鈴木純一医師|家族(妻,子供)構成!自宅や勤務先:埼玉富士見在宅クリニックの評価!ふじみ野市猟銃立てこもり


2022年1月27日、埼玉県ふじみ野市の住宅で起きた立てこもり事件で、人質となっていた、医師の鈴木純一さん(44)が、撃たれて亡くなった事件。

逮捕されたのは渡邊 宏容疑者(66歳)です。

在宅医療に携わっていた鈴木医師は、多くの患者に頼られ、東京パラリンピックの聖火リレーも、つとめていました。

そんな献身的な医師であっただけに、鈴木医師に対し関心が集まっています。

家族構成(奥さんや子供)や勤務先など、事件内容をまとめました。

 

 

スポンサーリンク

 

埼玉立てこもり事件:鈴木純一医師が亡くなる

 

埼玉県ふじみ野市で起きた人質立てこもり事件で、逮捕された66歳の容疑者は、母親の遺体が置かれた部屋に医師を呼び込み、散弾銃で襲った疑いがあることが警察への取材で分かりました。

27日、埼玉県ふじみ野市の住宅で起きた人質立てこもり事件で、渡邊宏容疑者(66)は、人質にとった医師の鈴木純一さん(44)を散弾銃で殺害した疑いがもたれていて、29日午前、検察庁に送られました。
これまでの調べによりますと、渡邊容疑者の92歳の母親は、事件前日の今月26日に死亡していて、27日は、訪問診療を担当していた鈴木医師や理学療法士などクリニックの関係者合わせて7人が自宅に呼ばれていました。
その後の調べで容疑者は、ベッドに母親の遺体が置かれた1階の部屋に鈴木医師などを呼び込んで、散弾銃で襲った疑いがあることが警察への取材で分かりました。
このうち散弾銃で撃たれた鈴木医師が死亡、40代の理学療法士が大けがをしたほか、別のスタッフは催涙スプレーをかけられていてスプレーを事前に準備していた疑いもあるということです。
警察によりますと、調べに対し「母が死んでしまって、この先いいことがないと思った。医師やクリニックの人を殺して自殺しようと思った」と供述しているということです。
警察は母親への医療措置をめぐって不満を抱いていたとみていて、長年介護してきた母親の死をきっかけに事件を起こしたとみていきさつを調べています。

鈴木医師が院長を務める埼玉県富士見市のクリニックの入り口では、花を手向けたり、手を合わせたりする人たちの姿が見られました。
富士見市内に住む渡辺利夫さん(72)は、亡くなった妻が鈴木医師の訪問診療を受けていたということで、今回の事件を知って手を合わせに訪れました。
渡辺さんは「鈴木さんは何かあれば深夜の1時でも家に来てくれ、妻の診療をしてくれました。妻は亡くなってしまいましたが、先生にお会いできたことを本当にうれしく思います。なぜこんな事件に巻き込まれてしまったのかまったくわからず、本当に悲しいです」と涙ながらに話していました。
また、自身と父親が鈴木医師の診療を受けたことがあるという女性は「自分の時間を犠牲にしてでも患者と家族のことを考える先生で、誰も悪く言う人がいないくらい人徳がありました。話をよく聞いてくれて分かりやすく丁寧に説明してくれ、恨みをかうような人ではなかったです」と話し、突然の死を悼んでいました。

引用:https://www3.nhk.or.jp/shutoken-news/20220129/1000075869.html

 

埼玉県ふじみ野市の立てこもり事件。

渡辺宏容疑者(66)が「線香をあげに来てほしい」などと求め、事件前日に死亡した母親(92)の担当医師であった、鈴木純一さん(44)ら鈴木さんら7人を呼び出し、27日午後9時頃に渡辺容疑者宅を訪れたそうです。

