根津英滉!宝塚ボーガン事件!顔は?原因は?起訴の経緯も!

2020年6月に起きた宝塚市の殺人事件の容疑者が起訴されました。

この事件は家族3人をボーガンで撃ち殺し、1人に重傷を負わせたという悲惨な事件でした。

何度もニュースで報道されていたのを覚えています。

それでは、この事件の概要と起訴された経緯を見ていきたいと思います。

 

 

スポンサーリンク

 

ニュース概要

兵庫県宝塚市の民家で昨年6月、家族ら4人がボーガン(洋弓銃)で撃たれて死傷した事件で、神戸地検は22日、殺人と殺人未遂の罪で、同市の無職野津英滉容疑者(24)を起訴した。 【写真】女性刺され「助けて、痛い」 殺人未遂事件の様子生々しく  地検は昨年7月から、精神鑑定するための鑑定留置を実施し、2度延長していた。刑事責任能力を問えると判断したとみられる。  事件は2020年6月4日午前、野津被告の自宅で発生。5本の矢が4人に命中し、野津被告と同居する祖母=当時(75)=と弟=同(22)、近くに住む母=同(47)=が亡くなり、伯母(50)が重傷を負った。  兵庫県警は殺人や殺人未遂容疑で野津被告を逮捕。県警の調べに「私がクロスボウ(ボーガン)を使って矢を撃って、殺したことに間違いありません」と容疑を認めたという。

参照:https://news.yahoo.co.jp/articles/c5311d958e1acc8c32721ac4137d2f2788f18fdf

 

兵庫県宝塚市の民家で4人がボーガンで襲撃され3人が死亡、1人が負傷した事件で、5本の矢が4人の首や頭に刺さっていたことが5日、県警への取材で分かった。

 貫通していた矢もあり、殺人未遂容疑で現行犯逮捕された自称大学生の野津英滉容疑者(23)は近い距離から頭部を狙って矢を放ったとみられる。県警宝塚署捜査本部は強い恨みがあったとみて、動機やトラブルの有無を調べる。

参考:https://news.yahoo.co.jp/byline/usuimafumi/20200605-00181912/

この事件は、私立大学生の野津英滉(当時23歳)が自分の家族をボウガンで殺傷したという事件でした。

殺されたのは祖母と弟、近くに住んでいた母。

重傷を負ったのは、叔母。

叔母さんはわざわざ電話で呼び出して殺したようです。

打った後は呆然としていたとあるのでそうとう頭に血が上っていたのでしょう。

 

 

スポンサーリンク

 

容疑者の顔画像や写真は?

これは高校生の時の写真でしょうか?

大学は神戸市内の私立大に入学したという噂の野津さん。

一体家族と何があったのでしょうか。

助けを求められた近所の人は以前叔母さんからごんた孫で困っていると話していたと言っているそうです。

また、兄弟仲が悪く、中学生になったあたりから立場が逆転していたようです。

 

 

スポンサーリンク

 

亡くなった家族について

 

亡くなった家族は傍からは少し変わった家族と言われていたようです。

母親は根津容疑者が幼いころから別居していたそうで、周りからは家族の服装も変わっていたなど様々な評判が立っています。

 

 

 

スポンサーリンク

 

事件が起きた原因

 

目の前の一人への殺意なら、ケンカなどで瞬間的に湧き上がることもあるだろう。しかし、大量殺人「みな殺し」といった殺意は、一般的に長い時間をかけて醸成される。

彼らは、親や祖父母が、自分の頭の上の巨大な岩のように感じ、普通の抗議や反発程度ではどうしようもないと思い込む。

参照:https://news.yahoo.co.jp/byline/usuimafumi/20200605-00181912/

ボウガンのようなものを持ち出していることと、上記の記事のように大量殺人は長期的に殺意が熟成されるということから、ずっと殺意を抱いていたということになります。

撃った後はぼうっとしていたとあるのは実際に撃ってしまったことにに対する反応なのでしょう。

その時ばったりの殺意で殺傷したということではないようですね。

イメージ的には出来のいい弟とできの悪い兄の間の確執からの嫉妬という感じです。

長期的にストレスをため込み、何かがきっかけで爆発する場合、ストレスの原因の人物だけでなく、少しでも自分にマイナスの言動をしている人をも対象にすることが多いそうです。

例を挙げてみると、このような場合です。

父親にものすごく押さえつけられていてストレスを感じていて、母はいつもかばってくれる。でもその日だけ、母も自分に冷たい態度を取ってしまったら、もう自分の身方はいない、全員敵だとみなし、現状を打破する方法がそれしかないと思い込み、行動に移してしまうというものです。

 

 

スポンサーリンク

 

現場付近

 

 

起訴になった経緯

しばらく精神鑑定をしていたようですね。

2度も延長していたため事件が起こってからだいぶん時間がかかって起訴という形になっているのですね。

精神的に何か異常が認められた場合は、起訴されなかったのでしょうか。

精神鑑定の結果、刑事責任を負わせられると判断し、今回の起訴に至ったということです。

最後に

ボウガンで殺傷と聞くと耳を疑いたくなりますが、どうやらボウガンでの事件は多いようです。特に兵庫県で多発したため、ボーガンの所有を禁止することにしたようですね。

殺人事件の8割は夫婦や家族関係という統計も出ています。

少しでもこのような悲惨な事件を減らすためにはどうすればいいのでしょうか。

きちんとストレスを取り除ける場所があれば少しでも減るのでしょうか。

場合によるかもしれませんが、なるべく自分の中に閉じ込め過ぎずにしていきたいですね。

 

 

 

スポンサーリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)