鈴木純一医師の経歴や学歴(出身高校,大学)!『患者思いあだに』勤務先は富士見在宅クリニック,みずほ台病院!


埼玉・ふじみ野市で27日夜、住宅に猟銃とみられるものを持った男が、医師を人質にとって立てこもった事件。

人質となっていた鈴木純一医師が亡くなられました。

ツイートや報道では、非常に熱心な医師と報じられていました。

鈴木医師について大学・高校や経歴、についてまとめます。

随時追記あります。

 

スポンサーリンク

 

 

 埼玉立てこもり事件:鈴木純一医師が死亡(概要)

 

27日夜9時ごろ、埼玉県ふじみ野市の住宅で猟銃のようなものを持った男が44歳の医師を人質にとって立てこもった事件で警察は28日朝、容疑者の身柄を確保し殺人未遂の疑いで逮捕しました。警察によりますと人質となっていた医師は心肺停止の状態で病院に運ばれていましたが死亡しました。
警察によりますと27日夜9時ごろ、埼玉県ふじみ野市大井武蔵野の住宅で猟銃のようなものを持った男が人質をとって立てこもりました。

警察は説得を続けましたが、発生からおよそ11時間がたった午前8時ごろ住宅に突入し、この家に住む渡邊宏容疑者(66)の身柄を確保し、人質の44歳の医師に対する殺人未遂の疑いで緊急逮捕しました。

警察などによりますと医師は心肺停止の状態で近くの病院に搬送されていましたが、死亡しました。

亡くなったのは地元のクリニックの医師、鈴木純一さん(44)です。

捜査関係者によりますとこの住宅には、渡邊容疑者の家族が死亡したため27日夜、医師と看護師、介護士の男性3人を含む関係者が弔問のために訪れていたということですが、このうち家族の主治医だった鈴木医師が人質となったということです。

また、40代の男性看護師は撃たれて病院で手当てを受けていますが重傷だということです。

さらに、30代の男性介護士は顔に催涙スプレーをかけられ、目にケガをしてその後、警察署に駆け込んだということです。

警察は渡邊容疑者の身柄を警察署に移し、いきさつを調べています。

現場は東武東上線のふじみ野駅から南西におよそ2キロ余り離れた田畑が点在する住宅街で、東側に関越自動車道が通り、すぐそばに小学校があります。


亡くなった鈴木純一 医師は、およそ10年前から埼玉県富士見市などで高齢者を中心に訪問診療を行っていて、新型コロナウイルスの第5波で感染が拡大した去年夏には、病院に入院できず自宅での療養を余儀なくされたコロナ患者の診療も行っていました。

鈴木医師は、内科などが専門でおよそ10年前から埼玉県内で在宅医療に取り組んでいて、NHKは去年9月、デルタ株の感染拡大で患者が急増したため、入院できずに自宅で療養するコロナ患者の自宅を訪問して診療する様子を取材しました。

当時は、症状が重くても入院できない自宅療養のコロナ患者が急激に増えていて、鈴木医師は保健所からの依頼を受けて患者の自宅を訪問していました。

鈴木医師は、通常の在宅診療を終えた夜9時ごろに車で診療所を出て、連日、深夜まで患者の診療に当たっていました。

去年8月中旬からの3週間だけでも40人以上を診療していたということで、当時のNHKの取材に対し、できるかぎり自宅療養者の支援を続けたいと語っていました。

呼吸の状態が悪化しながら自宅療養を余儀なくされた患者に対する医療について、鈴木医師は「急に動けなくなって体が思うようにならない、自分の体が壊れてしまうように感じるのは恐怖だと思う。これからも依頼があったら助けたいです」と話していました。
引用:https://www3.nhk.or.jp/

 

この事件で逮捕された渡辺宏容疑者(66)は、寝たきりだった高齢の母親と2人暮らしでした。

その母親が最近亡くなり、医師や理学療法士など、医療関係者が複数で弔問に訪れていましたが、その際にトラブルとなり、渡辺容疑者は鈴木純一医師を人質にとって立てこもりました。

