【特定】斎藤淳の自宅住所やFacebook「姉も出ていき一人ぼっち」近所では事件事故が多発で関連は?

埼玉県飯能市美杉台の住宅で60代の夫婦と30代の娘とみられる男女3人が殴られて死亡した事件で、近所に住む斉藤淳容疑者(40)が逮捕されました。

この記事では容疑者の自宅や周囲で起きていた事件についてまとめていきます。

 

 

スポンサーリンク

 

 

ニュース概要

 

25日、埼玉県飯能市の住宅で60代の夫婦と娘とみられる男女3人が殴られ死亡しているのが見つかり、現場近くに住む40歳の男が逮捕された事件で、娘はこの家には同居しておらず、たまたま居合わせたとみられることがわかりました。 この事件は25日午前7時すぎ、飯能市美杉台の住宅の庭先で、この家に住む60代の夫婦とその30代の娘とみられる3人が、鈍器のようなもので頭や首など上半身を殴られ、死亡しているのが見つかったものです。 目撃情報などから、黒っぽい服装の大柄な男が、柄の長い鈍器のようなものを持ち逃走したとみられていましたが、警察は25日夜、現場から数十メートル離れた住宅に住む斎藤淳容疑者(40)を、男性への殺人未遂の疑いで逮捕しました。 斎藤容疑者は自宅にいたところ捜査員に身柄を確保され、調べに対し「言いたくありません」と詳しい供述を拒んでいるということです。 また、その後の捜査関係者への取材で、現場となった住宅に30代の娘は住んでおらず、事件当時は偶然、現場に居合わせたとみられることがわかりました。警察は両親を狙った犯行だった可能性もあるとみています。 斎藤容疑者は今年1月、現場の住宅の車に石を投げつけるなどして傷をつけたとして器物損壊の疑いで逮捕され、その後、不起訴処分になっていたということです。警察は今回の事件との関連を調べています。

出典:https://news.yahoo.co.jp/

 

埼玉県飯能市美杉台の住宅街で

男女3人が鈍器のようなもので殴られて

亡くなる事件が起きました。

 

この事件で逮捕されたのは

斎藤淳容疑者(40)です。

 

亡くなられた被害者については

名前などの情報は出ていないようです。

 

亡くなった一家の情報が明かされました。

アメリカ国籍の

ビショップ・ウィリアム・ロス・ジュニアさん(69)

女性は妻の森田泉さん(68)と

娘の森田ソフィアナ恵さん(32)と判明しました。

 

 

まずは容疑者のプロフィールから見ていきましょう。

 

スポンサーリンク

 

 

齋藤淳のプロフィール!顔画像

 

出典:https://news.yahoo.co.jp/

 

  • 名前:斎藤淳
  • 年齢:40歳
  • 住所:埼玉県飯能市美杉台4
  • 職業:無職
  • 容疑:殺人未遂の疑い

 

 

警察車両で移動する様子が

公開されていましたが、

眉間にしわを寄せ険しい表情でした。

 

目つきが鋭く、

やばそうな人の雰囲気があります。

 

容疑者は警察の調べに対して

「言いたくありません」と

詳しい供述を拒んでいるそうです。

 

斎藤容疑者と息子が同級生だったという方が

インタビューに答えていました。

 

斎藤容疑者を知る人明るくて勉強できたし、サッカー得意でねっていうふうに聞いてるよ、息子から。とても良い子だったって。なんであんな子があんなことするんだって」

出典:https://news.yahoo.co.jp

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

斎藤淳のFacebookは?

