立川事件犯人の家族が過保護でサイコパス!父親のタクシー会社特定?羽村市


東京立川市のホテルシティーで起きた、男女2人殺傷事件で

派遣型風俗店に勤める守屋径(こみち)さん31歳が、刃物で全身をおよそ70カ所刺され、亡くなられ

助けに駆けつけた同僚の25歳男性も腹を刺され、重傷となっています。

逮捕されたのは、東京都あきる野市に住む19歳の少年(加藤聖哉)です。

おおよそ20時間の逃走をし、公園で野宿をして過ごしていました。

凶悪事件を起こした加藤聖哉少年とはどのような人物なのでしょうか。

犯人の素性も合わせ、事件の詳細をみていきましょう。

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

立川殺人事件犯人・19歳少年が逮捕(名前や顔が週刊文春で公開)

 

 

 

東京・立川市の男女2人殺傷事件。

逮捕された19歳の少年の、犯行後の行動が明らかになった。

東京・立川市で起きた、男女殺傷事件。

逮捕された少年の新たな供述がわかった。

「風俗の人は、いなくなっていいと思った」。

事件は1日、東京・立川市のホテルで起きた。

派遣型風俗店に勤める31歳の女性が、刃物で全身をおよそ70カ所刺され、死亡。

駆けつけた同僚の男性(25)も腹を刺され、重傷となっている。

この事件の容疑者として逮捕されたのは、19歳の少年。

2日午前、羽村市で原付バイクに乗っていたところを警察官に発見された。

その後の調べで、事件当日の夜は、羽村市内の公園のベンチで過ごし、翌朝、血がついた服をコンビニのごみ箱に捨て、その店で買ったTシャツを着ていたとみられている。

被害に遭った男女と面識はなかったとみられている、この少年。

なぜ、残忍な事件を起こしたのか。

調べに対し、「人を殺す海外の動画を見て刺激を受けた」などと話したほか、こんなことも供述しているという。

「風俗は少子高齢化を促進させる。風俗の人はいなくなっていいと思った」。

事件当日も、親族と普段通りの会話をしていたという19歳の少年。

小学校の卒業文集には、「宇宙飛行士にオレはなる」とのタイトルで、将来の夢を書いていた。

取材に応じた親族によると、少年が中学生の時、教師との関係がうまく築けず、様子が変わってきたという。

警視庁の調べに対し、「俺なんか生まれてこなきゃよかった」、「死にたかった」などと話していることがわかった。

派遣型風俗店に勤める31歳の女性が、刃物で全身をおよそ70カ所刺され、死亡し、

駆けつけた同僚の男性(25)も腹を刺され、現在も、重傷とのことです。

羽村市で原付バイクに乗っていたところを警察官に発見され、逮捕されました。

事件当日の夜は、羽村市内の公園のベンチで過ごし、翌朝、血がついた服をコンビニのごみ箱に捨て、その店で買ったTシャツを着ていたとみられています。

引用:FNN

 

立川事件の犯人・19歳少年は、6月2日午前、東京羽村市で原付バイクに乗っていたところを警察官に発見され逮捕されましたが、

事件当日の夜は、羽村市内の公園のベンチで過ごし、野宿をしていたことがわかっています。

 

またその翌朝、血がついた服をコンビニのゴミ箱に捨て、コンビニで購入したTシャッツに着替えていたそう。

また、自さつを試みたが出来なかったと話しているそうです。

自暴自棄になり犯行後は逃げるように自○未遂とは、身勝手な人物です。

 

どんな家庭環境で育ち、この少年に何があったのでしょうか。

 

19歳犯人の小学校の卒業文集が発見されています。

そこには、夢見るどこにでも居る少年のような印象を受けました。

「宇宙飛行士にオレはなる」

 

と将来の夢を大きく語っていました。

 

では、立川事件犯人19歳少年は、いつから、このような曲がった人格になってしまったのか、、、

 