鈴木純一医師は心肺停止の状態で搬送されましたが、その後、亡くなられました。

鈴木医師は、通常の在宅診療を終えた夜9時ごろに車で診療所を出て、連日、深夜まで患者の診療に当たるほど、患者思いの医師だったようです。

 

鈴木医師は渡辺容疑者の母親の主治医を6年間にわたって務めてきたが、ここ最近は母親が病気で食事が出来なくなり、それに対する治療方針をめぐって渡辺容疑者と意見の食い違いがあったといいます。

 

非常に残念な結末を迎えてしまった事件です。

 

そんな熱心な医師ともあって、経歴などに関心のある方も多いようです。

事件詳細はこちら

 


 

スポンサーリンク

 


鈴木純一医師の経歴は?

 

引用:https://www3.nhk.or.jp/

 

鈴木純一医師は、地元のクリニックで勤務されていました。

 

現時点では、名前や情報は現状では報道されていませんでしたので、
鈴木純一さんの名前で、在宅診療を行うクリニックを調べていたところ、
ふじみ野市の2箇所のがHITしました。

 

富士見在宅クリニック

みずほ台病院

 

富士見在宅クリニックの鈴木純一医師の経歴はこちらです。

  • 富士見在宅クリニック管理者
  • ふじみ野在宅クリニック会長

 

 

また、

みずほ台病院の鈴木純一医師の経歴はこちらです。

 

  • 東京慈恵会医科大学卒業
  • 日本内科学会認定医
  • 日本呼吸器学会所属
  • 日本結核病学会所属
  • 日本肺がん学会所属

 

 

通院ができない患者さんに対して、訪問診療などをメインに行っている、富士見在宅クリニックは、

報道での鈴木医師の言葉にあったように、

「急に動けなくなって体が思うようにならない、自分の体が壊れてしまうように感じるのは恐怖だと思う。これからも依頼があったら助けたいです」

このような体制と同じように感じますね。

 

そう行いった意味では、勤務先である可能性も高いですね。

 

また、みずほ台病院は、土曜が診療日になっていました。

 

亡くなった鈴木医師は、

通常の在宅診療を終えた夜9時ごろに車で診療所を出て、連日、深夜まで患者の診療に当たっていましたので、熱心さが非常に伝わりますね。

そのことを考えると、

通常は富士見在宅クリニック、土曜は、みずほ台病院で診察

 

このような、ハードとも言える診療体制も多いに考えられるのではないでしょうか。

 

しかし、推測ですので、より調査を進めると、

可能性がより増すような、気になるツイートを発見しました。

 

 

もし、このツイートが事実であれば、

2ヶ所の人物は同一人物と考えられ、より鈴木医師である可能性は高いのではないでしょうか、、、

 

しかし、現時点では特定ではないため、経歴については引き続き調査を進めたいと思います。

 

分かり次第更新いたします。

 

追記

 

続報にて鈴木医師の勤務先の画像が公開されました。
推測と一致しました。勤務先は、富士見在宅クリニックです。

 

事件犯人:渡辺宏容疑者に関してはこちら

 

スポンサーリンク

 


学歴(出身高校・大学)は?※追記あり

 

ここまでの熱心な医師でのため学歴なども気になる方が多いようです。

そこで、学歴についても調べてみました。

現時点では情報が少なく調査中です。

大学の医学部に進み、6年間の教育を受けたのち、医師国家試験に合格しなければいけません。

また、さらに2年以上、臨床研修医としての経験を積まなければならないといったんも待っています。

医学部への入学はどこも極めて難関であるため、それなり素晴らしい学歴をお持ちと考えられますね。

 

しかし、みずほ台病院のHPの鈴木医師の学歴によると、

東京東京慈恵会医科大学を卒業されています。

引用:https://www.mizuhodai-hp.org/

 

 

 

立てこもり事件のトラブル詳細に関してはこちら

追記

続報にて鈴木医師の勤務先の画像が公開されました。
推測と一致しました。

呼吸器内科が専門の鈴木さんは東京慈恵会医科大を卒業後、

総合病院の勤務などを経て2013年にクリニックを開業しました。

 

 