 

 

Facebookにて容疑者のアカウントを調査してみました。

 

しかし、同姓同名のアカウントが多く

容疑者らしきアカウントの発見には至っていません。

 

引き続き調査を行っていきます。

 

 

スポンサーリンク

 

 

自宅特定!草木がボーボーで管理されていない家

 

容疑者の自宅が特定されています。

〒357-0041 埼玉県飯能市美杉台4丁目13−20

 

モザイクがかけられていますが

草木がボーボーで

管理が行き届いていない住宅です。

 

 

周辺は住宅街となっていますが

手入れされた家がほとんど。

近所の中でも容疑者の自宅は

異様な存在感を放っていますね。

 

また、容疑者の自宅から被害者の自宅までは

徒歩1分という距離でした。

 

 

近所トラブルとして

1番多いといわれるのが騒音トラブルですが、

近所とは言え、家はそれなりに離れていますから

そういったトラブル内容ではないのでしょう。

 

※注意

容疑者宅についてデマ情報が出回っているようです。

美杉台には容疑者と同姓同名の方の住所があります。

容疑者宅は4丁目ですので、別の情報がありましたら

それはデマとなりますのでお気を付けください。

 

※追記

容疑者宅には両親・姉・容疑者の4人で住んでいたようです。

両親が離婚して父親が出ていき、

その後、母親も家を出て姉と2人暮らしになりました。

 

その姉も家をでてしまい、容疑者は一人ぼっちで

この家に住んでいたようです。

 

スポンサーリンク

 

 

近所では死亡事件事故あり!共通点が怖い

 

容疑者は今回、殺人未遂容疑で捕まっていますが

この逮捕が初めてではなく、

1年前にも器物損壊容疑で逮捕されています。

 

その時の被害者は

なんと今回殺害されてしまった方でした。

 

器物損壊事件詳細

約1年前、被害者が所有する赤いボルボに2回傷がつけられた

単なる小傷などではなく

フロントから側面、車の後ろにまで

ナイフやドライバーで深くえぐられたような傷

修理には100万かかった

 

 

少なくとも1年前から

両者の間にはトラブルがあったんですね。

ちなみに器物損壊事件のほうは

不起訴処分となりました。

 

さらに調査をすすめると、

現場付近ではいくつかの死亡事故が

起きていたことがわかりました。

 

下の画像、炎のマークがついている場所が現場です。

今回の殺人事件の現場にもマークがついています。

 

出典:https://www.oshimaland.co.jp/

 

美杉台4丁目だけでも他に3件の印があります。

詳細をまとめていきます。

 

美杉台4丁目の事件事故まとめ
  • 2012年12月15日

戸建て全焼の火事

両親は無事だったが60歳代長女が死亡

  • 2014年9月28日

詳細不明

  • 2018年11月25日

2階が焼ける半焼の火事

両親は無事だったが51歳長男が死亡

  • 2022年12月25日

2階の火事

一家の男女3人殺人事件

被害者は60代夫婦と30代娘

 

こうしてまとめてみると

いくつか共通点があるように感じます、

 

  • 火事(2階が焼ける)
  • 年末の時期
  • 親子が被害者

 

時期的に火事が起きやすいことや

住宅地ができた時期によって

家族構成や年齢が似通るということはあるでしょうが

こんなにも近距離で人が亡くなるほどの

事故事件がおきるのは不自然にも感じますね。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 世間の声

 

逮捕された男は、極刑になるだろうが、恨みを買うと怖いと感じざるを得ない事案ですね。年配だと護身術などを習得してても思うように体が動けばいいが、逃げて近隣に助けを求めるのが有効なのか、難しいな。皆さん年末は特に気を付けましょう。

 

器物破損で逮捕されていたのに不起訴にして、復讐で犯行に及んだとしたら、 日本の検察が不起訴にしたのが良くなかったのではないか、実刑にして反省 復讐するなと教育指導していく事が、この事件を起こさない事だったのかもしれない、しかし最低な犯人だ

 

前回の逮捕が不起訴処分になったことが、犯行を増長させた可能性がありますね。しっかりと、警察で取り調べされて起訴されていれば、違った結果になったかもしれないです。

 

行き違いはもう国の責任で駆逐してください。 安心して住める権利をどうかください。 子供の声がうるさいとか除夜の鐘がうるさいとか、行き違いにはていねいな対応など無用。 行き違いが多い社会にはもう本当にうんざりです。

 

まだ理由が明確になってないけど、先日あった茅ヶ崎の事件みたいに被害者になんの落ち度もないのに理不尽な目にあっていたら嫌だな……

 

スポンサーリンク

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)