酒井泰士の顔やfacebook『普段は優しいDV男か』勤務先や家族構成|埼玉県鴻巣市

41歳の妻の顔面を殴るなど暴行を加えたとして、鴻巣市の会社員・酒井泰士容疑者(42)が逮捕されました。

妻は搬送先の病院で死亡が確認されました。

酒井容疑者や事件をみていきましょう。

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 報道内容

 

 

埼玉県鴻巣市の住宅で女性が倒れているのがみつかり、その後死亡が確認されました。警察は「妻が冷たくなっている」と通報した42歳の夫を、暴行の疑いで逮捕しました。

暴行の疑いで逮捕されたのは、鴻巣市小松の会社員、酒井泰士容疑者(42)で、今月16日からきのう(19日)までの間に、自宅で、41歳の妻の顔を右手で殴るなどの暴行を加えた疑いが持たれています。

警察によりますと、きのう午前6時50分ごろ、酒井容疑者が「妻が冷たくなっている」と119番通報し事件が発覚しました。消防が駆けつけた際、妻は寝室の床に倒れていて、病院に搬送されましたが、その後死亡が確認されました。

警察の取り調べに対し、酒井容疑者は「殴ったことは間違いありません」と容疑を認めているということです。

妻の顔や上半身にあざがあったということで、警察は司法解剖を行い、死亡と暴行との関連を調べる方針です。

引用:https://news.yahoo.co.jp/

同居する妻へ暴行した疑いで逮捕されたのは、

鴻巣市小松の会社員、酒井泰士容疑者(42)です。

 

酒井容疑者は今月16日からきのう(19日)までの間に、

自宅で同居する41歳の妻の顔を右手で殴るなどの暴行を加えた疑いが持たれています。

 

きのう午前6時50分ごろ、酒井容疑者から、

「妻が冷たくなっている」と119番通報があり事件が発覚しました。

 

消防が駆けつけた際、妻は寝室の床に倒れていて、病院に搬送されましたが、その後死亡が確認されたということです。

 

酒井容疑者は「殴ったことは間違いありません」と容疑を認めています。

 

妻の顔や上半身にあざがあったということで、警察は死亡と暴行との関連を調べる方針です。

 

日頃から暴力を振っていたのでしょうか。

本当に痛ましい事件です。

亡くなった女性のご冥福をお祈りいたします。

 

酒井容疑者についてみていきましょう。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 酒井泰士のプロフィール・顔画像

 

引用:https://news.yahoo.co.jp/

  • 名前:酒井泰士
  • 年齢:42歳
  • 住所:埼玉県鴻巣市
  • 職業:会社員
  • 逮捕容疑:暴行の疑い

 

酒井容疑者の顔画像が報道されました。

カメラを見る目が印象的です。

 

妻の顔や上半身には打撲の痕があったということなので、日常的に暴力を振っていた可能性も考えられます。

DVをする男の特徴として、

・感情の起伏が激しいく、イライラすると物にあたる

・友達の前では大人しい

・プライドが高い

などが挙げられますが、酒井容疑者は普段どのような人物だったのでしょうか。

 

DVがなかったにせよ、妻の顔を殴るなんてひどすぎます。

 

人物像についての情報が入り次第、更新していこうと思います。

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 酒井泰士のfacebook

酒井泰士容疑者のfacebookを調べてみました。

 

名前で検索したところ、同姓同名のアカウントがありましたが、

基本情報などの登録がなく、本人と断定できるだけの情報がなかったため、

こちらへの掲載は控えております。

 

 

アカウントはほとんど使われていないと思います。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 勤務先や家族構成

酒井泰士容疑者の勤務先や家族構成を調べてみました。

 

酒井容疑者は妻と同居していましたが、お子さんについての情報はありませんでした。

41歳と42歳の夫婦であれば、小学生~高校生のお子さんがいても不思議ではありませんが、

仕事や家庭に関するプラベートな情報は一切公開されていません。

 

 

続報にて情報が入りましたら、こちらにも掲載いたします。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 世間の声

 

DVが日常化してお互い麻痺していたのかな?顔を殴られ痣ができれば、外出も出来なかったのか、暴力って体の痛みだけでなく精神がボロボロにやられてしまう。暴力振るう方も異常なんだけど、何の通報もなければ、そういう人を捕まえたり出来ないし。何より家庭の密室でのDVは止めさせるって難しい。DV 、ストーカー被害を電話で即24時間、命の電話みたいに相談できる場所が必要だし。危険な場合はシェルターみたいな場所にはいれるようにするとか、何か対策をして欲しいです。

 

 

DVをうけている人にたいして、 「そんな人となぜ結婚したのか」とか 「なぜ別れないのか」 と素朴に疑問に思う人がいるかもしれない。 結婚したあと、性格が豹変する人はいる。 ほかにも逃げられない事情があって仕方なく同居を続けるケースは多い。 離婚したくても、専業主婦で出ていくお金がなかったり。 近くに相談できるところがなかったり。 子供を人質に取られたり。 危険を感じたとき、すぐに被害者やその子供が避難して安心して暮らせる制度があればよいが、あいにくまだ不充分なのだろう。 こうした痛ましい事件はずっと続く。

 

 

結婚相手や家族に対する一方的な過剰な期待 と執着は、本当に迷惑なだけだと思う。 そもそも、 自分自身は、人や家族の要求や要請を何処 まで実現できる人間なのか? 「ここまでならOK。これ以上はNG。」 はっきり言って、人それぞれ境界線が 無限にあり、多種多様。 極めて本質的な問題なので、面倒臭い。 たとえ家族や親族であっても 所詮この世は人間同士、信用したいこと、 したくないことなんて無くならない。 どうせ毎日生活するなら、 「自分が一番生活しやすい場所で生活したい。」 というのが自分の本音。

 

 

昔の職場に彼氏からDVを受けている子がいて、目の周りに青あざをつけていた事も有った。彼氏が職場にも乗り込んで来ることも有った。周りが別れたほうが良いと説得したけれど、彼女は殴ったあとは彼も反省しとても優しいと言い、結局別れず結婚したみたいだけど、その後どうしているだろう。DVを受けている女性って、半ば洗脳されているのか、彼氏が悪いとは思わないみたいで、殴られても逃げようとか別れようとか思わない人もいるんですよね。

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)