秀岳館高校の火事原因は?『タバコの不始末や放火』の噂も?真夜中に何が…

20日未明、熊本県八代市にある秀岳館高校で、火災が発生しました。

火は秀岳館高校の敷地内にある鉄骨平屋建てのボクシング場と実習室を焼き、午前6時現在、ほぼ消し止められたということです。

この火事でケガ人の報告はありません。

火事の原因は何だったのでしょうか。

みていきましょう。

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

秀岳館高校で火事

 

20日午前0時半ごろ、秀岳館高校で火災が発生しました。

 

 

 

火はおよそ1時間半後にほぼ消し止められましたが、実習室と隣接するボクシング部施設が炎上。

寮生らは避難しており、現時点でけが人の情報は入っていません。

これほど大きな火災で、けが人がいなかったことが幸いでした。

 

生徒の皆さんはショックを受けているのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 火事の原因は?

引用:https://news.yahoo.co.jp/

20日午前0時25分ごろ、八代市興国町の秀岳館高から出火し、

鉄骨平屋のボクシング場と実習棟計約930平方メートルが全焼しました。

 

出火当時はともに無人だったとみられています。

 

出火元や原因については、現時点で判明していないようです。

 

ネット上では「タバコの不始末?」「放火?」といった声が見受けられました。

その理由として、

・建物は無人だった

・雨が降った後だった

というものでした。

 

しかしながら、これらはあくまでも推測の域をでません。

 

秀岳館といえば、過去にサッカー部の問題が取り上げられていましたが、

今回の火災とは切り離して考えるべきでしょう。

 

ほかにも火の不始末、タコ足配線など電気系統の漏電の可能性もあります。

火災の原因が特定され次第、こちらにも追記していきますのでお待ちください。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 世間の声

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)