塩尻伸浩(岡山操山高校教諭)の顔やfacebook!自宅や家族構成(妻・子供)|処分が軽すぎる?


2012年、岡山市中区の岡山操山高校で野球部の生徒(当時16歳)が自殺しました。

この問題で、不適切な指導があったとして当時の監督、塩尻伸浩教諭を停職3か月の処分としました。

事故から9年経ちようやく処分となりましたが、その処分はあまりにも軽いものでした。

 

塩尻伸浩教諭の顔やfacebook、自宅や家族構成(妻や子供)についてまとめていきます。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 報道内容

2012年、岡山市中区の岡山操山高校で野球部の生徒が自殺した問題で、岡山県教育委員会は不適切な指導があったとして当時の監督を停職3か月の処分としました。

定職3か月の処分を受けたのは、岡山操山高校の塩尻伸浩教諭です。
高校では2012年、野球部のマネージャーだった生徒が当時監督だった塩尻教諭から叱責を受けたあと自殺しました。
岡山県教育委員会は、第三者委員会の調査などから、ハラスメントに当たる不適切な指導があったと認定、9年を経て処分に至りました。
塩尻教諭は「自らの野球経験から間違っていると思わなかった、深く反省している」と話しているということです。
また、教育委員会の職員ら4人が遺族の求める第三者委員会の設置に向けた努力を怠った、などの理由で処分を受けました。
高校生の自殺をめぐる教諭らの処分について、遺族のコメントが発表されました。
「あまりの軽さに驚いています、息子を死に追いやった体罰やハラスメント、私たちを9年以上も苦しめてきた県教委、学校の保身行為に対する第三者委員会の判断との問題意識の表れであると感じています」また、この程度の処分であれば今後の再発は避けられない、処分の理由について詳しい説明を求めたいなどともコメントしています。

引用:https://news.yahoo.co.jp/

 

2012年、岡山市中区の岡山操山高校で野球部のマネージャーだった、

高校2年生の男子生徒(当時16歳)が自殺しました。

男子生徒は当時監督だった塩尻教諭から叱責を受けたあとに自殺しています。

塩尻教諭は

「自らの野球経験から間違っていると思わなかった、深く反省している」

と話しているということです。

 

事故から9年経ち、ようやく塩尻教諭の処分が下されましたが、

停職3か月

という軽い処分でした。

 

遺族のコメントが発表されました。

「あまりの軽さに驚いています、息子を死に追いやった体罰やハラスメント、私たちを9年以上も苦しめてきた県教委、学校の保身行為に対する第三者委員会の判断との問題意識の表れであると感じています」

 

ほかにも、

この程度の処分であれば今後の再発は避けられない、

処分の理由について詳しい説明を求めたい

とコメントしています。

 

この9年、どんな思いで過ごしてきたかと思うと胸が痛みます。

想像を絶する9年間だったと思います。

大切な我が子が自殺に追い込んだ教諭の処分が、停職3か月とはあまりにも軽いと思います。

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 


塩尻伸浩の顔画像

 

塩尻伸浩教諭の顔画像を調べてみました。

しかし顔画像はどのメディアにも報道されていないようです。

今後も報じられないのでしょうか。

塩尻教諭の顔画像が公開され次第、こちらにも掲載いたします。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 


塩尻伸浩のfacebook

 

塩尻伸浩教諭のfacebookを調べてみました。

すると同性同名のアカウントを発見。

そのページには、野球に関する投稿が多数あり、本人のアカウントの可能性が高いと思われます。

 

しかし、現時点で塩尻伸浩の顔画像が報じられていないため、

本人と断定することができません。

塩尻伸浩のfacebookと確証が取れ次第、掲載いたします。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 


塩尻伸浩の自宅や家族構成(妻や子供)

 

塩尻伸浩教諭がどこに住んでいるのか調べてみました。

しかし、詳細な住所は特定されていないようです。

岡山県岡山市中区にある岡山操山高校の教諭だったことからも、

岡山市内に住んでいる可能性が高いですね。

 

また、家族構成についても調べてみました。

さきほどのfacebookのアカウントが、塩尻教諭のものであれば、

結婚し子供がいるようです。

 

妻や子供にとっては良い父親なのかもしれませんが、

今回の報道を受け、塩尻教諭の名前が全国に報道され、子供たちもショックでしょう。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 パワハラの内容は?

当時、野球部のマネージャーだった男子生徒が自殺したのは、

2012年7月26日の朝です。

前夜に亡くなったとみられており、遺書はありませんでした。

 

男子生徒は元々選手として野球部に入部しましたが、2021年6月11日に退部。

7月23日にマネージャーとして再度野球部に復帰しました。

野球部をやめた理由を、

「先生に怒られるのが嫌。野球がおもしろくない」

と話していた男子生徒。

マネージャーとして復帰したのは、

「マネジャーなら叱られない」と話していたそうです。

 

塩尻教諭から、

「マネジャーなら黒板くらい書け」

「声を出せ」

と注意されており、練習後も男子生徒が一人呼び出され叱責を受けていたようです。

男子生徒は同級生に

「俺はマネジャーじゃない。ただ存在するだけ」

と話していました。

 

部員らの話によると、塩尻教諭は練習中に

「殺す」などの言葉を使ったり、パイプ椅子をふりかざすこともあったそうです。

行きすぎた指導だと思いますし、これは脅しにも捉えられますね。

 

亡くなった男子生徒は、精神的にも追い詰められていたことでしょう。

誰かに相談できなかったのか、助けを求められなかったのか、本当に悔やまれます。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 世間の反応

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)