竹森幸三の顔やFacebook!大石朝美さん殺害動機は?自宅が近所だった?福山明王台主婦殺人事件


2001年2月6日に福山市の主婦、大石朝美さん(当時35歳)が腹部を刃物で刺され殺害された事件で20年越しで、犯人が逮捕されました。

男の名前は竹森幸三容疑者(67)です。

竹森幸三容疑者について調べましたので見ていきましょう。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 ニュース概要

 

20年越しに殺人事件の犯人が逮捕されました。

事件は01年2月6日に発生。同日午後1時ごろ、女性宅の非常警報装置が作動し、警備会社からの110番通報で駆けつけた警察官が、玄関近くの階段で死亡していた女性を見つけた。左脇腹には刃渡り約10センチの果物ナイフが刺さっていた。現場には容疑者が履いていたとみられるダンロップ製の靴(28センチ)の足跡もあった。

出典:https://news.yahoo.co.jp

 

事件は2001年2月6日のお昼過ぎ、主婦の大石朝美さん(当時35歳)が何者かに脇腹を刺され死亡してたものです。

 

速報です。2001年、広島・福山市明王台の住宅で当時35歳の主婦が殺害された事件で、警察は、容疑者を逮捕しました。  警察は、容疑者のものとみられるスニーカーや、凶器とみられるナイフなどを公開して、情報を呼びかけていました。  発生から20年間にわたって未解決だった福山市・明王台の主婦殺害事件ですが、容疑者を逮捕したということです。  県警は、このあと午後8時から記者会見をして、逮捕に至る経緯などについて説明することにしています。 【続報】 殺人の疑いで逮捕されたのは、 福山市西新涯町の無職 竹森幸三容疑者(67)です。 竹森容疑者は2001年、2月6日午後0時45分ごろ、福山市明王台5丁目で、被害者の腹部を果物ナイフで突き刺すなどして殺害した疑いがもたれています。 調べに対し「記憶にない」話しているということです。

出典:https://news.yahoo.co.jp/

 

当時、容疑者のものと思われるスニーカーや凶器のくだものナイフを公開して情報提供を呼び掛けていましたが、20年ものあいだ未解決となっていました。

 

しかし、事態は一転!

2021年10月25日の今日、犯人の逮捕となりました。

逮捕の経緯や決め手が気になりますね。

 

 

スポンサーリンク

 

 


竹森幸三のプロフィール!顔画像!

名前:竹森幸三

年齢:67歳

住所:福山市西新涯町

職業:無職(無職の前は造園業)

容疑:殺人

 

顔画像については公開されていませんでした。

逮捕の速報からまだ時間が経っていないので今後公開されるのではないでしょうか。

わかり次第こちらにも載せます。

 

追記

顔画像が公開されました。

出典:https://news.yahoo.co.jp/

 

 

 

スポンサーリンク

 

 


竹森幸三のFacebook!

 

 

Facebookで「竹森幸三」と調べてみたところ、1件だけアカウントを発見しました。

基本情報などの入力がなく、本人のものとは特定できない状況です。

他SNS含め容疑者のものがないか調査中です。

なにか新しくわかりましたらこちらに記載いたします。

 

スポンサーリンク

 

 


事件の詳細

 

事件の詳細についてこちらでまとめていきます。

 

2001年2月6日午後12時45分頃、大石朝美さん宅で非常警報装置が作動したため、

警備会社から110番通報、警察が現場大石さん自宅に駆けつけると、

大石朝美さん(当時35歳)が左脇腹にナイフが刺された状態で亡くなっていました。

 

大石さんの家族は夫(パチンコ経営)、長男6歳、長女9か月の4人暮らしで、

事件発生時は長女と2人でしたが、長女はけがなく無事でした。

 

大石さんの遺体には口に粘着テープが貼られ、

頭は陶器で殴られたような跡があったそうです。

 

 

スポンサーリンク

 

大石朝美さん殺害の動機は?

 

 

警察に対して「記憶にない」と答えているようです。

20年越しの逮捕、警察も確証を持っての逮捕だと思います。

 

20年も罪を償わず逃げておいて「記憶にない」とは、あまりにもひどいですね。

現在67歳とのことなので事件当時は47歳、被害女性との間になにかトラブルがあったのでしょうか。

 

警察は殺害の目的は不明としています。

今後続報が出るのを待ってこちらにまとめたいと思います。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

竹森幸三の自宅は広島県福山市!近所だった?

 

 

容疑者の住所は福山市西新涯町1丁目と報道されています。

事件があったのは福山市明王台5丁目です。

 

調べてみたところ、車で10分の距離!

こんな近くに犯人は住んでいたのですね。

 

どこか遠くへ逃げるなどの思考はなかったのでしょうか。

バレない自信があったのですかね。

 

 

容疑者の家族構成や生い立ちについてはこちらの記事にまとめています。


スポンサーリンク

 

 

 世間の声

 

ホント時効がなくなって良かった。時効があればもう罪に問われない。
この法改正はアッパレ。
法改正も国民生活に密接する事から改正して欲しい

 

20年も経って逮捕ならば
新証拠や新証言の可能性は低いはず

証拠として残されたDNAや指紋が
別件で逮捕された犯人でヒットしたのか

殺人事件の時効が撤廃されていて本当に良かった・・
逮捕だから裁判→収監なんだよね?

 

この事件、気になってました。「事件当時は少年で、その後情報が出てこない」という事がないように願いたい。

 

20年越しとは!執念の逮捕ですね!

 

絶対に捕まらないと思ってました。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)