【渋谷笹塚】タクシー事故!運転手の相沢平次のくも膜下出血ドラレコ映像

 

6人を巻き込んで死傷者を出した、渋谷のタクシー暴走事故。

 

意識がもうろうとしていたという運転手にいったい何があったのでしょうか。

 

防げない事故だったのでしょうか。

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

事故の概要

 

 

東京都渋谷区笹塚1丁目の甲州街道で4日夜、横断歩道上の歩行者6人がタクシーにはねられて死傷した事故で、タクシーを運転していた相沢平次運転手(73)=世田谷区新町1丁目=が事故前、くも膜下出血を起こしていた疑いがあることが5日、捜査関係者への取材でわかった。

 

ドライブレコーダーにうつむいたり体を揺らしたりする姿や、蛇行運転をする様子が記録されていたという。

 

 現場は京王線笹塚駅近くの片側4車線の直線道路。代々木署によると、立体交差の高架部分を下りたタクシーが横断歩道上の歩行者をはね、約200メートル走り続けた。タクシー側の信号が赤だった可能性が高いという。

 

相沢運転手は現在入院治療中で、署は回復後に自動車運転死傷処罰法違反の疑いで事情を聴く方針。事故の直後は「高血圧の薬を飲んでいた」などと話していたという。

 

 この事故で、タクシーにはねられた渋谷区笹塚3丁目のアルバイト佐藤優子さん(49)が死亡した。けがをした5人は小学3年生の男児(9)と40代の母親ら4人が脳挫傷や骨盤骨折などの重傷、別の1人が顔面打撲だった。命に別条はないという。

 

出典:https://news.yahoo.co.jp/

 

 

 

スポンサーリンク

 

相沢平治(タクシー運転手)の情報

 

タクシー運転手

 

 

名前:相沢 平次(あいざわ へいじ)

年齢:73歳

性別:男

住所:東京都世田谷区

職業:タクシー運転手

 

 

顔写真やその他情報は検索しましたが見つかりませんでした。今後見つかりましたら、またこちらでお知らせしたいと思います。

 

 

 

スポンサーリンク

 

くも膜下出血で意識喪失していた?

 

タクシー事故

 

運転手はくも膜下出血を起こしていた可能性がある

 

運転手は事故の後、車の外で嘔吐していたという。警視庁は運転手が事故直前にくも膜下出血を起こしていた可能性があるとみて調べている。

 

運転手を襲ったくも膜下出血について専門家は…

 

横浜新都市脳神経外科病院・伊藤建次郎名誉院長:

ハンマーで叩かれるような頭痛とよく言う。それと同時に首の方が大体硬くなってきて首が回らなくなってくる。あっという間に意識がなくなる場合もある。

 

不自然なほどゆっくりとしたスピードで走るタクシー。このとき男性運転手はすでにくも膜下出血を起こし、意識がもうろうとしている中で運転していたとみられる。 警視庁は男性の回復を待って詳しく事情を聴くことにしている。

出典:https://news.yahoo.co.jp/

 

事故を起こす前にくも膜下出血を起こしていたという事です。

予測はできないものなのでしょうか。

 

 

 

スポンサーリンク

 

甲州街道の事故現場

 

 

歩行者がはねられた横断歩道の場所を調べてみると、かなり大きな交差点であることが分かりました。

 

 

 

事故のあった時刻は午後7時過ぎ。かなり多くの歩行者が横断していたのではないでしょうか。

自分をそこを渡っていたと思ったらぞっとします。

 

 

 

スポンサーリンク

 

世間の反応

 

 

世間の声はどうでしょうか。

今回の事故の原因はくも膜下出血という事で突然のことだった可能性があります。

 

73歳でも働かないと生きていけない国。
73歳でも働かせる国。
悪だ悪だ悪だとドライバーや関係者を責め立てる前に、国の構造自体に問題があると思います。誤魔化しながら問題の解決をしないでいると新たに問題が嵩み、もう手が付けられなくなりますよ。

被害者はもちろん、加害者も気の毒。
それなりに高齢なドライバーとは言え、今回はくも膜下出血と言うこと。
事前に自覚症状があれば、大事を見て運転するなとも言えますが、突然病状が悪化するようなものについてはどうとも言えない・・・。

この運転手さんは会社に所属されています。
高齢ですが定年はない。だけど退職金もないのがタクシードライバーです。
どういう事情で働き続けていたのかわかりませんが、
予約していたフレンチレストランに遅れてしまい
ブレーキもアクセルもわからなくなってしまった上級国民とは違うでしょう。
タクシードライバーの平均年齢は60歳弱。
会社も脳ドックといった検査の必要は認めていても
費用の負担までは行えないのが現実です。

どこぞの暴走じいさんはふざけるなだけど
これは避けようがない悲劇
タクシードライバーだから保険があって対応をきちんと受けられる
そこだけが救いかも
被害者の方々には同情します

このように過去の暴走事故と照らし合わせてのコメントも目立ちました。

 

その事故とは、池袋の暴走事件の事でしょう。

 

2019年4月19日、旧通産省工業技術院の元院長、飯塚幸三被告が、ブレーキと間違えてアクセルペダルを踏み続け加速。赤信号を無視して横断歩道に進入し、松永真菜さん(当時31歳)と娘の莉子ちゃん(当時3歳)をはねて死亡させたほか、9人に重軽傷を負わせたとされる事件。

 

あの事故は「許せない」という感情の人が多いことでしょう。

今もまだ解決していませんね。

 

確かにあの事故と比べると今回の事故は防ぎようのない事故だったのかもしれません。

 

最近は高齢者の事故が多いので、やはり制限が必要なのかもしれません。

 

年齢によって運転の機会を奪うのは無理なら、せめてその運転技術で選別してください。高齢でも運転するのは権利です。しかしその権利を行使し他人の生活を奪うのはあんまりです。高齢者のドライバーには一年、いや3ヶ月ごとの適性検査をすべきで、またその適性検査を合格しなかった人の再検査には、高額の再検査費用を支払う義務を授けるべきです。

これを機に付いてない車にも安全装置を付けれる様に開発して国から補助金支給される様になって欲しい。

タクシーで言えば普通2種、トラックの中型以上の免許所持者が高齢化している現状から見たら今回のような事故は減らないと感じます
免許制度を見直す必要あり

年寄りの再就職先にタクシー会社は考えものだな。
せめてタクシー会社が年寄りを雇い入れるのならば一定の安全性能を備えた車両に限定するなどの対策を法令で義務付けないと。

 

高齢ドライバーに対する免許制度の改正や、安全装置・自動運転を求める声が多数ありました。

 

確かに高齢化が進んでいるタクシー業界ですが、車は走る凶器。ある程度の制限や、安全装置の装備など、できる対策はしていってほしいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)