佐藤直哉(ワープ2代表)の顔やfacebook!『可愛い運転手だったので触った』


東京中野区で、乗車したタクシーから降りる際に、女性運転手にわいせつな行為をしたとして 、ゲーム関連会社の取締役である男が警視庁に逮捕されました。

 

 

強制わいせつの疑いで逮捕されたのは、ゲーム関連会社の代表取締役である佐藤直哉容疑者(50)です。

 

 

 

佐藤容疑者は5月19日の午前2時頃、中野区の住宅街で乗車したタクシーから降りるさいに、20代の女性タクシー運転手の胸などを触るわいせつな行為をしたということです。

 

 

 

 

この事件について詳しく調べていきましょう。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

報道の概要

東京・中野区で乗車したタクシーから降りる際、運転手の女性にわいせつな行為をしたとして、ゲーム関連会社の代表の男が警視庁に逮捕されました。  

強制わいせつの疑いで逮捕されたのは、ゲーム関連会社の代表、佐藤直哉容疑者(50)です。佐藤容疑者は先月(5月)19日の午前2時ごろ、中野区の住宅街で乗車していたタクシーから降りる際、20代のタクシー運転手の女性の胸などを触るわいせつな行為をした疑いがもたれています。  

犯行当時、車が通りかかったことから佐藤容疑者は徒歩で逃げたということですが、防犯カメラの捜査などから関与が浮上したということです。

佐藤容疑者は当時、酒に酔っていたとみられ、取り調べに対し、「まったく覚えていません」と容疑を否認しています。(29日19:01)

Yahoo!ニュースより引用

 

 

これはまた卑劣な行為ですね。

 

 

 

この女性運転手は、20代でタクシー運転手ということなので、きっと好きでこの業界に入ったと思われます。

 

 

 

タクシーやバスの運転手の方には、運転が好きでたまらないという方が多く、きっとこの女性運転手もまさに転職について毎日を楽しく過ごしていたことでしょう。

 

 

 

そこに、佐藤容疑者のような乗客が酒の勢いに任せて卑劣なわいせつ行為を行いこの運転手の楽しい日々を突如奪ったのです。

 

 

 

タクシー運転という職業柄、客を選べないことも多々あると思いますが、そういったリスクを負ってでも就きたい仕事だったに違いありません。

 

 

 

佐藤容疑者も、会社の代表という立場でありながら、非常に軽率な行為を行ったことを本当に心から反省してほしいです。

 

 

 

酒に酔ってしまって覚えていないというのがまたたちが悪いですし、女性も心に相当な傷を負っているはずです。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

 


佐藤直哉のプロフィール

KAKEXUNより員尿

名前:佐藤直哉

年齢:50歳

住所:東京都中野区

職業:株式会社ワープ2代表取締役社長

 

 

 

なんと、佐藤容疑者はゲーム関連会社の社長ということで、ネット上でも結構顔が出ているので、ちっとした有名人なようです。

 

 

 

ここまで築いてきたものがこの事件で全て崩れ去りますね。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 


株式会社ワープ2とは?

ワープ2HPより

この会社について少し調べてみました。

 

 

 

もともとは、ビデオゲーム開発者である故・飯野賢治氏によって1994年に、FYTOという会社が設立され、そこからワープになり現在のワープ2へとなりました。

 

 

 

ちなみに、飯野氏は2013年に亡くなるまで会社を率いてたそうです。

 

 

 

資本金の規模からみても小さな会社ですが、前身の会社を含めると意外にも27年もの歴史があるのですね。

 

 

 

従業員の数は恐らく佐藤直哉容疑者含む、以下の会社概要の取締役4人だと思われます。

 

 

 

会社概要

 株式会社ワープ2

 〒169-0074
 東京都新宿区北新宿2-4-8 エムツーワイ北新宿201号
 TEL 03-5358-9916 / FAX  03-3366-5714

 資本金 300万円

 役員
    代表取締役社長  佐藤直哉
    取締役      林田浩典
    取締役      宮崎朋浩
    取締役      菅村弘彦

業務内容

・コンピュータソフトウェア及び周辺機器の企画、開発、販売
・情報処理サービス、情報通信サービス及び情報提供サービスの企画、開発、販売
・映像ソフトウエア及び音声ソフトウエアの企画、開発、販売
・キャラクター商品の企画、開発、販売
・コンピュータに関する書籍の企画
・おもちゃの企画、開発、販売
・その他

ワープ2HPより

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

 


犯人(容疑者)のfacebook特定!

 

 

 

こちらの方で、facebook上で名前検索を行ったり

また、それに該当しそうな人物の手がかりから

特定を試みました。

しかし現状として、該当人物に関するfacebookの

情報は判明することができませんでした。

 

今後mikonewsの方で調査次第、何かしら手がかかりや

アカウントが判明次第、追ってお知らせしていきたいと思います。

もう少々お待ちください。

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

ネットの声

もうタクシー運転手と後部座席を完全に隔てる壁にした方が良い
女性だけでなく男性でも暴行の被害に遭う運転手さんも多い
乗客は後部座席のみにして小さい窓か何かで料金の受け渡し又はカードや電子決済のみにしてしまうとか
兎に角業界は運転手を守り対策を取るべきだと思う
コロナ対策にもなる

 

 

 

覚えていようがいまいがカメラのお陰で大分裁判が楽になったかと思います。冤罪予防のためにも電車内も全部撮っていただいて結構です。

 

 

 

車内撮影用のカメラは設置されてなかったのかなぁ。プライバシーを守る事は前提で、防犯の為にも車内撮影用カメラは設置がもっと増えてもいいと思う。抑止力にはなるんじゃないかなぁ。女性の運転手の方も大変だよね。どんな人がお客になるかわからないし

 

 

「酒に酔っていて全く覚えていません」
会社でも昨日の事は覚えてないって言う人がいましたが、
上司のいない飲み会で真実を聞いてみましたが、全員、
部分的にうろ覚えはあるそうですが、全く覚えてない事は無いと言っていました。
特に飲み会中でも「怒られたり」「女性に振られたり」刺激のある事に関しては
覚えているそうです。因みに私は下戸なので飲めません。

 

 

 

うちの女性も髪を触られ続けた。通報すると前科者にしてしまうと躊躇したが、触るのやめて下さいと言う警告を無視したため、交番前に停車。そのまま被害届。ドライバーは交番の位置知ってるよ。
今は昔の雲介ごろつき運転手のイメージを変えようとタクシー会社も新卒の女性をどんどん採用している。研修では躊躇なく通報するよう指導している。読んでいるおっさん、髪に手を伸ばしただけで全てを失うから少しは考えなよ。

 

 

●タクシーの内部構造を見直し、運転席と後部座席とのあいだに頑丈な仕切りをつくり、お客とのやりとりは小さな窓でやる。
●後部座席お客の顔をはっきり録画できるようにし、犯罪行為が行われた時は、警察は迅速にテレビやネットで拡散するようにする。
●犯罪行為を行った客は、ドアにロックをして逃げ出さないようにする。

 

 

防犯カメラが決め手で逮捕か・・・
タクシーは密室なのでこのような犯罪は後をたたない。
タクシーに車載カメラを義務付けしてはっきりとした画像を残すこと
並びにこのような犯罪を起こさせないことが大事だと思います。

 

 

酒、酔っぱらっていて犯行に及んだり、記憶が無いとか・・・。そういう自分なら酒は飲むな!「酒は飲むもの飲まれるべからず」と先輩に教わりました。

 

 

 

わいせつ行為をしていなければ、逮捕されることはあり得ない。会社名も公開すべきでしょう。

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)