菅谷信正の顔や自宅住所『息子が怖かった』昌良さん殺害動機は?横浜市保土ケ谷区

横浜市保土ケ谷区で50歳の息子の頭をバールで殴って殺害しようとした疑いで、

保土ケ谷区川島町に住む無職の菅谷信正容疑者(78)が逮捕されました。

菅谷信正容疑者は容疑を認めています。

 

父親が息子を殺害してしまうなんて、一体何があったのでしょうか。

容疑者や事件についてみていきましょう。

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 報道内容

 

横浜市保土ケ谷区で78歳の父親が50歳の息子の頭をバールで殴って殺害しようとした疑いで逮捕されました。息子は搬送先の病院で死亡が確認されました。

 保土ケ谷区川島町に住む無職の菅谷信正容疑者は12日午後6時40分ごろ、息子の昌良さんの頭をバールで殴り、妻の通報で駆け付けた警察官に殺人未遂の疑いで現行犯逮捕されました。

 昌良さんは病院に搬送されましたが、その後、死亡が確認されました。

 菅谷容疑者は「息子を殺そうとしてバールで頭を殴ったことは間違いない」と容疑を認めています。

引用:https://news.yahoo.co.jp/

 

 

菅谷容疑者の妻が、

「息子と夫が殴り合っている。すぐに来てください」

と110番しました。

 

警察が駆け付けたところ、昌良さんが自宅近くの路上で頭から血を流して倒れていたそうです。

昌良さん(50)は搬送先の病院で死亡が確認されました。

 

 

 

容疑を認めています。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

菅谷信正のプロフィール・顔画像

 

 

 

  • 名前:菅谷信正(すがや のぶまさ)
  • 年齢:78歳
  • 住所:横浜市保土ケ谷区川島町
  • 職業:無職
  • 逮捕容疑:殺人容疑

 

菅谷容疑者の顔画像は現時点で報道されていませんでした。

 

顔が分かり次第、こちらにも掲載いたします。

 

※追記

菅谷容疑者の顔画像が報道されました。

引用:https://news.yahoo.co.jp/

 

 

スポンサーリンク

 

 

菅谷信正の自宅住所

 

引用:https://news.yahoo.co.jp/

 

自宅住所は

神奈川県横浜市保土ケ谷区川島町

です。

 

 

 

 

 

報道の映像からも、閑静な住宅街のように見えます。

引用:https://news.yahoo.co.jp/

 

神奈川県横浜市保土ケ谷区川島町

以降の住所は判明していませんでした。

 

分かり次第、追記いたします。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

菅谷信正の家族構成

 

 

菅谷信正容疑者の家族構成について調べてみました。

 

菅谷信正容疑者は妻と、息子の昌良さんと同居していたようです。

ほかに子どもがいたかは分かりませんが、

両親の年齢からもすでに独立している可能性が考えられるでしょう。

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 犯行動機

 

 

 

菅谷信正容疑者の犯行動機は何だったのでしょうか。

 

妻からの110番通報では

「息子と夫が殴り合っている。すぐに来てください」

 

と話していることからも、息子と父親が殴り合っていたことが分かっています。

 

また、菅谷容疑者の妻は、

「手のかかる子で怖かった」

と話しています。

昌良さんは数年前から両親と暮らしており、たびたび言い争いをしていたということです。

 

 

 

菅谷容疑者は咄嗟にバールを手にしてしまったのか、

息子さんがバールを手にしていた父親を殴ったのか、

詳細な情報は分かっていません。

 

菅谷容疑者は78歳、息子さんの年齢が50歳だったことからも、

「8050問題では?」という声があがっていました。

 

「8050問題」とは、80代の親が50代の子どもの生活を支え、

経済的・精神的にも行き詰まってしまう状態のことを指すそうです。

 

逆に親の介護が必要な状態で生活が成り立たなくなり、

子どもが死に至るケースや、親の遺体をそのまま放置して逮捕されてしまったりするケースもあるそうです。

 

昌良さんは仕事をされていたのか、どのような生活をされていたかについては情報はありませんでした。

 

家族間でこのような事件が起きてしまったことが残念でなりません。

昌良さんのご冥福をお祈りいたします。

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 世間の声

私も親との確執があるのですが、同居しない方が良いと思う。冷却期間が解決に向かわせる意味もあるし、お互いの立場を考える時間的な余裕もできると思う思う。自力で生活する力をつけることで親の偉大さも感じることが出来るでしょう。毒親でないかぎり、いつかは子供の気持ちも理解してもらえると思う。

 

 

私は統合失調症になって27才で実家に帰って居候したが上手くはゆきません。親は何でもいいから働けと言うのだが気力がない。失業保険で訓練校に通う為東京に出て来ました。一年間を終えて就業しました。今は72才になります。その間転職の繰り返しです。それでも年金は月に10万は貰え今も仕事をしていて月に15万で合わせて25万円になります。その気になって就業の意欲が沸かないと働けませんね。

 

 

 

生まれ持った性格もあるが、三人子育てし終わって感じたことは親の思い通りに育てようとしない、この子の為にこうやるべきだと押し付けない、他人に迷惑をかけることについては厳しく教えるを心掛けていれば本人の生活も親子関係も上手く行くような気がします。

 

 

親子が殴り合う…こんな悲しい姿があるでしょうか。ふつうに幸せな家庭に育った方には想像もつかないでしょうが、機能不全家庭に育った私にはなんとなく状況が思い浮かびます。社会がもっと未熟な親に対する精神的サポートを考えてほしいです。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)