佐々木淳の顔とFacebook!住所や犯行の動機は?神戸市環境局員の傷害事件!


上司に対して約三ヶ月の間に1000回ほどの無言電話をかけ、上司を「抑うつ状態」に追い込んだとして

 

神戸市環境局員の男性が5月20日に逮捕されました。

 

無言電話が毎日のようにかかってくるともなると上司の方も相当精神的に参ったでしょうね。

 

電話をかけまくっていた男性はどのような心理でそのような嫌がらせを繰り返していたのでしょうか。

 

今回は事件の概要や逮捕された佐々木淳容疑者のプロフィール、犯行の動機について紹介します。

 

 

 

スポンサーリンク

 

事件概要

同じ職場の上司に無言電話などの嫌がらせを行って抑うつ状態にさせた疑いで、神戸市の職員が逮捕されました。 傷害の疑いで5月20日に逮捕されたのは、神戸市環境局東灘事業所の職員・佐々木淳容疑者(55)です。 佐々木容疑者は去年11月から今年1月末にかけて、同じ部署の上司の男性(59)に無言電話などの嫌がらせを繰り返した疑いがもたれています。 男性は「抑うつ状態」と診断され約6週間会社を休みました。 警察によりますと、佐々木容疑者は約3カ月間にわたり1000回ほど非通知で無言電話やいわゆる「ワン切り」の電話をかけていて、男性が「昼夜を問わず着信がかかってくる」と警察に相談したことで発覚しました。 調べに対し、佐々木容疑者は「間違いありません」と容疑を認めていて、警察は動機について今後詳しく調べる方針です。

引用:Yahoo!ニュース

 

佐々木容疑者は同じ職場の上司に三ヶ月に渡って1000回ほどの非通知での無言電話をかけ続けたとして

 

被害にあった上司の方は「抑うつ状態」にまで追い込まれ、佐々木容疑者は傷害罪で問われています。

 

現代において非通知で電話がかかってくるというのは珍しいことではないですが、それが毎日のように三ヶ月に渡ってかかってくるともなると精神が参ってしまうのは仕方のないことです。

 

佐々木業者と被害者である上司の方は同じ職場の上司と部下との関係にあるということで、やはり犯行の動機は部下である佐々木容疑者が上司に対して仕事上での私怨を抱いていたということでしょうか。

 

パワハラというワードが普及し部下の立場もある程度向上した現代においても部下は立場的に上である上司に対して何かと文句を言ったりということは難しいです。

 

よって真っ向から文句を言うなどして立ち向かうことに勇気が出ずに今回のような嫌がらせをしたのんでしょうが、うつ状態にまで追い込むと言うのは流石に悪質です。

 

他にもやりようがあったのではないかと思ってしまいますよね・・・。

 

 

 

スポンサーリンク

 


佐々木容疑者のプロフィール

名前:佐々木 淳

 

年齢:55歳

 

性別:男性

 

職業:神戸市環境局東灘事務所職員

 

住所:特定できず

 

報道では以上の情報が公開されていましたね。

 

それにしても年齢は55歳と大変高齢ですね!

 

被害にあった上司の男性も59歳と年齢的には4歳差しかなく、長年職場を共にしたと仮定すれば日頃の文句も言い合える間柄では?と思ってしまうのですが

 

実際に言葉にして文句を言うのではなく今回のような嫌がらせで報復をすると言うことは上司である男性も佐々木容疑者に対して日頃から有無を言わさないレベルでのパワハラをしていたことも想像されます。

 

反論を許さぬパワハラが常習化した間柄であるとすると無言電話に訴えると言うこともありうる話ではあります。

 

今回の事件は佐々木容疑者だけでなく職場環境や被害者である上司の方にも幾らか問題がある事件なのかもしれませんね。

 

 

 

スポンサーリンク

 


犯人(容疑者)の顔画像!

 

 

 

【顔写真】【発見せず】

こちらの方で顔写真やそれに

準ずる写真の関して、独自に調査の方をさせていた

だきました。

しかしながら今現在どのメディアも報じて

おらず発見できなかった

ため、発見次第更新させていただきます!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 


犯人(容疑者)のfacebook特定!

