スタバ 返金されるかも? 10年間価格ミス

スターバックスで起きた衝撃の出来事についてお伝えします。

■10年間の”価格ミス”の全貌

スターバックス コーヒー ジャパンが、約10年間にわたって一部商品を本来の価格より高く販売していたことを発表しました。これは大変なことです!

■問題の詳細

  1. 対象商品:コーヒー豆164種
  2. 期間:2014年9月12日~2024年1月31日
  3. 過剰請求件数:5896件
  4. 総額:12万4033円

■なぜこんなことが?

原因は、レジシステムの設定不備。店員が商品のグラム数を入力する際に、金額計算に誤りが生じていたのです。

■スタバの対応策

  1. システム不備を2024年2月1日に修正済み
  2. 差額の返金を実施

返金方法:

  • スターバックスカード利用者(3748件):カードにチャージ
  • その他の支払方法(2148件):問い合わせ後、現金書留で返金

■考えるべき3つのポイント

  1. 大手企業のシステム管理の重要性
  2. 消費者の権利と企業の責任
  3. 長期間にわたる問題の発見の難しさ

■今後の影響は?

  1. スターバックスの信頼度への影響
  2. 他のコーヒーチェーンでの類似問題の有無
  3. 消費者の価格チェック意識の向上

ネットの声

この問題、皆さんはどう感じましたか?1円から65円の差額ですが、10年も続いていたことに驚きを隠せません。

私たち消費者も、レシートをしっかりチェックする習慣をつけることが大切かもしれません。同時に、企業側の誠実な対応も評価したいですね。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。皆さんのスタバでの経験や、この問題についての意見をコメント欄でぜひお聞かせください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)