【皇宮警察】柴山成一郎の顔画像や経歴!不倫相手の女性は誰?ハニートラップか?

柴山成一郎

都護衛署長の柴山成一郎警視正が、内縁の妻(不倫相手)を必要な手続きを取らずに赤坂御用地に出入りさせていたことが分かりました。

これだけでも大問題ですが、柴山氏はすでに結婚していたにも関わらず、

ほかにも2人の女性と関係を持っていたようです。

柴山成一郎はどんな人物なのか?かなりの女好き??

ということで早速調べてみました。

 

スポンサーリンク

 

 報道の概要

 

 皇宮警察は2月19日、京都護衛署長の柴山成一郎警視正(59)を減給6か月の懲戒処分とした。

柴山警視正は同日付で依願退職。処分理由は、柴山警視正が結婚しているにもかかわらず、2人の女性と不適切な交際を行ったほか、このうち1人を赤坂御用地に必要な手続きを取らず出入りさせていたというものだった。

天皇陛下をはじめとする皇室と、皇居・御所の警護にあたる皇宮警察本部。

その中枢幹部の一人で、京都御所などの警備を担当する京都護衛署長の柴山成一郎氏(59)が、内縁関係の女性を赤坂御用地に宮内庁の許可をとらずに招き入れていた疑いがあることが「週刊文春」の取材で分かった。

 皇宮警察本部に、宮内庁の許可をとらずに皇宮警察官が赤坂御用地内に一般人を招き入れる行為を認めているのか、認めていない場合はどのような規定に抵触するのか、A子さんの入門の有無について問い合わせると、「入門に関する手続については、警備の性質上、お答えは差し控えさせていただきます。個別の取扱についてのお答えは差し控えさせていただきます」と回答した

引用:https://news.yahoo.co.jp/

柴山警視正は、結婚しているにもかかわらず、2人の女性と不倫関係にあった上、

このうち1人を赤坂御用地に必要な手続きを取らず出入りさせていました。

柴山氏は「職場を見せたかった」と話していたようですが、

かなりリスクが高いですよね。

減給6か月の懲戒処分ということですが、依願退職したそうです。

 

スポンサーリンク

 


柴山成一郎のプロフィール

柴山成一郎

名前:柴山成一郎(しばやま せいいちろう)

年齢:59歳

職業:京都護衛署長


柴山成一郎の経歴

1985年に皇宮警察に入り、警備二課長などを経て昨年4月に京都護衛署長に就任

天皇陛下をはじめとする皇室と、皇居・御所の警護にあたる皇宮警察本部の中枢幹部

 

厳しい姿勢から「カミソリ」と言われていたようです。

減給6か月の懲戒処分としたが、柴山成一郎は依願退職

何事にも動じない様子から、秋篠宮から「大仏」と呼ばれていた柴山氏。

周囲からの信頼は厚かったのかもしれませんね。

 

スポンサーリンク

 


柴山成一郎の不倫相手は誰?

 

柴山成一郎氏は結婚しているにも関わらず

他にも2人の女性と関係があったようです。

柴山成一郎氏の女性関係をまとめてみました。

・2020年京都に赴任する直前に熟年再婚していた

妻の名前や顔画像などは公開されていませんでした。

 

事実婚状態の女性A子さん

 

・転職先に提出する書類には身元保証人として「内縁」と書くほどの仲

・会議などで京都にいくたびに、柴山氏が所有するマンションに一緒に泊まっていた

この時、すでに妻とは重婚関係にあった

・柴山氏が赤坂護衛署副署長を務めていた2017年2月A子さんと赤坂御用地でデート

こちらはA子さんが撮影したものだそうです↓

引用:文春

A子さんはこの画像に関して

「彼に連れて行ってもらった時に撮ったものです」と語っています。

一方で柴山氏は、

「私の撮ったものを彼女に送って、それを送ったのかもしれませんし、それは何とも言えませんね。ここまで皇宮警察として大過なく勤めてきましたので、内規に違反するような行為はしてきたつもりはありません」

と話しているようです。

どちらが本当のことを言っているのでしょうか?

