札幌市北区2歳児を監禁虐待した母親の顔,名前!アパート特定!日常的に虐待していた?


 

北海道札幌市のアパートで2歳の男の子が

一時、意識不明の重体となる事態が発生しました。

 

男の子は、しつけのため

母親に押し入れに1時間も閉じ込められていたという事です。

 

母親について、詳しく見ていきましょう。

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

事件概要

 

北海道札幌市のアパートで、押し入れに入れられた2歳の男の子が一時意識不明となりました。警察は母親から話を聞いていて、容疑が固まり次第、監禁の疑いで逮捕する方針です。  6月22日午後2時前、札幌市北区のアパートに住む20代の母親から「子どもがぐったりしている」と通報がありました。  駆けつけた救急隊が、2歳の男の子がひざをかかえ倒れているのを発見。男の子は一時意識不明でしたが意識を取り戻し、病院に運ばれ治療を受けています。  警察によりますと、母親と男の子は2人暮らし。しつけのため、押し入れに1時間入れていたということです。  警察は母親から話を聞いていて、容疑が固まり次第、監禁の疑いで逮捕する方針です。

引用:https://news.yahoo.co.jp/

 

6月22日午後2時前

札幌市北区北三十八条西2のアパートに住む20代の母親から

「子どもがぐったりしている」と通報が入りました。

 

駆け付けた救急隊が、ひざを抱えて倒れている2歳の男の声を発見。

男の子は、意識不明の状態だったという事です。

 

現在男の子は、意識を取り戻し病院に運ばれ治療を受けています。

 

また、母親は、しつけのため1時間も押し入れに男の子を閉じ込めたと

警察に話しています。

 

これを受け、世間からは

「1時間以上閉じ込めていたと思う」

「しつけではなく、虐待だ」

などと、母親を批判する声がかなり上がってます。

 

警察は、母親から詳しく話を聞き

容疑が固まり次第、換金の疑いで逮捕する方針です。

 

 

 

 

スポンサーリンク

 


事件発生場所特定「リベア麻生」

 

監禁事件が発生したアパートを特定しました。

 

 

所在地:北海道札幌市北区北三十八条西2

アパート名:リベア麻生

 

報道されている画像と一致します。

 

こちらのアパートの家賃は共益費合わせて48,000円

間取りは、1LDKです。

 

 

洋室6帖の部屋にある押し入れに一時間も閉じ込められていたのでしょう。

 

 

 

スポンサーリンク

 


犯人(容疑者)の顔画像!

 

 

 

【顔写真】【発見せず】

こちらの方で顔写真やそれに

準ずる写真の関して、独自に調査の方をさせていた

だきました。

しかしながら今現在どのメディアも報じて

おらず発見できなかった

ため、発見次第更新させていただきます!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 


犯人(容疑者)のfacebook特定!

 

 

 

こちらの方で、facebook上で名前検索を行ったり

また、それに該当しそうな人物の手がかりから

特定を試みました。

しかし現状として、該当人物に関するfacebookの

情報は判明することができませんでした。

 

今後mikonewsの方で調査次第、何かしら手がかかりや

アカウントが判明次第、追ってお知らせしていきたいと思います。

もう少々お待ちください。

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

家族構成!夫はいる?

 

 

警察によりますと、母親と男の子は2人暮らしということです。

シングルマザーという可能性が高いですね。

 

父親がいるかなどは、現時点ではわかりませんでした。

 

また、母親が逮捕され次第

名前なども報道がされるため

父親の情報なども明らかになるかもしれません。

 

あたらな情報が入るまで

しばらくお待ちください。

 

 

 

スポンサーリンク

 

児童虐待の動機とは?

 

 

 

 

 

動機は一体なんなのでしょうか?

 

子供の虐待には4つのくくりがあると言われているそうです。虐待と言っても、家庭によってその内容は異なります。厚生労働省では虐待の種類について、4種類に分けて定義しています。今回は、厚生労働省の定義に沿って児童虐待の種類を4つご紹介します。

 

 

①身体的虐待

殴る、蹴る、投げ落とす、激しく揺さぶる、やけどを負わせる、溺れさせる、首を絞める、縄などにより一室に拘束する など

(引用元:児童虐待の定義と現状|厚生労働省

 

「児童虐待」と聞くと、まずはこれらの身体的虐待の様子が頭に浮かぶ人も多いでしょう。子供に対して親が暴力を振るってしまうニュースは多くみると思います。

 

また、身体の自由を拘束することも児童虐待であるとされています。縄による締め付けなどは体の自由を制限や、骨を歪めるなど成長へ影響を及ぼす恐れもあるでしょう。

 

②性的虐待

 

厚生労働省では以下のような行為を、性的虐待であると定義づけています。

子どもへの性的行為、性的行為を見せる、性器を触る又は触らせる、ポルノグラフィの被写体にする など

引用元:児童虐待の定義と現状|厚生労働省

親族や教師親などの性的虐待などすべてを含みます。親だけではなく、家庭教師先の先生というケースもあったそうです。

 

