佐藤蛾次郎の妻,和子さんは6年前に死去|息子は俳優の佐藤亮太で娘は得子|現在は自宅に一人暮らしだった

俳優の佐藤蛾次郎さんが10日、亡くなっていたことが報道されました。

78歳でした。

死因は一体何だったのでしょうか。

今回は佐藤蛾次郎さんについて取り上げます。

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

佐藤蛾次郎さんの訃報

 

 

 

 

10日午前10時10分ごろ、東京都世田谷区の住宅の浴室で、

俳優の佐藤蛾次郎さん(78)が死亡しているのが見つかりました。

 

遺体に外傷などはなかったということです。

佐藤さんは1人暮らしで、現在詳しい状況を調べているそうです。

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

佐藤蛾次郎さんの死因はヒートショック?

 

 

 

佐藤蛾次郎さんの死因については、現時点で詳しいことは報道されていません。

しかし、佐藤さんが風呂場で亡くなっていた状況から、

『ヒートショックでは?』といった声が散見されます。

 

 

 

ヒートショックとは

暖かい部屋から寒い風呂場に移動した際、

体の熱を奪われたことで血管が縮み、血圧が上がります。

さらに、お湯につかると血管が広がり急に血圧が下がりますので、

血圧が何回も変動します。

血圧の変動は、心筋梗塞や脳卒中につながることもあるそうです。

 

 

佐藤さんの死因について、詳細な情報が入りましたら、

こちらにも掲載いたします。

 

佐藤蛾次郎さんのご冥福をお祈りいたします。

 

スポンサーリンク

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

佐藤蛾次郎さんのプロフィール

 

  • 名前:佐藤 蛾次郎
  • 本名:佐藤 忠和(さとう ただかず)
  • 生年月日:1944年8月9日
  • 年齢:78歳没
  • 出生地:大阪府高石市
  • 身長:155cm
  • 血液型:A型
  • 職業:俳優・タレント

 

佐藤蛾次郎さんは1953年に朝日放送児童劇団に入団。

1961年に『神州天馬侠』の泣き虫蛾次郎を演じてから、芸名を佐藤蛾次郎としました。

1968年にはテレビドラマ『男はつらいよ』に出演。

1969年からは映画『男はつらいよ』に柴又題経寺の寺男・源吉役で出演。

最新作の2019年まで出演し続けました。

 

 

 

佐藤蛾次郎さんの家族構成

 

佐藤蛾次郎さんの家族構成についてまとめていきます。

佐藤さんは妻・息子・娘の4人家族だったようです。

 

 妻:和子さん

引用:サンスポ

佐藤蛾次郎さんが43年連れ添った妻で元女優の和子(かずこ)さんは、

2016年に多発性骨髄腫のため68歳でお亡くなりになっています。

 

上記の写真は1972年の映画「男はつらいよ 寅次郎夢枕」に夫妻で出演した際の写真で、とても貴重な一枚ですね。

 

 

 

和子さん夫婦は銀座で20年間カラオケスナック「蛾次ママ」を経営。

常連客には俳優の千葉真一さんや桜木健一さん

女優の小沢真珠さんや矢部美穂さんなどがいたそうです。

 

 

 息子:佐藤亮太さん

 

佐藤蛾次郎さんの息子さんはは俳優の「佐藤亮太」さんです。

 

 

 

名前:佐藤亮太

生年月日:1973年5月8日

年齢:49歳

 

佐藤亮太さんは1996年にデビュー。

「交通調査員」で主演を務めています。

 

 

 

 娘:得子さん

 

佐藤蛾次郎さんの娘さんは「得子」さんといい、

1975年生まれで現在は47歳との情報がありました。

ご結婚されており、お子さんが2人いらっしゃるようです。

得子さんは一般人のため、顔画像は公表されていませんでした。

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 世間の声

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)