酒田一中いじめ犯人の名前!校長やバレー部女性顧問の顔は?学校が隠ぺい工作!


2021年2月12日、酒田市立第一中学校に通う石澤準奈(せつな)さん13歳が、

学校から飛び降り亡くなりました。

準奈(せつな)さんは、去年9月末から10月中旬までの間、

下駄箱に「死ね」「きもい」などと書かれた紙を3、4回入れられたことがあったそうです。

去年11月、せつなさんは全校を対象にした書面による教育相談で、

いじめを受けたことを書き込み、担任の聞き取りに対して、

直接相談していたことが分かっています。

 

それは校長まで報告され、いじめがあったことが学校内で共有されていました。

しかし、このいじめについて生徒の保護者には伝えられていませんでした。

もし、この時保護者に伝えられていれば助けることができたかもしれません。

 

今回の事件をまとめていきたいと思います。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 報道内容

ことし2月、酒田市立第一中学校で発生した女子生徒の転落死亡事故。学校側は初めて保護者説明会を開き、転落は生徒の自殺だったこと、そして「いじめ」を受けていた事実を明らかにした。学校側は、いじめと自殺との因果関係を再調査するとしている。

今月17日の夜、酒田市立第一中学校の体育館におよそ300人の保護者たちが集まった。学校で起きた女子生徒の転落事故をめぐる初めての保護者説明会が開かれたのだ。
この問題は、ことし2月12日の朝、酒田一中で女子生徒が校舎4階から転落し死亡したもの。
説明会に出席した複数の保護者などによると、説明会で学校側は転落事故について、警察から生徒の自殺だったと報告があったと明らかにした。またこの女子生徒が、去年9月末から10月中旬までの間、下駄箱に「死ね」「きもい」などと書かれた紙を3、4回入れられたと報告した。
去年11月、女子生徒は全校を対象にした書面による教育相談で、いじめを受けたことを書き込み、担任の聞き取りに対して、直接、相談していた。そして、校長まで報告され、いじめがあったことが学校内で共有された。しかし、このいじめについて生徒の保護者には伝えられていなかった。女子生徒に学校側は、その後、もう一度あったら相談してほしい、その時に保護者にも連絡しようと指導していた。
学校側は全校生徒へのアンケートや個別の聞き取りで報告書をまとめ、市の教育委員会に提出していた。そして、市教委は、遺族の当時の意向も踏まえ、調査結果を公表しないと決め、保護者説明会は開かれなかった。また、学校側は、今回の説明会で「女子生徒が受けたいじめが自殺の直接の原因ではない」としている。
自殺からおよそ7か月ー。学校側は、真相を明らかにしたいという遺族の要望と、SNS上での様々な情報で生徒の不安が広がっているとして説明会を開き、改めて調査を行うと表明した。説明会で学校側の対応に、保護者たちからは、非難の声が相次いだという。
参加した保護者「救える命だったんだなというのが率直な感想。下駄箱にいたずらを繰り返されていた時に、先生が認知した段階で彼女を守ってあげる行動をとっていれば、こんなことにはならなかったんじゃないか」
「学校側には不信感しかなかった。何かあれば対応するという話をしていたが、何か起きる前に対応できるような体制をとって下さいと要望してきた」
学校側は今月中に、学校のすべての生徒と保護者にいじめに関するアンケートを行い、自殺との因果関係などを詳しく調べるとしている。

引用:https://news.yahoo.co.jp/

 

2021年2月12日の朝、酒田一中で女子生徒が校舎4階から転落し死亡するという事故が起きました。

亡くなったのは、中学一年生の石澤準奈(せつな)さん13歳です。

せつなさんの父親が、悲痛な心の叫びをfacebookに書き込まれていました。

 

 

去年9月末から10月中旬までの間、

せつなさんは下駄箱に「死ね」「きもい」などと書かれた紙を3、4回入れられたそうです。

引用:https://news.yahoo.co.jp/

去年11月、せつなさんはいじめを担任に直接相談。

それは校長まで伝えられ、学校でも共有されました。

 

しかし、せつなさんの親御さんに報告されることはありませんでした。

引用:https://news.yahoo.co.jp/

 

学校側は、その後、

もう一度あったら相談してほしい

その時に保護者にも連絡しよう

と指導していたそうです。

 

もう一度あったら?もう一度いじめられるまで放置していたということですか?

いじめとは未然に防がなくては意味がないのではないでしょうか?

 

学校側は全校生徒へのアンケートや個別の聞き取りで報告書をまとめ、市の教育委員会に提出。

ご遺族の当時の意向も踏まえ、調査結果を公表しないと決め、保護者説明会は開かれていませんでした。

しかし9月17日に開かれた保護者説明会では、

「女子生徒が受けたいじめが自殺の直接の原因ではない」

と説明されたそうです。

自殺からおよそ7か月経ち学校側は、真相を明らかにしたいというご遺族の要望と、

SNS上での様々な情報で生徒の不安が広がっているとして説明会を開き、

改めて調査を行うと説明しました。

説明会では学校側の対応に、保護者たちからは、非難の声が相次いだそうです。

 

引用:https://news.yahoo.co.jp/

 

娘が生前妻に話していたことや遺していたものを紐解くと部活動(女子バレー部)の顧問の女教師に対する不信感や学校内でのイジメなんだなと感じた。

信じられなかったのは靴にウザい、死ねと書いて入れられた事実を知ったのは娘が死んだ後病院で刑事さんから聞かされた、ショックだった。

何故担任の女教師は娘が生きているときに報告しないのか?軽く考えていたのだろうな、本当に。

せつなさんの父親のfacebookより引用

 

