田中瑠名(新潟長岡市)の顔,Facebook特定!古川澄果(7か月)を殺害!原因は育児疲れ?自身は自殺未遂?


またもや悲しい事件が発生しました。

なぜ親が我が子を殺害したのか…。

7か月というととてもかわいい時期でもありますが手のかかる時期でもあります。

容疑者である母親の田中瑠名容疑者は育児ストレスが原因で我が子を殺めたのでしょうか。

事件の詳細を調べてきました。

 

 

スポンサーリンク

 

事件の概要

 

生後7カ月の娘を窒息死させたとして、群馬県警は26日、新潟県長岡市飯塚、無職田中瑠名容疑者(31)を殺人の疑いで逮捕し、発表した。「間違いありません」と容疑を認めているという。  捜査1課によると、田中容疑者は昨年4月23日午前、群馬県太田市大原町にある田中容疑者の当時の自宅で、古川澄果(きよか)ちゃんの鼻や口を手でふさぐなどして窒息死させ殺害した疑いがある。  同日、太田市内の病院から太田署に「女児が救急搬送された」と連絡があった。太田市の自宅を訪れた警察官に、田中容疑者は「意識がない娘を発見したので119番した」などと説明していた。翌24日、田中容疑者が夫に伴われ署に出頭。「娘に手をかけてしまった。鼻と口を押さえ続けたらぐったりした」と供述したという。  田中容疑者は、当時結婚しており、太田市に住んでいた。その後、離婚して現在は新潟県に住んでいるという。田中容疑者は昨年6月に自宅で負傷し、前橋市内の病院に入院していた。4月26日になって退院したため、逮捕したという。県警は動機などについて詳しく調べる方針。

引用:https://news.yahoo.co.jp/articles

 

非常に悲しい事件が発生してしまいましたね。

この様な事件を見る度に心が苦しくなります。

事件は昨年4月23日午前、群馬県太田市大原町にある田中容疑者の当時の自宅で、

古川澄果(きよか)ちゃんの鼻や口を手でふさぐなどして窒息死させ殺害した疑いがある。

 

 

容疑者は「娘に手をかけてしまった。鼻と口を押さえ続けたらぐったりした」と

容疑を認めています。

 

産後うつかな…
誰にも頼れず、コロナででにくく、
夜泣き夜泣き夜泣き、、

誰かちょっとでも赤ちゃんを一日数時間でも
見てくれる人がいたら良かったと、

残念です。

この様な意見もあることから産後鬱の可能性もあり周りの環境も相まって

一人で抱え込むようになったのかもしれません。

 

 

そしてその抱え込んでいたものが爆発し一時の感情で最愛の娘でもある

古川澄果(きよか)(7か月)ちゃんを殺めてしまったのかもしれません。

 

 

容疑者は離婚後、実家に帰っていたが自宅で負傷しとの事で後悔からか

自ら命を絶とうとした可能性も考えれますね。

自身が死ぬことで責任を終える事ではないのでしっかり容疑者には生きて

責任を取っていただきたいのと被害者でもある娘の分まで生きてもらいたいですね。

 

 

夫は非常に悲しい思いと驚きがあったでしょう。

もしかすると初めての子だったかもしれない娘が冷たい姿で転がっている…。

通常であれば悲しみと怒りが込みあがり冷静に入れないと思います。

 

 

スポンサーリンク

 

 


容疑者のプロフィール

名前:田中瑠名

年齢:31

職業:無職

住所:群馬県太田市大原町(事件当時)

罪名:殺人の疑

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 


犯人(容疑者)のfacebook特定!

 

 

 

こちらの方で、facebook上で名前検索を行ったり

また、それに該当しそうな人物の手がかりから

特定を試みました。

しかし現状として、該当人物に関するfacebookの

情報は判明することができませんでした。

 

今後mikonewsの方で調査次第、何かしら手がかかりや

アカウントが判明次第、追ってお知らせしていきたいと思います。

もう少々お待ちください。

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 


児童虐待の動機とは?

 

 

 

 

 

動機は一体なんなのでしょうか?

