【北海道矢臼別】性的暴行した男性幹部自衛官の名前と顔画像!!演習場で犯行!懲戒免職!


 

去年の7月に、陸上自衛官の幹部が女性隊員に性的暴行を加えたとして、11月に逮捕されていました。

そして、本日懲戒免職となったとのことです。

なぜ今頃になっても懲戒免職なのか。

犯人の顔や名前は!?

 

この事件を見ていきましょう。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

事件概要

 

 

 

演習場内で女性隊員に性的暴行を加えたとして、陸上自衛隊の40代の男性幹部自衛官が懲戒免職処分となりました。

 2月25日付で懲戒免職となったのは、陸上自衛隊北部方面隊第7師団第7特科連隊に所属する40代の男性幹部自衛官です。

 陸上自衛隊によりますと幹部自衛官は2020年7月26日、訓練で訪れていた北海道矢臼別演習場で、同隊所属の女性隊員に性的暴行を加えました。

 同月中に女性隊員が別の上司に報告したことで事態が発覚。

 幹部自衛官は11月、自衛隊内の警察「警務隊」に逮捕されていて、12月には「強制性交等罪」で起訴されていました。

 幹部自衛官は普段、隊の訓練を企画・管理する担当で、隊内の調べに「自己の性的欲求を満たすために暴行してしまった」などと話し、謝罪や反省の言葉を口にしているということです。

 処分について第7特科連隊長竹内肇一等陸佐は「今回このような事案が発生し被害者の方には深くお詫び申し上げる。本人の自覚の欠如によるものであり判明した事実に基づき処分した。今後このようなことの無いよう隊員指導を徹底していく」としています。

 

出典:https://news.yahoo.co.jp/

去年の7月に起こった事件です。

被害者となった女性自衛官が上司に報告したことで発覚しています。

11月に逮捕され、12月に基礎されていましたが、当時逮捕されたことは発表はされていませんでした。

 

男性自衛官は「自分の性欲を満たすためだった」と認めていますが、なんて身勝手なのでしょうか。

 

幹部ということは、この女性隊員にとって上司にあたる存在ですよね。

犯行は、宿泊を伴う訓練中の出来事だったようです。

立場を利用した犯行、本当に罪深いと思います。

 

被害者はとても大きな心の傷を負ったと思います。これをきっかけに心の病になっているかもしれません。

許せませんね。

 

 

スポンサーリンク

 

 


事件現場

 

 

犯行が行われたのは、北海道矢臼別演習場です。

 

使命感を持って隊員たちが訓練に打ち込む場所で、幹部である自衛官がこんな犯罪を起こすというのはあってはならないことです。

特に女性隊員にとっては、男性隊員が多い中で、このような奥地での訓練をするのですから、2度とこのようなことが起こらないよう、組織包みでの対策を徹底してもらいたいですね。

 

スポンサーリンク

 

 


加害者男性隊員のプロフィール

 

 

名前:非公表

年齢:40代

住所:不明

職業:陸上自衛隊第7師団第7特科連隊幹部(懲戒免職)

 

加害者男性については、ほとんど何も公表されていません。

このような酷い事件を起こしておいて、なぜ名前を公表しないのでしょうか。

幹部ということですが、階級すら発表されていません。

 

そもそも逮捕されたのも11月であったのに、その際逮捕のことも発表されなかったことについて、陸上自衛隊第7師団側は「捜査中かつ被害者の心情を踏まえて発表をしなかった」といっています。

被害者の名前を発表する訳ではないのに、この理由は本当なのでしょうか…。

 

また、加害者男性の名前や階級も発表しないことについては、「本人が必要以上の不利益を被る可能性があるため」と説明しているようですが、

必要以上の不利益…????

このような犯罪を犯しておいて、名前が公表されることが、必要以上の不利益に当たるのでしょうか。

懲戒免職処分になるのにも、犯行から半年以上経過した今ということを考えても、納得のいかないことが多い事件です。

 

 

スポンサーリンク

 

 


犯人(容疑者)の顔画像!

 

 

 

【顔写真】【発見せず】

こちらの方で顔写真やそれに

準ずる写真の関して、独自に調査の方をさせていた

だきました。

しかしながら今現在どのメディアも報じて

おらず発見できなかった

ため、発見次第更新させていただきます!

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

世間の声

 

 

 

 

 

 

 

 

 

謝罪や反省の言葉を口にしている
犯罪者やいじめた奴、いわゆる加害者は簡単に言うが
被害者はそれを、一生背負って生きていくんだよ
反省レベルで許されると思うなよ

 

加害者の自衛官の氏名を公表するべきでは?

 

過去の部下の女性自衛官にもどんなことしてきたんでしょうかね。過去に解雇するチャンスを逃していなかったら今回の被害者は出なかった可能性もある。

 

被害に遭われた方が上司に報告するだけでも、かなりの勇気が必要だったでしょうね。

到底、力では敵わない訳で、弱い者を平気で傷つけて謝れば済む話ではない。
余罪が無いかも調べてほしいし、今後、またそう言った衝動にかられてしまう事も高確率であるだろうし。
性犯罪に対して簡単に考えすぎだよ。

 

自衛隊内の警察(警務隊)で強制性交罪で起訴されすでに懲戒免職。強制性交罪なら5年以上の有期懲役(刑法177条)一般社会で普通この重罪なら実名報道はある。しかし実名公表は無く、こんなに処分に甘いなら警務隊でなく北海道警察に引き渡し起訴されたほうが犯罪立件の平等性が保たれるのではなかろうか。

 

殆どの自衛隊員が日本の為に頑張ってくれているのに、極々一部にこのような奴がいると残念ですね。

 

 

スポンサーリンク

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)