高橋俊の顔やfacebook『4人は家族だったか…』勤務先や家族構成|郡山市大平町車両火災はどこ? 

福島県郡山市で乗用車と衝突した軽自動車が炎上し、車内から4人の遺体が見つかった事故で、

乗用車を運転していた福島市の会社員・高橋俊容疑者(25)が現行犯逮捕されました。

とても痛ましい事故が起きてしまいました。

容疑者や事故についてみていきましょう。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 報道内容

 

福島・郡山市で乗用車と衝突した軽自動車が炎上し、車内から4人の遺体が見つかった。

事故があったのは郡山市大平町の十字路の交差点。

警察によると2日午後8時過ぎ、乗用車と軽自動車が出合い頭に衝突した。

この事故で軽自動車が横転し、炎上。

駆けつけた消防が消火活動を行い、車内から4人の遺体を発見したという。

警察は、乗用車を運転していた福島市の会社員・高橋俊容疑者(25)を現行犯逮捕した。

引用:https://news.yahoo.co.jp/

 

2日午後8時過ぎ普通乗用車と軽自動車が衝突しました。

この事故で軽乗用車が炎上し、乗っていた4人が死亡しました。

逮捕されたのは福島市の会社員・高橋 俊容疑者(25)です。

 

現場は信号機や一時停止の標識がない十字路で、警察が事故の原因を調べるとともに死亡した4人の身元の特定を進めているということです。

 

一体なぜこのような事故が起きてしまったのでしょうか。

4人もの方が亡くなるなんて、本当に痛ましいです。

身元は特定されていませんが、ネット上では「家族では?」といった声が散見されました。

追記

その後の報道で軽乗用車の所有者は市内の30代女性で、

40代の夫、20代の息子、10代の娘の計4人と連絡が取れていないことが明らかになりました。

お亡くなりになった方のご冥福をお祈りいたします。

 

高橋容疑者についてみていきましょう。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 高橋俊のプロフィール・顔画像

 

引用:https://news.yahoo.co.jp/

 

  • 名前:高橋俊
  • 読み方:たかはし しゅん
  • 年齢:25歳
  • 住所:福島市泉
  • 職業:会社員
  • 逮捕容疑:過失運転致傷の疑い

 

高橋俊容疑者の顔画像は現時点で報道されていませんでした。

顔が分かり次第、こちらにも掲載いたします。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 高橋俊の勤務先や家族構成

 

 

 

高橋俊容疑者は会社員と報じられていますが、

職業や家族構成など、プライバシーに関わる情報は一切公表されていませんでした。

 

25歳であれば結婚し子どもがいても不思議ではありませんよね。

続報にて何か分かりましたら追記していこうと思います。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 事故現場や事故の原因

 

引用:https://news.yahoo.co.jp/

事故が起きたのは、郡山市大平町の十字路です。

 

 

事故の原因は一体何だったのでしょうか。

現場は信号機や一時停止の標識がない十字路だったそうです。

引用:https://news.yahoo.co.jp/

ヤフコメに以下のような情報がありました。

ここは軽自動車側が優先道路で、乗用車側からでは、田んぼがせり出て止まらないと非常に見通しが悪い交差点。

 

乗用車側は見通しが悪い交差点のようですが、軽自動車は横転しているということからも、高橋容疑者の運転する乗用車はかなりスピードが出ていた可能性も考えられると思います。

 

速度を落として走行していれば…

一旦停止していれば…

悔やんでも悔やみきれない事故です。

 

これからUターンラッシュが始まると思いますので、

安全運転を心掛けたいです。

 

 

事故の詳しい原因が分かりましたら、随時追記していきます。

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 世間の声

 

事故が起きた場所は、郡山市域でも浜通り側の比較的高低差の有る山林が造成された住宅地で、事故の起きた交差点も、夜間だと暗く、トヨタのSUV(RAIZE?)と、軽自動車の側面に衝突し、横転炎上した事故の様に見えます。自動車事故でドアの開閉出来る出来ないは、横転や、水没すると脱出は、大人でも困難になるらしく、今回車両火災も発生したため、悲惨な死亡事故になった様です。SUV側の道路は、上り坂の手前で加速中だった可能性も有りますし、軽自動車側も新年で家族移動中だったのかも知れません。どちらかに一時停止義務が有ったと思いますが、そんなに悪質な違反運転ではなくても、今回のような最悪の結果になるため、やはり交通標識、特に“止まれ“には注意した方が良いと感じました。

 

 

普通は直線を走っている方が優先だと思います。横から入る方が一旦停止、または徐行で安全確認してから進む、それが当たり前と私は考えます。事故が発生した場合、ひどい結果になるのがわかるのにそれが想像できないドライバーは一定割合、存在します。自分の家の前は生活道路だけど50~60キロで走る頓珍漢がいる。横から子供の飛び出しがあれば絶対、避けきれない。そのような想像力欠如には免許を与えてはいけないと考えます。

 

 

 

>現場は信号機や一時停止の標識がない十字路 怖いね。「かもしれない」運転が大事な場所だ。他人事ではなく、我々もこういう目に遭うかもしれないと気を付けて運転したい。

 

 

 

軽自動車は危ない。

 

 

相手車両が横転するだなんて、どんだけスピードを出してんだよ。 被害者達は家族じゃないのか? そうなら一家全滅かもな。 想像通りなら、結果的にしろ酷すぎるわ。

 

 

乗用車がかなりスピードだしてたのでは。 危険運転で30年はぶちこんでほしい。

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)