渡辺宏容疑者は「生き返るかもしれないので、心臓マッサージをしてほしい」と蘇生を執拗(しつよう)に迫理ました。

しかし、説明して断ると、散弾銃を取り出し3発発砲したようです。

医師の鈴木さんは最初に撃たれ亡くなりました。


鈴木医師の死因は胸部に銃弾を受け、心臓が破裂。即死状態だったことがわかりました。

 

渡辺容疑者は母親の受け入れをめぐり、他の医療機関でたびたびトラブルがあり、鈴木さんのクリニックで受け入れたそうですが、職員にクレームを付けたり罵声を浴びせたりするなどのトラブルがありました。

 

渡辺容疑者は「母が死んでしまい、この先、いいことがないと思った。自殺しようと思ったときに先生やクリニックの人を殺そうと思った」とも供述しています。

計画的な事件だったとされていますね。

母の死を悲しむそんな気持ちの矛先が鈴木さんの命を奪うことになってしまうとは、、、

なんとも自分勝手な事件でなりません。
命を奪うなんて、母親は求めていなかったはずです。

 

本当にいたたまれない事件です。

 

鈴木医師のご冥福を、心からお祈り申し上げます。

 

 

埼玉立てこもり事件の詳細はこちらです

 


 

スポンサーリンク

 

 


鈴木純一医師の家族構成(妻・子供)

 

引用:NHKより

 

鈴木純一医師は家族がいたのでしょうか。

調べてみましたが、現時点で、プライベートな情報は一切見つかりませんでした。

しかし、遺族の方のコメントが次にように報じられました。

 亡くなった医師の鈴木純一さん(44)の遺族は、県警を通じ「私たち家族は、突然このような事件に巻き込まれ、心身ともに疲弊しております
引用:https://www.sponichi.co.jp/

 

ご家族の方も、このようんに、突然のことに驚き悲しんでいるご様子です。

このように、患者さん思いの先生でしたので、ご家族大切にされていたことでしょう。

 

ご遺族の気持ちを思うとなんとも言葉が見つかりませんね。

 

理不尽過ぎますね。

 

決して許されない事件です。

 

 

スポンサーリンク

 

 


鈴木純一医師:自宅は?富士見在宅クリニックで勤務

 

 

引用

引用:https://www.asahi.com/

 

 

富士見在宅クリニック

〒354-0017 埼玉県富士見市8 針ヶ谷2-8-7

 

 

鈴木純一医師は富士見在宅クリニックを開業。

10年程前から訪問医師をおこなっていました。

在宅療養支援診療所の前で手を合わせる親子が報じられました。

この診療所の外観に、鈴木医師の自宅?と思われる方もいるようですが、ここは在宅療養支援診療所ということで、自宅ではないようですね。

在宅医療ということで、ここにも、鈴木先生なりの患者さんへの考慮も感じさせられますね。

 

また、クリニック休診日は、
みずほ台病院の呼吸器科で診療も行っていたようです。

 

 

 

鈴木医師の勤務先についての関連記事です。

鈴木医師の経歴や学歴に関してはこちら

 

スポンサーリンク

 

 


鈴木純一医師のNHKインタビュー内容

 

鈴木純一医師は、過去にNHKのインタビューを受けていました。

このインタビューが注目されています。

 

このように、地域医療に熱心で、いつも患者さんのために尽くしてきた、っそん優秀で有能な医師が失われるのは残念で仕方ありませんね。

 

スポンサーリンク

 

 

 

富士見在宅クリニック:鈴木医師の評価

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク


2件のコメント

毎日懸命に医療従事していた先生が、なんで殺されなくてはいけなかったのか、逆恨みにもほどがあります。渡辺容疑者は一人で死んで欲しかったです。
こんな理不尽な事件本当に涙が、出ます。

責任感、真面目に医療と患者に
向き合った結果、
こんな不条理、理不尽なことが起こってしまい、とても虚しく
やりきれない思いです。
ただただ悲しいです。
胸が張り裂けそうです。
中村哲医師を、
遠藤周作さんの「深い河」を思い出します。

鈴木淳一先生のことは
決して忘れません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)