 

 

 

こちらの方で、facebook上で名前検索を行ったり

また、それに該当しそうな人物の手がかりから

特定を試みました。

しかし現状として、該当人物に関するfacebookの

情報は判明することができませんでした。

 

今後mikonewsの方で調査次第、何かしら手がかかりや

アカウントが判明次第、追ってお知らせしていきたいと思います。

もう少々お待ちください。

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

犯行の動機

今回の事件について佐々木容疑者は「間違いありません」と容疑を認めていますがその犯行の動機については供述していないようです。

 

ただ佐々木容疑者と上司の年齢や立場の関係から推測するに「上司からのパワハラへの報復」というのが筋でしょうか。

 

おそらく、上司の方は佐々木業者に対して日頃から有無を言わせないほどのパワハラをしていたのでは?と想像されます。

 

佐々木容疑者は55歳、上司の方は59歳と年齢的にも非常に落ち着いていて職場もある程度長く共にしてきた可能性も高いでしょうから言いたいことがあれば部下である佐々木容疑者からでも上司に対して文句を言うというのはある程度容易ではあるはずです。

 

しかし今回のように言葉によって文句を言うのではなく、無言電話という匿名性の高い犯行によって上司に対して嫌がらせをするという行動に訴えたということはやはり佐々木容疑者と上司の方との間で健全とはいえばい上下関係があったのではないかと思います。

 

非通知での無言電話であれば嫌がらせとは言っても行動に写すまでに心は痛みにくいですし、バレる可能性も非常に低いですからね。

 

とはいえ「昼夜問わず」に1000回もそのような電話をかけてうつ状態までに追い込むというのは流石にやりすぎです。

 

上司に対しての文句はためらわずに言ったり、周囲の人に相談をして協力を仰ぐなど他にもやりようはあったはずです。

 

犯行に及んだ佐々木容疑者も定年退職を控える55歳という時点に来てまでして今回のような犯行を世間に知られてしまうというのは大きな汚点になったと思います。

 

無言電話という安直な嫌がらせではなく、真っ向から不平不満を申告するという手を取っていれば・・・と思ってしまいますね。

 

 

 

スポンサーリンク

 

佐々木容疑者の勤務先や自宅

佐々木容疑者の勤務先は神戸市環境局東灘事務所とされていましたね。

 

 

また佐々木容疑者の自宅については情報は一切報道されていませんでした。

 

 

みこニュースの方でも独自に調査を行いましたが手がかりが非常に少なく特定に至ることはできませんでした。

 

今後の報道にて新たな情報が出るでしょうから、新たな情報が獲得でき次第報告しますので更新をお待ちください。

 

 

 

スポンサーリンク

 

世間の声

>同じ職場の上司に
毎日、男は男性の日々疲れて
崩れ行く精神状態等
一番近くの場所で見ていたのでしょうか
とても良い趣味とは思えません
何が男の指をそこまで動かしたのか
男性が昼夜を問わず着信がかかってくると言う事は
男も昼夜を問わず発信をしていると言う事になる
その原動力?は何なのでしょうか?
私が男性の立場なら1000回も
三カ月も耐える事は出来ません
一晩無言電話やワンギリが有れば
非通知は電話が繋がらない様に設定
固定電話は電話線を外しておき
直ぐに警察へ取り敢えず相談に行きますが。

 

犯人男の精神状態は被害者上司に対して殺意に近い害意を持っていたことは疑いない。健康を損なう程の無言電話を継続してかけた犯人男は、例え仕事の上で何があったとしても、許される範囲を大きく超えている。鬼に心を蝕まれた犯人男には厳罰と被害者上司に対する償いを科す必要有である。

 

今回の事件について被害者である上司の方と犯行に及んだ佐々木容疑者との関係についてや佐々木容疑者の犯行に及んだ心理について推測するコメントが寄せられました。

 

やはり上司の方と佐々木容疑者の間には決して健全とはいえない部下と上司との関係があったのでしょうね。

 

それにしても上司をうつ病にまで追い込むというのは許された行為とはいえません。

 

かかってくる電話番号を着信拒否することによって対処することは容易だったのにそれをしなかったということは、もしかすると佐々木容疑者は定期的に犯行に用いる番号を変更していたのかもしれませんね。

 

そこまでして上司に嫌がらせをせずとも真っ向からパワハラや無理な要求に対してNOといえていれば今回のような事件にもならなかったでしょうに・・・。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)