の対応は正しかったのか

という事にもつながってきますね。

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 児童虐待の動機とは?

 

 

 

子供の虐待には4つのくくりがあると言われているそうです。

虐待と言っても、家庭によってその内容は異なります。

厚生労働省では虐待の種類について、4種類に分けて定義しています。

 

今回は、厚生労働省の定義に沿って児童虐待の種類を4つご紹介します。

 

①身体的虐待

殴る、蹴る、投げ落とす、激しく揺さぶる、やけどを負わせる、溺れさせる、首を絞める、縄などにより一室に拘束する など

(引用元:児童虐待の定義と現状|厚生労働省

 

「児童虐待」と聞くと、まずはこれらの身体的虐待の様子が頭に浮かぶ人も多いでしょう。子供に対して親が暴力を振るってしまうニュースは多くみると思います。

 

また、身体の自由を拘束することも児童虐待であるとされています。縄による締め付けなどは体の自由を制限や、骨を歪めるなど成長へ影響を及ぼす恐れもあるでしょう。

 

②性的虐待

厚生労働省では以下のような行為を、性的虐待であると定義づけています。

子どもへの性的行為、性的行為を見せる、性器を触る又は触らせる、ポルノグラフィの被写体にする など

引用元:児童虐待の定義と現状|厚生労働省

親族や教師親などの性的虐待などすべてを含みます。親だけではなく、家庭教師先の先生というケースもあったそうです。

 

③ネグレクト

 

厚生労働省では以下のような行為を、ネグレクトであると定義づけています。

家に閉じ込める、食事を与えない、ひどく不潔にする、自動車の中に放置する、重い病気になっても病院に連れて行かない など

引用元:児童虐待の定義と現状|厚生労働省

 

ネグレクトは家庭虐待です。主に保護者がふるってしまう児童虐待であると言えるでしょう。保護者とはその名前の通り、子供を保護する立場の人です。子供が健やかに育つために必要な環境を意図して与えないような行為は、ネグレクトであると言えるでしょう。

 

④心理的虐待

厚生労働省では以下のような行為を、心理的虐待であると定義づけています。

言葉による脅し、無視、きょうだい間での差別的扱い、子どもの目の前で家族に対して暴力をふるう(ドメスティック・バイオレンス:DV) など

引用元:児童虐待の定義と現状|厚生労働省

 

子供に対して強い言葉を向けることはもちろん、ほかの兄弟への攻撃的な態度も心理的虐待に含まれるため意味は広義にあたります。

 

また、両親同士による喧嘩も子供に大きな心理的ダメージを与えてしまいます。子供に対して、心理的に虐待は起こってしまうのです。両親同士による暴力行為を始めとした夫婦喧嘩も子供に大きな影響を与えます。

 

 

 

以下4つであると考えられております。

今回は、①の身体的虐待になるかと思います。

 

 

そして気になる動機ですが、

 

・イライラした

・いうことを聞かなかったから

・ストレス発散

・日常的に殴っていた

・むしゃくしゃした

 

といった、いくつかの理由があてはまるのが一般的です。

 

 

実際に、斎藤容疑者も警察の調べに対して

「言うことを聞かずイライラして殴った」

と証言しています。

 

 

子供なので、思うどおりに事が進まず

イライラしてしまうことはどの家庭でもあります。

 

一時的に「カっ」となってしまい

いつも以上に強く殴ってしまったのか…

それとも、日常的虐待だったのか…

 

いずれにしても、もう葵斗ちゃんは戻って来ません。

葵斗ちゃんを、守る方法はなにもなかったのでしょうか?

とても悲しいです…

 

 

亡くなられた葵斗ちゃんへ

心よりご冥福をお祈りいたします。

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 世間の声

 

3歳の子供は自我が芽生えてくるので「言う事を聞かないのは当たり前」。その都度、何度も言い聞かせれば成長する毎に自分の頭で考えて理解出来るようになるのに、まだ幼い子に体罰を与えて理解させようとしても怯えるだけで理解出来ません。時期がくれば理解出来るようになるんです。だから育児って忍耐なんですよ。

忍耐力の無い母親の暴力に3歳の子が拷問の日々を耐えていたなんて泣けてきます。出血する程殴られて、さぞ痛かったでしょう。

 

疲れ果ててこんな事になる前に、頼れる人がいるのならお願いするとか、どこでも良いから、周囲に甘える勇気を持って欲しかった。
だって、こんな事になって一番本当に悲しい思いをするのは、母親であるお母さんなんだから。

 

1歳半検診や3歳児健診では、異常はなかったのか?
母親が就業していたなら保育園に預けていなかったのか?

日常的な虐待があったなら、保育園で疑うこともできたはず。。日頃からどうやって育児していたのか、疑問ばかり

 

この手の虐待死事件にあって、つくづく不思議なのは「子どもの命=母親の人権」の等式がいつも持ち出されることですね。
「何か辛かったのだろう……」「母親もまた犠牲者……」こんなコメント、加害者が父親ならまず聞きませんよ。
そして、この手の擁護論を述べるのは大抵リベラルな人達。
やっているのは母性神聖化という物凄く保守的、右翼的なことなのにな。

 

重体だとニュースしてたのに亡くなってしまったんですね…
最近毎日のように虐待ニュースばかりですね
子育ては大変なこともあるけど、子供達から学ぶこと、癒やされることもあります
私もどちらかといえば毎日怒ってばかりな母親です…
でも子供達の笑顔が目の前から消えてしまうなんて考えられないし、子供達は宝物です

 

こういう事件ってニュースに取り上げられているのは氷山の一角じゃないかな?
家庭内だから、被害者が子供だから問題が表面的に見えない・・・

 

田舎⇒若くして結婚、出産⇒即離婚⇒内縁の夫による虐待
よくあるパターンと似たような図式だな。どこに問題があるのか。

 

今もどこかで虐待されてる子がいるんだろうなぁ
食事も満足にさせてもらえなかったり
殴ったり、つねったりとか暴言とか吐かれて。

 

育てられないなら産むな、それか産んだ瞬間に養子に出せ

 

傷害致死?殺人だろこれ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)