井上尚昭の顔とFacebook!犯行動機は騒音問題か!被害者からの嫌がらせだった?平塚市豊田本郷


15日、神奈川県平塚市豊田本郷で

近隣住民を刺し殺したとして、

自称・トラック運転手の男(46)が逮捕される事件がありました。

犯行動機は騒音問題とみられています。

2人の間に一体何が起きたのでしょう?

今回調査してきました。

見ていきましょう。

 

スポンサーリンク

 

事件の概要

出典:yahooニュース


 

 

平塚市豊田本郷、自称トラック運転手井上尚昭容疑者(46)

 

殺人の容疑で逮捕されました。

 

 

 

どうやら井上容疑者と被害者の間に騒音トラブルがあったようです。

 

ナイフで腹部を複数回刺したとのことですが、相当な殺意があったと見られています。

 

次は井上容疑者について見ていきましょう。

 

 

 

 

スポンサーリンク

 


井上尚昭容疑者のプロフィール

出典:ANN news CH

 

名前:井上 尚昭

 

年齢:46歳

 

職業:自称・トラック運転手

 

住所:神奈川県平塚市豊田本郷

 

逮捕容疑:殺人の疑い

 

トラック運転手という職種柄睡眠時間は大事にしたいところ、

 

被害者からの騒音で妨害されていたのが相当なストレスになっていたと考えられます。

 

職種関係なしに睡眠を邪魔されたら本当に嫌なので、

 

井上容疑者の気持ちもわかる気がします。

 

だからといって殺人はいけません。

 

人を殺める前に対策する方法はなかったのでしょうか…。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 


犯人(容疑者)のfacebook特定!

 

 

 

こちらの方で、facebook上で名前検索を行ったり

また、それに該当しそうな人物の手がかりから

特定を試みました。

しかし現状として、該当人物に関するfacebookの

情報は判明することができませんでした。

 

今後mikonewsの方で調査次第、何かしら手がかかりや

アカウントが判明次第、追ってお知らせしていきたいと思います。

もう少々お待ちください。

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 


騒音問題の対策は?

今回の事件の犯行動機は「騒音トラブル」とみています。

 

騒音トラブルはマンションやアパートで住まわれる方では悩まされる問題です。

 

騒音からトラブルに繋がることは正直避けたいですが、それぞれの言い分がありそれは厳しいものです。

 

そんな中で少しでも対策する方法はないかと調査してみました。

 

1 騒音主(相手方)との話し合いで解決する

2 防音工事で騒音をシャットアウト・低減する

3 話し合いでだめなら警察や自治体(役所)等、第三者の協力を要請する

4 裁判・訴訟など法的な手段で訴える

5 引っ越しして騒音発生源から距離的に離れる

6 そもそも騒音の無い住居に入居することが最高の対策

出典:日本騒音調査 ソンチョー

 

多くがこれらを解決策としてあげていました。

 

一番いいのは話し合いで解決することですが、

 

それが不可能で、他に方法がないときの最終手段が自分が引っ越すなどの対策が必要となっています。

 

なんで自分が退去しないとならないんだと憤りを感じると思いますが、

 

話し合いで解決できない相手に退去を求めても応じることはないでしょう。

 

実行が難しい方法ですが、一番手っ取り早い方法でもありますね。

 

事前に防ぐ方法としては、引っ越し先を騒音問題について慎重に評価することで回避できることがあります。

 

引っ越しの際は周辺の環境や建物の作りがどうなっているのか知る必要がありますね。

 

 

 

スポンサーリンク

 

ネットの反応

入居時の契約で何かあった時にすぐに引っ越せるような保険があればいいなぁと思う。
騒音って初めにわかればいいけど、しばらく住んでわかる時があるからそういう時にトラブルになる前に引っ越せるシステムがあるほうが入居する方も安心じゃないかなと思いました。

 

日本の建築って基準が甘いのか、外観は小綺麗なマンションなのに隣のくしゃみが聞こえたり、上階のトイレ音が響いたりいろいろひどいとこに住んだことがある。

住宅価値にとって耐震も大切だけど「防音」についてももっと重要視してほしい。

 

 

例えばこういう相談があったら警察は注意には来てくれる。

しかし、いくら相談したからと言って警察の権力がそこまであるわけではないので、近隣の迷惑だから静かにして下さいと注意しかできないだろう。

基本的には、住宅管理と住民とでしか解決できない。
嫌なら引っ越せとの暴論もあるが、騒音の認定を確実に得てから行政の支援を受けて引っ越すといった支援策を議論しても良い時期ではないか。

今回の場合は騒音を受けた側が暴力に走ったため、そもそもどちら側に問題があったのかはわからないが、大家や管理会社、警察に注意を受けても翌日にはまた騒音を出され続け、近くに住む方はたまらないだろう。

警察を叩くのは違う。

 

隣がうるさくて殺意芽生える気持ちはとてもよく分かる。
話で聞くだけでは分からない苛立ちだと思う。
まぁ当然殺すのはダメだが。

俺も大学生の時隣のやつがバンドマンだったらしく、夜中集まってジャカジャカやり始めるんで何回壁ドンして大家に訴えたか分からない。
殺された方にも、同情は出来ません。

 

自分もそうだからわかるけど音に敏感な人って大変なんですよね。
隣近所が同じような人ばかりだと良いのですが、なかなかそうはいかない。
で、こんなところまでエスカレート?
不幸な話ですね、双方にとって。

 

 

 

スポンサーリンク

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)