 埼玉県ふじみ野市の住宅で起きた立てこもり事件で、人質となっていた医師の鈴木純一さん(44)が、撃たれて死亡した。在宅医療に携わっていた鈴木さんは多くの患者に頼られていた。東京パラリンピック聖火リレーでは、患者の依頼を受けて伴走もしたという。

 東入間医師会の関谷治久会長(66)によると、鈴木さんは、富士見市・ふじみ野市・三芳町の2市1町の在宅患者のおよそ8割、約300人ほどを診ていたという。

 地域の在宅医療を担う中心的な存在で、「患者のために自分の時間を犠牲にして熱心に取り組む責任感のある優しい先生だった。今いなくなるのは市民にとっても医師会にとっても本当に大変な損失で、言葉にならない」と話す。

引用:https://www.asahi.com/

 
 
亡くなった医師の鈴木純一さん(44)は9年前、事件があった埼玉県ふじみ野市に隣接する同県富士見市に在宅医療のクリニックを立ち上げ、地域住民に寄り添いながら往診を続けていた。新型コロナウイルスの感染対応でも24時間体制で走り回っていた姿を知る医療関係者らは「常に患者さんの生きがいを考えてベストを尽くす鈴木さんは地域の『巨星』でした。失ったものの大きさは計り知れない」とショックを受けている。  「この地域の在宅医療の先駆者でした」。東入間医師会の小山雅和事務局長(72)は鈴木さんの存在をそう言い表す。  呼吸器内科が専門の鈴木さんは東京慈恵会医科大を卒業後、総合病院の勤務などを経て2013年にクリニックを開業した。

鈴木さんの家族に関してはこちら

スポンサーリンク

 


鈴木純一医師の勤務先は富士見在宅クリニック?※追記あり

先ほど、経歴の際にも推定させていただきましたが、

 

富士見市の鈴木純一さんの名前でHITした病院やクリニックは

富士見在宅クリニック

みずほ台病院

です。

 

ツイート内容が事実であれば、HITした2ヶ所の人物は同一人物と考えられます。

可能性は高いですね。確証が取れましたら、詳細も掲載させていただきます。

しばらくお待ちください。

また、鈴木医師についての評価も気になるので、まとめました。

 

追記

続報にて鈴木医師の勤務先の画像が公開されました。

 埼玉県ふじみ野市の住宅で起きた立てこもり事件で、人質となっていた医師の鈴木純一さん(44)が、撃たれて死亡した。在宅医療に携わっていた鈴木さんは多くの患者に頼られていた。東京パラリンピック聖火リレーでは、患者の依頼を受けて伴走もしたという。

 東入間医師会の関谷治久会長(66)によると、鈴木さんは、富士見市・ふじみ野市・三芳町の2市1町の在宅患者のおよそ8割、約300人ほどを診ていたという。

 地域の在宅医療を担う中心的な存在で、「患者のために自分の時間を犠牲にして熱心に取り組む責任感のある優しい先生だった。今いなくなるのは市民にとっても医師会にとっても本当に大変な損失で、言葉にならない」と話す。

引用:https://www.asahi.com/

推測の画像が一致しました。

勤務先の、富士見在宅クリニックです。

 

 

スポンサーリンク

 

医師:鈴木純一さんへの評価は?

 

 

鈴木純一医師に関し、熱心で、患者思いと言った、高評価のコメントが多く見つかりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もし、このような患者思いで、熱心人柄が、犯人の気持ちのあだとなって、、、そんなことだけはあってほしくないですね、、、、

鈴木医師は好印象といったコメントが多くみられ、改めて、残念な事件でなりませんね。

 

また、続報にて

医療関係者らは

「常に患者さんの生きがいを考えてベストを尽くす鈴木さんは地域の『巨星』でした。失ったものの大きさは計り知れない」

とショックを受けている。  

東入間医師会の小山雅和事務局長(72)は鈴木さんの存在を

 

「この地域の在宅医療の先駆者でした」。そう言い表したっそうです。

 

どけほど信頼があって、評価されていた医師だったのか分かりますね。

 

 

 

スポンサーリンク

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)