杉山公章の顔!facebook!窃盗くり返し逮捕!公判中の再犯!勤務先の学校は?【静岡市】

静岡市葵区のスーパーマーケットで食料品を万引したとして教諭の杉山公章容疑者が逮捕されました。

別の窃盗事件で公判を受けている中での再犯です。

教諭として不適格な杉山容疑者の顔、SNSをリサーチしました。

 

 

スポンサーリンク

 

 事件詳細

27日、静岡市葵区のスーパーマーケットで食料品を万引したとして教諭の男が逮捕された。

窃盗の疑いで逮捕されたのは、静岡市清水区草薙の教諭 杉山公章 容疑者(50)。警察によると、杉山容疑者は27日午後2時半ごろ、静岡市葵区のスーパーマーケットで、持参したトートバックに食料品23点、約1万円相当を入れて、万引した疑いがもたれている。犯行後、店の外に出たところで、警備員が杉山容疑者に声を掛けたという。

警察の調べに対し、杉山容疑者は当初「無職」と話し、容疑を否認しているという。 静岡市教育委員会によると、杉山容疑者は市立清水飯田中学校に勤務していますが、別の窃盗事件で起訴され、現在は休職中だという。赤堀文宣教育長は「現在、公判中の教職員が、窃盗容疑で逮捕されたことについては、甚だ遺憾であり、重く受け止めております。今後事実を確認した上で、厳正に対処してまいります」とコメントしている。

 

公判中の再びの犯罪ですね。

なぜ、このような窃盗をくり返してしまうのでしょうか、

理解できません。

トートバックに食料品23点も詰め込んだら万引きもバレるに決まっています。あからさまに見てわかるのですから。

おそらく、お金に困ってや、商品にそそられて、万引きを行ったというよりも、窃盗癖がついてしまっているのでしょうね。

もしかすると、これ以外にも別の場所や時間で万引きを複数回していたかもしれませんね。

 

そもそも最初に窃盗が疑われた時に学校側もなぜ、解雇しなかったのでしょうか?

公判次第では、職場復帰させるつもりだったのでしょうか?

犯罪を疑われるような人は圧倒的に教諭に不適格です。すぐ解雇するべきだったでしょうね。

 

 

スポンサーリンク

 

 杉山容疑者のプロフィール

 

名前:杉山 公章

年齢:50歳

職業:教諭(中学校)

住所:静岡県静岡市清水区草薙

犯行内容:窃盗、万引き

 

50歳でそこまでお金に困っていたとは考えられないですね。

日々の生活がつまらなく、何か刺激が欲しかったのでしょうか

それでも、教員として、人として犯罪を行ってはいけませんね 

昔は本当にいい先生だった。教え子です。真面目で生徒思いで親身になって相談にも乗ってくれる今でも1番に思い出す先生です。
残業です。

本当かはわかりませんが、教え子を名乗る人の書き込みも有りました。読む限りは、良い先生だったようですね。

なぜ、窃盗などをするようになってしまったのか甚だ疑問ですね。

 

スポンサーリンク

 

犯人(容疑者)の顔画像!

 

 

 

【顔写真】【発見せず】

こちらの方で顔写真やそれに

準ずる写真の関して、独自に調査の方をさせていた

だきました。

しかしながら今現在どのメディアも報じて

おらず発見できなかった

ため、発見次第更新させていただきます!

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

犯人(容疑者)のfacebook特定!

 

 

 

こちらの方で、facebook上で名前検索を行ったり

また、それに該当しそうな人物の手がかりから

特定を試みました。

しかし現状として、該当人物に関するfacebookの

情報は判明することができませんでした。

 

今後mikonewsの方で調査次第、何かしら手がかかりや

アカウントが判明次第、追ってお知らせしていきたいと思います。

もう少々お待ちください。

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 勤務先の学校は?

杉山容疑者が勤務していた学校は市立清水飯田中学校です。

閑静な畑地の隣に佇む学校ですね。

 

 

スポンサーリンク

 

 ネット上の声

 

完全に盗癖なんでしょうね。
もっと深く調べれば余罪は十分あるだろうし、学校の金を横領している可能性だってありそうだ。どちらにせよ現在は他の窃盗事件での起訴休職という形だとしたら、給料6割貰っているのも許せないな。
早く免職させなきゃ

1回目 万引きで逮捕

2回目は 万引きで逮捕 起訴の公判中

3回目は公判中の保釈中に万引きで逮捕

やっと教育委員会で処分を検討?

今までの間、ずーっと休職扱いだったのにはびっくり!

懲戒免職が妥当ですよ!

これは盗癖。依存症かもしれない。金が財布にあっても盗んでしまうらしい。何度捕まってもやめない。知り合いの警備員が言ってたが、何をしても止まないだろうと。治療は必要だろうが、治癒は難しい。治癒しても復職はあり得ない。

お金があるのに万引きをやめられない人は精神を病んでいる。クレプトマニアというのでしょう。この病気が認定されても、それを理由に無罪になることは日本ではほとんどないのではないでしょうか。クレプトマニアだから万引きをしたのかそうでないのかの見極めが困難なのでしょう。

「盗癖」にも一応、大雑把に分けると2種類あって、なんとなくムシャクシャして、別段欲しくもない(不要品)ものを盗んでしまうケースと、明らかに目的を持って(食べる、使う、転売・・など)行なうケースがある。

既に前科2犯があり、裁判中という当件については、盗まずにはいられない!という「衝動」とあわせて、「功利」の両面が存在しそうだ。

いずれにせよ、教師として「不適格者」であるのは間違いない。

やられる側としてはたまったもんじゃない。
弁済は確定された分にとどまるし、言い方は悪いが、基本的には「やられ損」だ。

この事件の問題点は二点。
公務員教職であるから処罰が軽微である可能性。それと犯罪は多分金銭的目的で行ったのではないかと。原因は何かのストレスか精神的な病気である可能性が有ること。どちらにせよ、人に物を教える教職をさせることは問題で失職貰いたい、資格無しと言うこと。

 

 

スポンサーリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)