 

 

③ネグレクト

 

厚生労働省では以下のような行為を、ネグレクトであると定義づけています。

家に閉じ込める、食事を与えない、ひどく不潔にする、自動車の中に放置する、重い病気になっても病院に連れて行かない など

引用元:児童虐待の定義と現状|厚生労働省

 

ネグレクトは家庭虐待です。主に保護者がふるってしまう児童虐待であると言えるでしょう。保護者とはその名前の通り、子供を保護する立場の人です。子供が健やかに育つために必要な環境を意図して与えないような行為は、ネグレクトであると言えるでしょう。

 

 

 

④心理的虐待

厚生労働省では以下のような行為を、心理的虐待であると定義づけています。

言葉による脅し、無視、きょうだい間での差別的扱い、子どもの目の前で家族に対して暴力をふるう(ドメスティック・バイオレンス:DV) など

引用元:児童虐待の定義と現状|厚生労働省

 

子供に対して強い言葉を向けることはもちろん、ほかの兄弟への攻撃的な態度も心理的虐待に含まれるため意味は広義にあたります。

 

また、両親同士による喧嘩も子供に大きな心理的ダメージを与えてしまいます。子供に対して、心理的に虐待は起こってしまうのです。両親同士による暴力行為を始めとした夫婦喧嘩も子供に大きな影響を与えます。

 

 

 

 

以下4つであると考えられております。今回は③番目のネグレクトが最もな要因であると考えられます。

 

 

そして気になる動機ですが、

 

・イライラした

・いうことを聞かなかったから

・ストレス発散

・日常的に殴っていた

・むしゃくしゃした

 

といったいくつかの理由があてはままりそうです。

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

みんなの声

 

 

かわいそうに。
暗くて怖くて出してほしくてたくさん泣いて
体温上がって脱水になったのかな。
一命を取り留めたようで本当に良かった。

 

 

いくらカッとなったといっても超えてはならないラインはある。

ただ、2人暮らしとのこと。お母さん相当追い詰められてた可能性もある。
今2児育ててますが、例え帰りが遅くてもたまに腹立っても、一緒に育てている夫というもう1人の大人がいるかいないかで全然ちがうなぁと最近思う。1人だとリセットできずにイライラが蓄積していっておかしくなりそうだもん。
もちろんいない方がマシな父親もいるけど、ひとり親で育てるのはやっぱり限界がある

 

加減がわからないんだろうね カッとなって
やるんだろうけど 亡くなる場合もあるだろうに
命は助かっても この母親の元で生活がまってると思うと しんどいよな

 

産んでみないと自分が子育てに向いているかなんてわからない。あ、苦手だ。つらい。と思ってもやめることなんてできないし母親は母性があって当たり前、寝顔を見れば辛さなんて吹き飛ぶものという話は嫌と言うほど耳にします。こんな小さな子にこんなことをすることは絶対だめなことだけど、いろいろな要素が積み重なってしまって追い詰められてしまう気持ちも親になって少し分かるような気がしました。孤独は人を追い詰めます。絶対我が子にそんなことしないと今は言っている私だっていつか「そっち側」に行ってしまうかもしれない。綱渡りのようです。

 

母子家庭で育児の逃げ場がなかったのかな。
2歳の男の子じゃ本当に大変だろうから。
私も本当に大変で、一時保育を利用しながら2歳の時を乗り越えたのを思い出します。
こうならない為にも他にも手を借りた方がいいと思います。親子が良い方に進んでいけることを願います。

 

保育園児の頃よく押入れに入って反省(?)するように言われたけれど、しまいには押入れの中の方が平和に感じて進んで押入れに入っていったな。
偏食で暑がりでいつでも薄着の私に両親は手を焼いたようだけれど、あの頃の記憶があるのでそんな事後々どうでもいい事であって親の都合を押し付けられて勝手に憤られていたとしか思えない。
自分の子供は、保育園でなんでも食べているのを聞いている限りは家で多少好き嫌いがあっても拘らない、そんなことでイライラしたり怒ったりしない事にしている。
母子家庭だと心に余裕もなくなるだろうな。
ないよなぁ、、全部お母さんがやるしかないんだもんね。

 

お母さん自身、子供の頃そうやって躾けられたのかもしれませんね。育児って学校で習いませんし、誰かがお手本見せて手取り足取り教えてくれるわけじゃないので、自分の親がしてくれたことを思い出したり重ねたりしながら、気づかない部分で何気に同じことしてるって多い。押し入れに閉じ込める躾は昔はよくあることでしたが、単なる親が脅して罰を与えて無理やり言うこと聞かせようっていうのと、親の怒りの感情をぶつけただけの、全く子供のためにならない方法だと今は思います。

 

 

 

スポンサーリンク

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)