【ドラレコ全映像】谷口将也の顔やFacebook!勤務先の会社や家族(妻・子供)は?バイクであおり運転,広島


バイクで普通乗用車の道をふさぎ、ボンネットをたたくなどしたとして谷口将也容疑者(34)が逮捕されました。

容疑者について調べてみましたので見ていきましょう。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 ニュース概要!ドラレコ映像全容は?

依然として減らない”あおり運転”。9日、バイクで普通乗用車の道をふさぎ、ボンネットをたたくなどして逮捕された男の犯行の一部始終をカメラが捉えていました。 これは、先月12日広島市南区の国道で撮影されたドライブレコーダーの映像です。 後ろから迫ってくる大きなエンジン音…。すると、こちらを睨みつけながら車の左側をバイクが追い越し急停車しました…。バイクを降りて運転手がこちらに向かってきます。 (車の同乗者)「どうしたん?なんかあったん?」 (車の運転手)「どうしたん?」 (バイクの運転手)「どこ見て出てきとんや!」 運転席の窓ガラスを殴打、さらに次の瞬間! ドン!(ボンネットを殴る音) 思い切りボンネットを叩きつけました。 その後、男は再びこちらを睨みつけ立ち去っていきました。 現場は片側3車線の通行量が多い道路、一体何があったのでしょうか。 被害に遭った男性は当時の状況をこう振り返ります。 【被害に遭った男性(50代)】 「すごい所でとめるなと思った。後続車も当然いることですし、前をふさがれて車線を変えようと思ったが隣も走っていて変えられない。逃げ場がない状況にされて、それで降りてくるわけですから不安だった」 殴られたボンネットは大きくへこみ、被害額はおよそ10万円になるといいます。 【被害に遭った男性(50代)】 「安全確認して出たつもりだったけどそれが不十分だったんだろう、原因は。気に入らないといって暴力で訴えるのは理解できない」 警察はドライブレコーダーの映像などから犯人を特定。9日、妨害運転などの疑いで広島市安芸区の谷口将也容疑者(34)逮捕しました。 調べに対し谷口容疑者は「まったく身に覚えがありません」と容疑を否認しています。 【被害に遭った男性(50代)】 「ドライブレコーダーをつけていてよかった。これ以上力強い予防策はない。嫌な思いをしたときには警察でしかるべき処置をしてもらえることが分かった」 依然として減らない悪質なあおり運転…。県警は、被害に遭った場合は車外に出ずに、すぐに110番通報してほしいと呼び掛けています。

出典:https://news.yahoo.co.jp/

 

先月12日、広島市南区の国道で「あおり運転」をし、

停車した車の窓ガラスやボンネットなどを叩いたとして

谷口将也容疑者34歳が逮捕されました。

 

警察はドラレコ映像から

あおり運転と認定し、逮捕に踏み切りました。

 

しかし、容疑者はまったく身に覚えがないと話しています。

 

ヤフコメでは車側がいきなり合流してきた

経緯があったのでは?との声もありましたが

仮にそうであったとしても

道路でいきなり停車させ、

ボンネットなどを破壊するような行為は

認められるものではありません。

 

ドラレコ映像は以下のリンクから見れます。

ヤフーの記事

 

警察はあおり運転の被害に遭ったら

すぐに110番するようにと呼び掛けています。

 

容疑者のプロフィールから見ていきましょう。

 

 

スポンサーリンク

 

 


 谷口将也のプロフィール!顔画像!

出典:https://news.yahoo.co.jp/

 

名前:谷口将也

年齢:34歳

住所:広島市安芸区畑賀町

職業:自称・派遣社員

容疑:「妨害運転」「暴行」「器物損壊」の疑い

 

 

 

スポンサーリンク

 

 


 谷口将也のFacebook

 

Facebookにて「谷口将也」と調べると

たくさんの同姓同名アカウントが見つかります。

 

現段階では容疑者と思われるアカウントは

見つかっていません。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 


 勤務先の会社はどこ?

 

容疑者は自称派遣社員とわかっています。

 

詳しい情報がないのでどういった派遣の仕事か

調査してもわかりませんでした。

何か詳細がわかればこちらにも記載していきます。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 家族(妻・子供)は?

 

 

34歳であれば結婚もしているかもしれません。

しかし、SNSなども特定されていないので

家族については何もわかりませんでした。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 世間の声

これだけ世の中にあおり運転の映像が出回っていて、ドライブレコーダーがついているだろう事を思うと、こういう行為はほとんど証拠に残る可能性が有るのに、それでもやってしまう人がまだまだいるんですね。こういう人にとっては、公道は自分の道で、自分が走っている場所やスピードを少しでも何かに影響されるのを嫌うのか、何をやってくれてるんだとなって、一言二言三言を言ってやりたい、車を叩きたいの衝動が抑えられないんですかね。まあどっちにしろ、完全に身に覚えは有るので、しっかり罰を受けましょう。

 

バイクの運転手も全く見に覚えがないと白を切らず、やったことを認めつつも経緯を説明すればいいのに。車の運転手が安全確認して出たつもりと思い当たるところがあったようだから言葉ほどの安全確認はきっとしていなかったはず。
勿体ないよ。。。

 

ドア閉めろカギ閉めろでは足りないと思います。実害を加えられてからでは遅い。憲法9条そうですが、個人の正当防衛も広く認めるべきなんですよ。

 

人間には2通りの人間がいる。ドラレコが抑止力になるか否かだ。腹が立ってもドラレコを確認したら忘れ物を思い出したように現場を離れるだけの冷静さは持ち合わせてほしい。

 

こういう人に免許を再取得させないだけでなく、車やバイクの所有自体を禁止する法律を作ってほしい。

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)