これだけいい加減な女性関係があると、どうしても信頼に欠けてしまうと思うのですが・・・

しかし、.一般人を手続きせずに赤坂御用地に招き入れていたとは驚きです!!

 

外資系企業で働くB子さん

皇宮警察の白バイに乗っている画像がありました⇩

引用:文春

 

・B子さんは夫と死別した再婚を考えていた

・2018年に婚活アプリで柴山氏と知り合う

・2019年春頃から深い関係に

・友人夫婦を交えて4人で食事するなど仲が良かった

・横浜や小樽にも泊まりがけで旅行

・柴山氏が京都に転勤になり、東京で仕事を持つB子さんに、

『京都には1人で行くよ』と伝えて遠距離関係になった

・月に1回ほどB子さんの自宅に泊まるなど、関係は続いていた

 

結婚しているにも関わらず、そのほかに2人の女性と関係をもっていた柴山氏。

かなりの女性好きのようですね・・・。

 

柴山成一郎の階級や重婚全貌についての記事はこちら↓


スポンサーリンク

 

 ハニートラップの可能性は?

不倫相手の女性2人は一体誰なのでしょうか?

このようなコメントがあり、気になったので掲載しておきます。

本当に危ないなぁと思う。
これがハニートラップとかだったら、皇太子が危険に及ぶ可能性もあったんだし。
正直、痴話的な話じゃなく国防的に大問題だと思うし、言い訳して許される問題じゃないと思う。

文春の記事にも

17年2月には、A子さんと赤坂御用地でデート。散歩を楽しみ、ジョギング中の天皇(当時の皇太子)に遭遇するハプニングもあった。

という情報があり、もしこれが本当にハニートラップだったら?と考えると

怖いですよね。

結婚している奥さんがいて、二人の女性との不倫関係にあった柴山氏。

警視正ってそんなに収入がいいのでしょうか?

調べてみたところ、警視正の収入はおよそ1000万円前後のようです。

 

ここから税金などを引いた手取りは900万前後でしょうか。

女性と旅行に行ったりと羽振りのいい生活をしていたようですが、この収入で賄えるのでしょうか。

 

そして、「職場を見せたかった」と話していた柴山氏。

本来であれば、不倫相手って隠しておきたい存在ではないでしょうか?

誰かに見つかるリスクを考えれば、こんな軽率な行動できないと思います。

女性にいいところを見せたかったのかもしれませんが、今までのキャリアを水の泡にしてまで?

と疑問が残りますね。

ハニートラップの疑いは、あくまで推測ですが軽視できないかもしれません。

 

一般人が皇太子(現:天皇陛下)に遭遇してしまうなど、あってはならないことだと思います!

手続きをしなくても入れるゆるゆるのシステムも危険です。

今後、システムの強化が必要なのではないでしょうか!

 

 

スポンサーリンク

 

 口止めに100万円?

柴山氏は文春の取材が入るとともに、A子さんに

「事実関係を否定して」と口止め工作をしていました。

封筒の厚さからして100万円はあったのだとか・・・

同じことをB子さんにも「監察には言わないでくれ」と懇願しながら口止めをしていたようです。

B子さんは受け取りを拒否したようです。

お金で解決するなんて、卑怯なやり方ですね!

こんなことになっても

『これからもLINEでは繋がっていたい』と言っていた柴山氏。

都合が良すぎます。

 

 

スポンサーリンク

 

 柴山氏が使っていたマッチングアプリ特定!

柴山氏はB子さんとマッチングアプリを通じて知り合ったようです。

柴山氏は当時56歳。

相手の女性の条件を44歳からと設定して相手を探していました。

一体どこのマッチングアプリを使ったのかとリサーチしました!

 

 

しかし現時点で特定することはできませんでした。

人気があるのはペアーズ?と思ったのですが、また情報が入り次第追記致します。

 

スポンサーリンク

 

 世間の声

 

 

 

スポンサーリンク

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)