【暴行男モザイクなし顔画像】静岡あおり運転の白ハイエース運転手は誰で名前特定は?場所はどこ?


静岡県内の道路で、あおり運転と暴行があったようです。

ドラレコに残された映像はとても衝撃的なものでした。

あおり運転と暴行をした運転手について調査してみました。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 ニュース概要

ドライブレコーダー映像がとらえていたのは、交通トラブルの相手から受けた暴力行為。 いったい、何があったのか。 7月12日、40代の男性が静岡県内の道路を車で走っていた時のこと。 交差点で左折しようとしたところ、男性の車の前から、白いワゴン車が強引に右折してきた。 危うく衝突しそうになりながらも、男性の車は、白いワゴン車の前へ。 この出来事に怒ったのか、白いワゴン車は、後ろから車間距離を詰め始める。 車が信号で止まると、さらに急接近。 やがて赤信号で止まったタイミングで、白いワゴン車から、男が降りてきた。 車が何かの衝撃で揺れた次の瞬間、黒いシャツの男は、男性の首をつかみ、車に押さえつけた。 道路の真ん中で、暴行を加え始めた。 被害男性によると、車から降りてきた男は、男性の顔面に頭突き。 さらに力ずくで押し倒すと、あごを殴り、男性の髪の毛をつかんで、アスファルトに数回、顔を打ち付けたという。 暴行のさなか、男は「何だお前、こら!」と、何度も怒鳴り声を上げていたという。 この暴行で、男性は、頭や足の打撲など全治1カ月のけがをした。 被害男性(40代)「もうやめてくれという感じ。それ以上やられると困るので、相手の体をつかんだら、相手が『手を出したな』、『お前からやったんだからな』と言い出して。話が通じない」 男性が車の横で男に押さえつけられていた時、異常を察知した女性が、車から降りてきた。 女性は、心配そうに近寄り、「事故ですか?」と声をかけてきた。 その問いに、男が穏やかな声で「大丈夫ですよ」と答えると、女性はその場から立ち去った。 男性は、男から「警察に行ったらどうなるか、わかってるな」と脅され、その場で通報することができなかったという。 被害男性(40代)「なんで(車から)出たんだろう…。暴力はまさかだった。この時代にこんなことがあるのかなと思った」 被害男性は、警察に相談し、今後、被害届を提出する予定。

出典:https://news.yahoo.co.jp/

 

静岡県内の道路であおり運転と暴行の

交通トラブルがあったようです。

 

ドラレコ映像は以下のYouTubeでみれますが、

激しい暴行シーンがありますので

苦手な方は閲覧に気をつけてください。

 

 

 

トラブル内容は交差点での右折・左折が原因のようです。

 

暴行を受けた被害男性は被害届を出すようなので

後日、暴行をした運転手が逮捕なんてこともあるかもしれません。

 

 

あおり運転と暴行の運転手について次章でまとめています。

スポンサーリンク

 

 


 あおり運転と暴行の男は誰?名前や顔の特定は?

 

出典:https://news.yahoo.co.jp/

 

現時点では、あおり運転および暴行をした

男性についての情報は

何もわかりませんでした。

 

 

モザイクなしの動画についても

調査しましたが、

現時点では見つかっていません。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 


 あおり運転のあった場所はどこ?

 

場所は静岡県内の道路であることがわかっています。

 

映像の中にヒントとなりそうな看板が映っていますが

字が読めるような映りではないため、

詳しい場所の特定はできていません。

 

 

詳細の場所について何かわかりましたらこちらにも記載いたします。

 

 

スポンサーリンク

 

 


 世間の声

 

 

今の世の中、この加害者のような輩が一定数存在するので、罰則ももっと厳しくしてどんどん取り締まればいいと思う。今回の件に関しては映像をよく見てみると、被害者の前方のトラックが視界を隠した状態で右折しているので、被害者川としてトラックが右折するタイミングで対向車が右折してくるかもしれないと予測して入るのが普通なんだんだけど、それができていなくて相手が輩という不運も重なって今回のような被害にあってしまった。こういう被害に巻き込まれないようにするためにも、自分の運転にも気持ちにゆとりをもって、かもしれない運転を心がける事が大切なんだと思う。

 

客観的証拠はあるので、刑事民事の両面で粛々と攻めて行ったらいいと思います。 他の方がおっしゃられている様に、譲らなかったことで当事案を誘発した一要因のとは言えるでしょうが、暴行を一方的に受けたことは明らかです(動画上では)。起訴に足りる診断書や動画など証拠をしっかり揃えて今後に備えてください。相手は、自分こそが被害者だと都合の良い主張を必ずしてきます。したがってそれに理論的に対抗するべく動画にはない部分をしっかりと主張を固めることが重要かと。

 

このシーンはよくあるよね トラック右折した時点で対向車のハイエースが早すぎる右折を始めていて、そこに運転手が左折優先という正当性を無理に押し通した事も少し融通が利かないと思う。 厳密にいえばハイエースの早すぎる右折が問題だとは思う。 しかし、この程度のすれ違いのようなやり取りは運転にかかわらず日常生活でもあるので、注意のやりかたも気を付けるべきだと思うし、かといって開き直るのももちろん違う。 暴力に関しては問題外、懲役でもなんでも行って来いって感じ。

 

交通の状況を考えると無理に右折をしてきた輩もだが、左優先を無理に押し通そうとした撮影者にも非が無いとは言えない。 ただ、結果的に煽り運転からの暴行は流石に行き過ぎだし、おかしい。 これは素直に暴行罪で立件されて良いレベル。 相手の車のナンバーや車両、本人の映像もあり証拠はあるのだから警察に相談して起訴したほうが良い。 少なくとも暴行による怪我の慰謝料くらいは請求したほうが良いと思う。

 

この距離感からすれば、俺は右折車を行かせるけどな、トラックが右折してる間に右折車の方が、左折車より先にまがっているし、ここから強引に左折するには無理がある、この状況自分は毎日あるが、左折優先でもこんな強引に行ってたら、間違いなくぶつかってしまう。青で進め、赤で止まれじゃなく、青でも危険かもしれないし、自分が優先って思っても相手は違う、右折で矢印出てても、赤で突っ込んでくる奴も毎日いる。ルールじゃなく、自分でも安全を確認しましょう。譲り合う気持ち大切です。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)