【個人情報ダダ漏れ】自己破産者の名前と住所がわかるマップが作られる!破産者マップとは?【アウトでは?】

今回自己破産者がマップ上ですぐにわかる

「破産者マップ」というサイトが作られました!

このマップについて詳細を解説してきたいと思います!

破産者マップとは?

スポンサーリンク

 渦中にあるのは「破産者マップ」というサイト。説明には「官報に掲載された破産者を地図上に可視化しました」とあり、マップ上に膨大な量の破産者情報が住所や本名をそのままにマッピングされており、検索まで出来るようになっている。

出典:http://tablo.jp/

現在事故物件をまとめたサイトが閲覧できる

「大島てる」といった変わったサイトがりゅ

官報といわれる「政府が、一般国民に知らせ

る事項を編集して、毎日刊行する国家の公告文書。」に

は、このように破産者の名前や住所がくまなく書いて

あったようです。それを今回全てまとめてサイトに

したそうです!

恐ろしいですね。

しかし、これは個人情報ダダもれでありなおかつ

プライバシーの侵害にもなりかねない

為、法律上アウトではないか!?

といわれているようです!

管理人のコメントが話題に!

スポンサーリンク

「さて、破産者を検索できるサイトの公開をはじめて以来、日を追うごとに利用者数が増えています。 直近1時間で検索された人名を拾い上げてみました。そして、破産者と関係があるのか調べてみました。全員を調べるのには少し時間がかかるので、検索された人名の最初の5人を調べてみました。すると5人とも、過去に破産宣告をされているようでした。 当サイトの使われ方として、破産しているか分からない方を調べるというよりは、すでに破産された方が分かっており、確認をする意味で使われているのかもしれません。もしかしたら、破産した当のご本人が検索しているかもしれませんが」

このように管理人も破産者自体が調べているとい

う事を言っており、面白いコメントを出しており

ます!

そして破産者もこのサイトを自分の事を確認してると

いうのは驚きですよね!

現在サイトが見れないという事で止まっていますが、

もしかしたら名前や住所がもう見れなくなってしまう

のかもしれなくなるので早めにサイトをご覧ください!

法律的にはアウト!

 気になるサイトのプライバシー侵害や名誉毀損に関する判断だが、難しい判断になるとはしながらも何人かの弁護士は「名誉(信用)毀損やプライバシー侵害として損害賠償請求権が成り立つこともある」と解釈している。

出典:http://tablo.jp/

つまり法律的にアウトになる可能性が高い!

スポンサーリンク

ということです。

もしかしたら損害賠償請求にもなりかねないので、

管理人の今後のサイト規制をどうするかも

気になるところですね!

破産者マップ公開中!

これが破産者マップのようです。

このように破産者の住所に応じて、クリックす

と名前が表示されるようになっております。

以下にリンクを掲載しておきますので、ご覧ください。

こちら→破産者マップ

なお現在破産者マップを閲覧する人が急に増えたたため

に破産者マップが見れないなどの状態が続いているよう

です。ご注意を!

ネットの反応

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする