嵩原ゆき乃と優力の顔やfacebook!シングルマザーを洗脳し売春させていた!東京板橋区

東京都内の自宅に20代の女性を住まわせ、およそ600回にわたり売春をさせていたとして、

嵩原ゆき乃(たけはらゆきの)容疑者と、夫の優力(ゆうき)容疑者が逮捕されました。

被害に遭った女性は、3歳の子供をもつシングルマザーでした。

嵩原ゆき乃容疑者と、夫の優力容疑者についてみていきましょう。

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 報道内容

東京都内の自宅に20代の女性を住まわせ、およそ600回にわたり売春をさせていたとみられる夫婦が逮捕されました。

警視庁によりますと、嵩原ゆき乃容疑者と夫の優力容疑者は、2019年から去年にかけ、26歳の女性を板橋区の自宅に住まわせ、男性客を相手に売春をさせた疑いがもたれています。

女性は、ゆき乃容疑者と動画投稿サイトを通じて知り合い居候していましたが、その後、高額な家賃を請求され、支払えなくなると「風俗で働け」などと言われ、売春をさせられたということです。

2人は、去年までのおよそ2年間で女性におよそ600回にわたり売春をさせ、860万円ほどを得たとみられ、そのカネは夫婦の結婚披露宴の費用などにあてていたということです。

調べに対し、2人は容疑を否認しているということです。

引用:https://news.yahoo.co.jp/

 

売春防止法違反の疑いで逮捕されたのは、東京・板橋区の無職、嵩原ゆき乃容疑者(33)と夫の優力容疑者(29)です。

嵩原夫婦は2019年から2年間にわたりSNSで知り合った女性に売春をさせた疑いがもたれています。

女性は3歳の子供をもつシングルマザーでしたが、嵩原容疑者は「子どもを預かる」などと言って自宅アパートに女性と3歳の子どもを住まわせたうえ、生活費などを請求。

「カネがなければ風俗で働け」とホテルなどで売春をさせていたということです。

女性は「1100万円以上を夫婦に渡した」と話しています。

嵩原容疑者は、「生活費としてお金はもらっていたが強制はしていない」と容疑を否認しています。

 

 

スポンサーリンク

 

 

嵩原ゆき乃のプロフィール・顔画像

名前:嵩原ゆき乃(たけはら ゆきの)

年齢:33歳

住所:東京都板橋区双葉町(都営アパート)

職業:無職

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 嵩原ゆき乃のfacebook

嵩原ゆき乃容疑者のfacebookを調べました。

名前で検索したところ、該当するアカウントは見つかりませんでした。

 

旧姓で利用している可能性もありますので、引き続き調べ特定されましたら追記致します。

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 嵩原優力のプロフィール・顔画像

 

名前:嵩原優力(たけはら ゆうき)

年齢:33歳

住所:東京都板橋区双葉町(都営アパート)

職業:自営業(防水工)

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 嵩原優力のfacebook

嵩原優力容疑者のfacebookを調べてみました。

 

すると1件、同姓同名のアカウントがあり顔写真も投稿されています。

しかし、今回逮捕された嵩原容疑者と同一人物だという確証がありませんので、こちらへの掲載は控えさせていただきます。

 

確証が取れましたら、掲載いたしますのでお待ちください。

 

【追記】

嵩原優力容疑者のfacebookの画像が報道されました。

引用:https://news.yahoo.co.jp/

 

これにより、嵩原容疑者のfacebookが特定されました。

 

 

基本情報の登録や投稿はありませんでしたが、

友達が251人と、交友関係が広い人物なのかもしれません。

 

登録されている友達から、嵩原ゆき乃容疑者を調べてみましたが、該当するアカウントはありませんでした。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 女性を洗脳していた?

 

 

嵩原ゆき乃容疑者と、優力容疑者は自宅に動画投稿サイトで知り合った女性(26)を住まわせ、

2年4カ月にわたり、計約600回売春させていたとみられています。

 

女性は少なくとも計約860万円を稼ぎましたが、

両容疑者は家賃名目で月12万~40万円を請求するなど、売り上げの大半を受け取っていました。

 

また、ブランド品や高級車の購入、結婚披露宴の費用に充てていたということです。

 

女性は2年の間、抜け出すことはできなかったのでしょうか?

 

ゆき乃容疑者は「売春していたことは知っていたが強制していない」

優力容疑者は「私と妻は売春させていない。本人が自発的にしていただけ」

と容疑を否認しています。

 

警察によると、女性は2人の支配下に置かれ、売春を強要されていたということですが、

600回なんて、とんでもない回数ですよね。

 

当初、女性を飲食店などで働かせていたようですが、その後、池袋の路上で男性に声を掛けさせるなどして売春させるようになったとみられています。

女性は「仕事中は子どもの面倒を見てもらっていた。(両容疑者の)家を出て生活する自信がなかった」と話しています。

 

生活保護や、援助の相談はできなかったのでしょうか。

 

これから、子供との生活を取り戻して欲しいと願います。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 世間の声

 

世の中は信じられない話多いなため息

 

 

酷い話だな!

他人を何でも信じていかん!

 

 

近年こうしたマインドコントロールで同居させての犯罪強要の事件が多いと思う。

弱い時に優しくされるとどうしても自分を見失ってしまうから気をつけた方が良い。

 

 

生活保護の方がましだわ。
アパートに住ませて詐取する人もいるけど
売春は進められないと思うので
相談しないとね

 

 

そんなお金で結婚披露宴して祝儀ももらって罪悪感のかけらもないんだろうね、シングルマザーの人も通常の感覚に戻れないかもしれない…人の人生を狂わした奴は一生出て来ないで欲しいわ

 

 

なぜマインドコントロールされてしまうのだろう。それほどシングルになって困っていたのだろう。かわいそうに。

 

 

結婚披露宴の費用に充てるって誰の?
もしかして自分たちの?
とんでもない鬼畜じゃ。

 

 

スポンサーリンク

 

 

1件のコメント

巻き上げたお金以上のお金や対価をこの夫婦は洗脳した女性に支払うことを裁判官は命じる必要性がある。
加害者にとことん厳しくしないとアホみたいな信じられない事件は少なくならん。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)