【破産者激怒!】破産者マップ訴えられる!裁判の結果は?【自己破産者】

全国の自己破産者の氏名と住所が書かれたマップである

“破産者マップ”が話題になっています。

今回この個人情報ダダ漏れの

破産者マップが訴えられました!

裁判の結果はいかに..?

必見です!

スポンサーリンク

事件概要

この『破産者マップ』は官報を元にしており、地図上に債務者の名前、住所、官報公示日が掲載されているもの。

しかし『破産者マップ』の存在を受けて、集団訴訟サイト『enjin』にて「破産者マップに関する集団訴訟」というプロジェクトが立ち上げられた。

被害額は2530万としておりなぜこの額になったのかは不明だ。現段階で22名の被害者が参加しているが、この集団訴訟に参加するということは、過去に自己破産したと名乗っているようなもの。

出典:https://livernet.jp/

「大島てる」のように、過去に火災や事件で死んだ人が

わかるように、自己破産サイト「破産者マップ」も

自己破産した氏名や住所が見れると話題になっていま

す!

しかし今回破産者マップが集団訴訟の為のプロジェ

クトを立ち上げられてしまったようです!

現在引用した文章と異なり被害額は6000万以上を

突破しています。

この被害額が何を指すのか不明ですが、恐らく参加者の

自己破産額なのでは?という噂もありますが真相は不明

です。

そして集団訴訟の為にプロジェクトを主催している

「enjin」について次章詳しく解説していきます!

集団訴訟サイト「enjin」とは?

スポンサーリンク

enjin(円陣)は集団被害者と弁護士を繋ぐ集団訴訟プラットフォームです。

出典:https://enjin-classaction.com/

つまり、弁護士との懸け橋をつくるサイトのようです

ね。

それにしても集団訴訟という事で自己破産者はかなり

いるようですので、もし仮にこのサイトを知ればみな

協力して集団訴訟に混ざりそうで怖いですね。

そして今現在は以下のようになっております。

出典:https://enjin-classaction.com/

かなりの人数と金額になっております。おそらく破産者

が他の破産者を呼びかける事が出来ればもっと増えるの

でしょうか。

そして気になる訴訟内容ですが

「地域での風評」「個人情報の漏洩」

この二点が訴訟の内容となっております!

実際破産者マップ等のサイトを作成した際に、

子供や親戚の方が就職や進学するときに

この破産者マップから不利益を被ることを

この集団訴訟サイトは言っています。

破産者側としては、その後の影響を考えるとこの

金額以上の損失があるかもしれません

同時に製作者側の今後の動きにも注目したい

です!

破産者マップ集団訴訟

裁判の結果は?

現段階では、「enjin」で集団訴訟の準備をしている為

裁判は行われていません。その為裁判が行われ次第

詳細についてお伝えしたいと思います。

破産者が激怒している!?

出典:https://enjin-classaction.com/

こちらは「enjin」での破産者マップ作成者に対する

コメントです。この通り、破産者が身内に自己破産歴が

発覚して修羅場を迎えたという激怒したコメント等が

多く見受けられます。

作成者がどんな感情で作成したかは不明ですが、サービ

スを作る際にはどのような影響を及ぼすかもう少し

考えるべきだったのかもしれません。

さいごに

破産者マップのリンクも掲載しておりますので、

良ければこちらもご覧ください!

【個人情報ダダ漏れ】自己破産者の名前と住所がわかるマップが作られる!破産者マップとは?【アウトでは?】

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする