北條紀子さん(長野)の顔画像やfacebook!バイクでツーリング中正面衝突し死亡!岐阜県高山市清見町の国道158号

15日、岐阜県高山市の国道にて、バイクと乗用車が正面衝突し、バイクを運転していた45歳の女性が死亡する事故が発生しました。

 

亡くなった女性は、長野県伊那市の会社員北條紀子さん(45)で仲間4人とツーリングをしていた最中だったということです。

 

事故の原因は警察が調べているということですが、現場は緩やかなカーブだったということで、どちらかの車両が反対車線にはみ出したとみているとのことです。

 

事故現場や亡くなった北條紀子さんについて調べていきたいと思います。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

報道の概要

15日、岐阜県高山市の国道で、バイクと乗用車が正面衝突し、バイクを運転していた45歳の女性が死亡しました。  

15日正午すぎ高山市清見町の国道158号線で、走行中の中型バイクと乗用車が正面衝突する事故がありました。

 

この事故で中型バイクを運転していた長野県伊那市の会社員北條紀子さん(45)が体を強く打ち心肺停止の状態で病院に搬送され、およそ3時間後に死亡が確認されました。

 

乗用車を運転していた一宮市の会社員の男性(34)と助手席の男性は軽傷です。  

 

現場は片側一車線の緩やかなカーブで、警察はどちらかの車両が反対車線にはみ出したとみて事故原因を調べています。

 

北條さんはツーリング仲間と4人で、郡上市から高山市中心部に向かう途中でした。

 

Yahoo!ニュースより引用

ツーリング仲間にとってもとてもつらい事故ですね

 

 

このコロナ渦で、蜜にならない場所を求めてバイクでのツーリングに行ったりする人がとても増えていると言います。

 

 

バイクはとても気持ちのいい乗り物だと思いますが、やはり事故になると非常に死亡率が高いですよね。

 

 

今回の事故現場はゆるやかなカーブで、どちらかが反対車線にはみ出したと見ているようです。

 

 

見た感じは、確かに緩やかで見通しもそこまで悪くない場所になるので車線をはみ出したといっても明らかにどちらかによそ見や居眠りなどどしていたものと思われます。

 

 

 

バイクで居眠りというのはあまり考えられませんが、居眠りとなると車側になる可能性が非常に高いですよね。

 

 

他のツーリング仲間は事故の瞬間を見ていなかったのでしょうか?

 

 

バイク4台走る時には当然1列になっているでしょうから、誰かが目撃していたとしたら原因はすぐにわかりそうなですよね。

 

もしかすると、北條さんは最後尾を走っていたのかもしれません。

 

 

バイクでの追い越しや、走行を見ていると正直結構危なかったり、明らかに法定速度を超えて走ったりしていることも多いので過失がなかったとは言い切れませんが今回の場合は4人の仲間と走っていたということですので速度なども守って安全運転をしていたのではないかと思われます。

 

 

やはり、そうなると今回の事故は車の方に大きく過失がある気がするのですが、真相はどうなのでしょうか。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

北條紀子さんのプロフィール

名前:北條紀子

年齢:45歳

住所:長野県伊那市

職業:会社員

死因:全身打撲による心肺停止

 

 

全身を強く打ってしまったということですね。

 

 

やはりバイクは頭以外の体がむき出しになっている乗り物ですので、こういった事故のことを考えると本当にバイクこそ安全運転が本当に必要だと感じます。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

会社員男性のプロフィール

名前:不明

年齢:34歳

住所:岐阜県一宮市?

職業:会社員

容疑:不明

 

こちらの男性が車を運転してということですが、助手席の男性と合わせ2人とも無事だったということですね。

 

 

スポンサーリンク

 

 

北條紀子さんのfacebook

調査しました結果、同姓同名アカウントが複数出てきましたが、北條紀子さんと特定できるアカウントはありませんでした。

 

こちらは、引き続き調査をしていきます。

 

 

事故現場はどこ?

 

Yahoo!ニュースより引用

残念ながら、場所の詳細までは特定できませんでした。

 

こちらは現場とは異なりますが、同じ高山市清見町の国道158号線のストリートビューとなります。

 

 

郊外の峠道といったところで、ツーリングやドライブには最適の場所と言えるでしょう。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

ネットの声

ツーリング仲間がいたんなら、原因はすぐわかりそうなもんだけどね。

 

ツーリングのメンツに若い男がいるとライテク自慢なのか後続の事なんて考えずに凄いスピードでかっ飛ばして見えなくなってしまう子がいるけどそういうのは下手に追いかけようとしないで自分のペースを守って走った方が良いです

 

バイク歴三十年以上。実は友人とツーリングして楽しいと思ったことがない。二人以上となると、誘われても断るようになった。完全に「個」の乗り物であり、何も入る余地のない自己責任と自己判断の世界がバイク。それが、複数になると、とたんに何かが歪む。みんなで遊ぼうのツールではないと思う。

 

バイクはゆっくり年数を掛けて技量を上げた方が良い。
そのためにはボッチでロングツーリングを重ねるに限る。

初心者でも一人でロングツーリングをした初日の往路はぎこちなくても、2日目の帰りの復路は全然違う。
そうやって自分のペースで年数を掛け慣れて技量を上げるのが一番良い。

 

記事本文を読む限り、車かバイクのどちらかの反対車線はみ出しとあるのですが、コメントを読んでいると、バイクを運転していた人の技量不足で事故が起こったような書き方をされている方が多いのですが、そうだったのでしょうか?
いくら技量がある人が安全運転をしていても、車がはみ出して来たら避けようがない時はありますよ。
状況もわからないのに、講釈を垂れるのはいかがなものかと。

 

グループでツーリイングする場合は、特に本件は女性が
亡くなられたとのことであるが、リーダーは、安全走行をもっとうに
スピード調整しなが走行しなければいけない!後続は距離があいたら
追いつこうとあせりにつながり、自分の能力以上にスピードを出して
追いつこうとしそれが無理な運転になってします。走行する前に安全
運転の協議をすることは最も大事だと思う。亡くなられた女性の方に、
ご冥福をお祈りします。

 

この記事だとどちらがセンター割ってきたのかわからないが、自分の体験であったのは、右コーナーで対抗車がスマホ見ていて真っ直ぐ突っ込んで来た事があります。
ドライバーの目線が下にいってる気がしてアウト側に逃げたから当たらなかったけど、普通にすれ違うと思ってたら避けられないと思う。

 

ツーリングはマスもソロもどちらも楽しいけど、先頭の一台が追い越しかけると後ろは必死になって着いていこうとする。無理が祟ると取り返しのつかないことになる。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)