 

子供の虐待には4つのくくりがあると言われているそうです。虐待と言っても、家庭によってその内容は異なります。厚生労働省では虐待の種類について、4種類に分けて定義しています。今回は、厚生労働省の定義に沿って児童虐待の種類を4つご紹介します。

 

 

①身体的虐待

殴る、蹴る、投げ落とす、激しく揺さぶる、やけどを負わせる、溺れさせる、首を絞める、縄などにより一室に拘束する など

(引用元:児童虐待の定義と現状|厚生労働省

 

「児童虐待」と聞くと、まずはこれらの身体的虐待の様子が頭に浮かぶ人も多いでしょう。子供に対して親が暴力を振るってしまうニュースは多くみると思います。

 

また、身体の自由を拘束することも児童虐待であるとされています。縄による締め付けなどは体の自由を制限や、骨を歪めるなど成長へ影響を及ぼす恐れもあるでしょう。

 

②性的虐待

 

厚生労働省では以下のような行為を、性的虐待であると定義づけています。

子どもへの性的行為、性的行為を見せる、性器を触る又は触らせる、ポルノグラフィの被写体にする など

引用元:児童虐待の定義と現状|厚生労働省

親族や教師親などの性的虐待などすべてを含みます。親だけではなく、家庭教師先の先生というケースもあったそうです。

 

 

 

③ネグレクト

 

厚生労働省では以下のような行為を、ネグレクトであると定義づけています。

家に閉じ込める、食事を与えない、ひどく不潔にする、自動車の中に放置する、重い病気になっても病院に連れて行かない など

引用元:児童虐待の定義と現状|厚生労働省

 

ネグレクトは家庭虐待です。主に保護者がふるってしまう児童虐待であると言えるでしょう。保護者とはその名前の通り、子供を保護する立場の人です。子供が健やかに育つために必要な環境を意図して与えないような行為は、ネグレクトであると言えるでしょう。

 

 

 

④心理的虐待

厚生労働省では以下のような行為を、心理的虐待であると定義づけています。

言葉による脅し、無視、きょうだい間での差別的扱い、子どもの目の前で家族に対して暴力をふるう(ドメスティック・バイオレンス:DV) など

引用元:児童虐待の定義と現状|厚生労働省

 

子供に対して強い言葉を向けることはもちろん、ほかの兄弟への攻撃的な態度も心理的虐待に含まれるため意味は広義にあたります。

 

また、両親同士による喧嘩も子供に大きな心理的ダメージを与えてしまいます。子供に対して、心理的に虐待は起こってしまうのです。両親同士による暴力行為を始めとした夫婦喧嘩も子供に大きな影響を与えます。

 

 

 

 

以下4つであると考えられております。今回は③番目のネグレクトが最もな要因であると考えられます。

 

 

そして気になる動機ですが、

 

・イライラした

・いうことを聞かなかったから

・ストレス発散

・日常的に殴っていた

・むしゃくしゃした

 

といったいくつかの理由があてはままりそうです。

 

 

スポンサーリンク

 

SNS上の声

 

産後うつかな…
誰にも頼れず、コロナででにくく、
夜泣き夜泣き夜泣き、、

誰かちょっとでも赤ちゃんを一日数時間でも
見てくれる人がいたら良かったと、

残念です。

 

さんごうつは本当その時になった人しかわからない辛さがある。
周りの同じ時期の子供と比べて寝ない食べないだの、泣き止まないだの…
初めての子育てなら尚更参考にできる存在が近くにないから余計分からなくなる。
そばで助けて欲しい旦那も寄り添ってくれればまた違う方向性が開けるけどこの方の環境はどうだったのだろう。
私は初めての出産の時旦那がずっと東京に行っていて月一帰宅すると娘が旦那に人見知りして大変だったり夜中が酷すぎる子だったし昼夜問わず寝てくれず自分の睡眠も1.2時間が普通。
辛い思い出しかなかったけど5歳になった今は弟をとても可愛がるお姉ちゃんになりました。
あの時辛かった思い出も時間がたてば思い出となる。
でもそれまでが辛いからなんとかいろんなサポートが叶う環境にいれると産後うつも少なくなりそうだなぁと。

 

厚労相は虐待だと思ったらすぐに通報するようにすれば減ると思った。しかし逆に通報を恐れるあまりに親がノイローゼになり心中事件は増えた。子供は泣くの当たり前なんです。

 

産後うつ病とか精神的に追い詰められることはあります。
そういう時は周りの声も入りません。
信頼できる、寄り添ってくれる人がいればよかったのにと思います。

 

 

 

スポンサーリンク

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)