【保釈動画有】田口翔の保釈金240万は誰が払った?就職先や阿武町の自宅はどうなる?


阿武町の誤振り込み問題で3度の逮捕・起訴されている田口翔被告(24)が

8月1日、保釈されたようです。

保釈金は250万ということですが、一体誰が払ったのか?

とネット上では話題になっています。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 報道内容

 

 

 

 

阿武町で4630万円が誤って振り込みされた問題で、

これまで3度逮捕・起訴されている田口翔被告 (24)が保釈されたことが報じられました。

 

田口被告はスーツ姿で、警察署の玄関から出ると一礼し、用意された車に乗り込みました。

 

強風のため長髪が顔にかかり、表情が分かりにくいです。

 

 

別の報道にて、風が吹く前の写真がありました。

 

 

少し緊張した表情にもみえますね。

 

田口被告の弁護人によると、

「証拠隠滅の恐れがなく身柄の拘束が長期化していること」

などを理由に7月26日保釈を請求していたそうです。

そして1日午前10時頃、田口被告の弁護人が保釈金250万円を納付し、正午ごろ、田口被告は保釈されました。

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 


 保釈金は誰が払った?

 

 

田口翔被告が保釈されましたが、保釈金は250万円だそうです。

保釈金は裁判が行われるまでの間の人質のようなもので、

最終的にはすべて返還されます。

 

 

田口被告は弁護人を通じ、

「このたびは私の行動で多くの方にご迷惑をおかけして大変申し訳ありません。保釈後は仕事をして、借り入れたお金を少しずつ返済していこうと思います」

とのコメントを発表しています。

 

弁護人は保釈保証金の原資を明らかにしていないため、

誰が払ったかについては分かりませんでしたが、基本的には家族が払うことが多いようです。

 

 

 

今後は、仕事をし借り入れたお金を少しずつ返済しくということですが、

今回の件で、名前や顔が全国に報じられてしまいましたので、

就職先を探すのも大変だと思いますが、まだ24歳という若さです。

 

頑張って欲しいですね。

 

田口翔被告が住んでいたのは、阿武町です。

「空き家バンク制度」を利用して、1年半ほど前に移住してきました。

 

 

阿武町の自宅は賃貸で借りていたものですが、

さすがにここに住むのは、難しそうですし、

今後は山口県内にある地元に戻るのかもしれませんね。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 


 世間の声

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)