大切な我が子がいじめによって命を絶った。

その原因となるいじめの内容を、後に知った親御さんの思いは想像を絶します。

我が子が苦しんでいたことを後で知らされるだなんて…

これほど辛いことはありません。

 

父親は3月まで勤務していた校長には感謝の言葉を述べておられました。

 

3月に定年した前任者の斉藤校長先生、必死にせつなを人工呼吸したり心臓マッサージをしてくれてありがとう、感謝します。

そのあとも私達家族に気持ちの面でも寄り添ってくれて3月の退職する最後まで人を動かして調査をしてくれてありがとう。

 

4月から赴任してきた新しい校長は、

「私は、4月から来たので知らないし、わからない」

と発言したそうです。

分からないはずないでしょう。

保護者の気持ちに寄り添うことすら放棄し、保身のために言い訳をしているようにしか思えません。

 

9月17日の保護者説明会には、バレー部顧問は参加していなかった(ネット情報による)ようです。

 

これらのことから、学校は有耶無耶にしようとしているのでは?と感じてしまいます。

せつなさんの父親は、facebookにこのように綴っておられます。

 

俺は絶対に娘を追い詰めた奴らを許したくない。
今朝、Facebookで加藤秀視さんの記事を読んで絶句しました。

私達の娘も亡くなって半年も経つのにこのような現状で苦しんでいます。

当然だと思います。

決して有耶無耶にしてはいけない事件です。

 

4月から赴任してきた校長、そしてバレー部の女性顧問、いじめをしていた生徒は特定されているのでしょうか。

 

 

 

【10/1追記】

文春から新たな報道がありました。

報道では亡くなった石澤準奈(せつな)さんの画像とともに、

ご家族の思いが綴られていました。

こちらからお読みいただけます。

《山形中1女児死亡事件》両親が涙の告白「娘の後頭部は割れていた」13歳の少女が登校生徒の前で校舎4階から飛び降り自殺 前日にあった“ある異変”

引用:文春オンライン

 

 

 

スポンサーリンク

 

 


 校長やバレー部女性顧問の名前や顔

 

酒田市立第一中学校で、女子生徒が飛び降りた事件は、

いじめが原因だということが判明しています。

3月まで勤務していた当時の斉藤校長は、

必死にせつなさんを人工呼吸したり心臓マッサージをしたり、

懸命にご遺族の気持ちにも寄り添われていたようです。

 

4月から赴任してきた校長の名前については、名簿により特定できましたが、

現時点でどのメディアも報じていないため、掲載を控えさせていただきます。

 

また、バレー部の女性顧問については特定にいたっていません。

SNSを通して情報が出てくる可能性が高いと思いますが、

安易に名前を出すことはできませんので、確証がもてる情報が入り次第、

更新いたします。

 

いじめをしていた生徒に関してですが、こちらは一切情報がありません。

同級生であれば13歳。

名前や顔が出てくることはないかもしれません。

今、いじめをしていた加害者たちは何を思い、何を感じているのでしょうか。

 

自分たちの行いによって、人の命が奪われたという自覚はあるのでしょうか。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 


 学校がいじめを隠蔽?

石澤準奈(せつな)さんの父親のfacebookに投稿されたものです。

 


とんでもないことが起っています。
 
30日午後4時半から会見を開きました。
会見で、第三者委員会は、現時点で、関係する教職員や生徒への聴き取り調査に、まだ着手していないことがわかりました。
 
被害者の女子生徒が亡くなってから6か月が経過しようとして
いるのに、事件に関係する人物に聴き取り調査を「まだ着手していない」ってありえますか?
これは加害者にまだ事情聴取を行っていない、っことですよ。
明らかに風化を待ってる、この事件を隠ぺいしたいとしか思えない。
 
なくなった女子生徒を軽視しているとしか思えない。
これが旭川第三者委員会の現状です。これをできる限り拡散シェアしてください。
 
今はSNSで騒ぐことで「風化を防げる」時代です。

 

30日午後4時半から開かれた第三者委員会で、

関係する教職員や生徒への聴き取り調査に、まだ着手していないことが判明しました。

女子生徒が亡くなって半年経っても着手していないということです…

なかったことにでもするつもりでしょうか?

今はSNSで騒ぐことで「風化を防げる」時代です。

本当にその通りだと思います。

 

9月20日のヤフーニュースでは、

「学校側は、いじめと自殺との因果関係を再調査するとしている。」

と報道されました。

もう2度とこのような事件は起きてはならない、学校側は誠意を持って対応すべきだと思いです。

 

9月14日は、石澤準奈さんの14歳の誕生日だったそうです。

父親のfacebookには幸せそうなご家族の写真で溢れていました。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 


 過去にもいじめによる自殺があった?

 

酒田市立第一中学校では、過去にもいじめにより生徒が自殺するという事件があったようです。

 

 

オレの母校での出来事。

昔オレのイッコ下の女子もいじめで自殺した。

 

酒田市立第一中学校出身の方のツイートですが、

昔、一個下の女子生徒もいじめにより自殺したと書かれてあります。

 

引用:酒田市立第一中学校HP

 

酒田市立第一中学校では、

平成31年に、いじめ防止基本方針が掲げられています。

 

引用:酒田市立第一中学校HP

 

いじめに対する早期対応はなされていたのでしょうか?

このような方針がまったく生かされていないように思います。

決して風化させてはいけない事件。

しっかりと調査をすすめていただきたいと思います。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 世間の声

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 


2件のコメント

なぜ警察が介入しないのかが不思議だ、靴に落書きされたら器物損壊罪対応事案じゃない? 学校だから良いのか、そうじゃない事を子供に教えないとダメだ!    
 
 学校に相談するのは間違え、と言う事を親は子供に教えるべき、自分の子供を守るために

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)