兵庫宝塚市立小学校で教職員6人が特定男児盗撮!男児は不登校に!母親に相談で発覚!


学校というのは、ちょっと特殊な閉鎖空間ですよね。

子供達だけの社会でありますが、

先生という大人が絶対的に監視している、という

いびつな空間でもありますよね。

今回はそんな閉鎖空間だからこそ起きてしまった事件です。

兵庫県宝塚市の小学校で、教職員6人が

特定の男児を「問題行動の指導のため」と言い、

児童や保護者の許可を得ずに盗撮していたのです。

 

 

 

スポンサーリンク

 

事件概要


https://news.yahoo.co.jp

問題行動は、どこの学校でも起こりうるものです。

しかし、カメラを向けることで

問題行動が収まることがあった、と

この行動が始まったようですが、

それは根本的な解決にはならないのではないでしょうか?

そしてさらにこのカメラを向ける行為は

エスカレートしていき、

とうとう本当に撮影することになりました。

撮影されたデータは、なんと、教職員であれば誰でも

見ることができる共有フォルダへ

しかも撮影されたデータは、問題行動などない

ただの日常の姿も納めてあった、とのことです。

 

 

 

スポンサーリンク

 


主犯格の6人の顔画像や名前は?

現段階では明らかにされていません。

また、どのような処分が降るのかもまだわかりません。

学校が始まる前にこんな不祥事が起きてしまっては、

保護者のかたも安心して子供を学校にやれないですよね。

真面目に働いている先生たちにまで迷惑をかける行為です。

許せませんね。

 

 

 

 

スポンサーリンク

 


宝塚市の教育委員会は?

https://www.city.takarazuka.hyogo.jp/kyoikuiinkai/

報道では、

市教委は「不適切な行為」として経緯を調査し、

関係者の処分を検討している。」とのことでしたが、

ホームページなどには、まだそのことについて

触れられていません。

学校の事なかれ主義が、ここで発揮されないと良いのですが…。

 

 

 

スポンサーリンク

 


兵庫県宝塚市立小学校はどこ?

 

 

綺麗な校舎ですね。

綺麗な校舎とは裏腹に、

行われていたことは卑劣ですが。

学校での教職員のスマホなどの携帯を

禁止しているところもあるのですが、

この6人だけで共謀して行ったことなのでしょうか?

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

兵庫県宝塚市立小学校のホームページは?

http://cms.takarazuka.ed.jp

何度か読み込みしました。

読み込みミスかなー?回線が悪いのかなー?

と思うくらいに何もありません。

年度始めだからと言って、去年の写真の一枚もない、

ということはないと思うのですが…。

少なくとも、実際に学校に通っている子供達や

保護者のかたは、

まだ学校からの連絡手段がないのではないでしょうか?

ホームページがここまでずさんだと、

かなり不安を覚えますよね。

少なくとも、学校教育目標の

「本気・勇気・思いやり」は、

該当の6人の教職員たちのどこにあったのでしょうか?

名乗り出る勇気くらいは示して欲しいですね。

 

 

 

スポンサーリンク

 

盗撮された男児は不登校に…

(写真はイメージです)

いくら問題行動を起こしていた、と主張されても、

盗撮されるなど著しい人権侵害です。

しかも、何もしていないときですら

盗撮されていたというのであれば、

もう大人を信用できなくなってしまっても

おかしくありません。

問題行動を起こすのなら、もっと

別のやり方があったはずですし、

保護者の承認を得ないまま、というのは

全く擁護のしようがありませんね。

男の子の心のケアを第一に考えて欲しいものです。

 

 

 

スポンサーリンク

 

ネットの声

総合的に考えると、教室内や校内でテストのカンニングや暴力事件やいじめの問題などもあるので防犯カメラを市中のように配置しておくべきだ。こういった保護者の対応や訴訟が起こったときに、教師が悪いのか児童生徒などが悪いのかきちんと判断できる。うやむやにする体質を改善すべきだ。

 

平成になり、障害児を健常児と同じように普通学級で学習をさせたとの保護者の申し出を教育委員会・学校長が受け入れる環境になってきた。この環境は、マスコミなどの後押しも影響している。
良いことが全て善であるという考えによってであるが、40人学級で担任は1人で、補助者が一人つく場合もある。補助者がいるので安心という意見もあるだろうが、これがくせ者で補助者はあくまでも補助者でって指導的権限はない。子どもも、保護者が見ていれば無茶はしないし、他の児童に手を出すことは少ない.しかし、保護者が見ていないとなれば、口も手も出すことが多くなる。
教室での無法状態になる場合もある。保護者に子どもの状況を話しても、素直にハイという保護者は少ない。それには、記録撮影は証拠として重要である。
教師1人で何が出来るというのだろうか。学校の協力態勢ほど絵空事の協力態勢である。

 

個人をターゲットにするからダメなんだ。学校全てをカメラで埋め尽くして、全員の授業態度、イジメの有無、教師の授業のスキルから暴行もすべて撮影できるようにすれば良い。

 

「男児が授業中に問題行動をすることがあり、カメラを向けるとおさまることがあった。行動を記録して指導に使うつもりだった」

男児じゃなくて学校に防犯カメラを配置すべき。
クラスや人目に付きにくい死角など、教師の目に付きにくいところに配置すればいじめの抑止に繋がる。

ただ、この教職員のように教師が問題行動やいじめに加担している場合もあるので、そういう教師に防犯カメラの映像を管理させないようにすべき。
教師は、自分に不利な証拠映像はもみ消そうとするだろうからね。

 

 

親に問題行動を伝えても信用してもらえなかった。だから、証拠をとろうとした。

といったところではないのかな。
真相は分からないけどね。

 

なぜ共有フォルダに入れていたのか等、詳細がわかりませんが、カメラやビデオを後から見せることで、客観的に見られて行動を改めることは多々あります。

使い方にものすごく問題があったのでしょうか?

こんなニュースにされるほどなのでしょうか?

なんでもかんでもニュースになるのでは、先生になる人はどんどん減るでしょうね。

 

問題行動起こす教職員も居ますよね?学校にもカメラ必要だね~

 

ったく  なに考えてるんだか  最近の学校の先生って生徒の気持ちになって考えることが出来ないのが増えているのか  平気で暴言が吐く先生もいれば、先生自らいじめに加担したり。 どうなってるのか

 

いい加減教室に監視カメラ付けろよ。いじめの証拠も確保できるぞ。

確かに、35人もの子供達の統率を一人で取るのは大変です。

それでなくても、学校の業務は

ブラック企業顔負け、と言った一面も確かにあります。

ですが、個人をターゲットにして何かをするのは、

問題しか起きません。

意見にもあるように、防犯の意味も込めて各クラスに

カメラをつければ、ある意味、

自動も教員も、第三者の視点で自分を見つめ直す

ことができるかもしれませんね。

 

 

 

スポンサーリンク

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)