事件に対し、19歳犯人の、母親は取材に答えていますが、父親はいまだに、一言もありません。

 

タクシー会社勤務しているため、仕事に支障があるのでしょうか。
その為、母親のみが対応した可能性もありますね。

 

両親も生活がありますからね、、、働かねばいけませんが。

 

しかし、息子が残ぎゃくな事件をおこしても、なんの謝罪もないとは、、、、

 

一人の命を奪っているのです。

何かしらの対応は必要ではないのでしょうか。

 

 

父親こ勤務先がタクシー会社ということで、調べてみました。

 

犯人の名前や顔についてはこちら


 

スポンサーリンク

 


追記:立川19歳犯人が再逮捕

 東京都立川市のホテルで男女が刺され死傷した事件で、相模原市の風俗店店員の女性(31)を刺殺したとして、警視庁は23日、殺人などの疑いで、東京都あきる野市の無職の少年(19)を再逮捕した。

引用:https://news.yahoo.co.jp/

東京都立川市殺人事件、あきる野市19歳犯人が、6月23日
殺○などの疑いで再逮捕されました。

 

スポンサーリンク

 

 


立川殺人事件犯人父親のタクシー会社特定や名前は?

 

 

 

立川殺人事件の犯人である19歳の父親は、タクシー会社に

勤めていることがわかっています。

近所の方の証言もあり、確実な情報だと思います。

 

そこで犯人の父親が勤務しているタクシー会社がどこなのか、

自宅のある、東京都あきる野市近辺のタクシー会社を調査しました

秋川交通

横川観光(株)

(株)リーガルマインド 本社

寿タクシー

(株)イロハ(虹巴)

敬愛介護タクシー

かすみ福祉タクシー|全日本通産株式会社

 

多くのタクシー会社が見つかりました。

介護タクシーや観光タクシーもありますので、

(株)リーガルマインド 本社

秋川交通

寿タクシー

などの可能性が高いですね。

 

しかし、この中で、気になったのが、秋川交通。

 

秋川交通のみ

臨時休業

となっています。

2日前までは、会社の評価があり、営業していたようです。

 

理由がわかりませんが、

もしかすると、立川市事件19歳犯人の父親が、秋川交通で働いていて、今回の事件で、

急遽臨時休業になったという可能性も考えられます。

 

しかし、憶測であり、特定ではありませんので、今後も引き続き調査いたします。

 

何か分かり次第、お知らせいたします。

 

家族についてはこちらをどうぞ

スポンサーリンク

 


立川殺人事件犯人家族・両親は過保護!息子はサイコパス!

 

 

引用:FNN

 

加藤少年は、事件当日、何の変化もなく、親には仕事に行くと話し、自宅を出ました。

 

しかし、犯人の父親らは、夜になっても帰宅しないことを心配に思い、19歳の息子に電話をしたそうです。

 

息子は19歳、もう一人で判断のできる年齢でもありますので、少し違和感がありますね。

 

 少年の母親:「きのう(事件当日)は仕事に行くと言って朝8時すぎに出掛けて行きました。夜になって帰宅しないため、心配して電話やLINEをしてもつながらないし、既読にもなりませんでした。主人の電話には出ましたが、『何もしゃべらずに切られた』と話していました。心配していた矢先に刑事さんが家に訪ねてきました。暴力的というのは全くありませんでした。事件のことは本当にショックで何とも言えません。亡くなった女性には申し訳なくて、なんとおわびをしたらいいのか分からない」

引用:テレ朝

 

また普通であれば、こんな状況で、家族と話そうとは思いませんよね。

 

ですが、少年は、何かにすがる思いだったのでしょうか。

 

父親の電話に出たと言います。

しかし、会話はなく、何もしゃべらずに切られたそうです。

自分勝手なことが伺えますよね。父親の電話は出るが無言、、、

また、近所の方の証言ですと、両親は気さくな人柄で近所からの評判は良かったそうです。

 

また、この母親は心配性でもあるかと思いますが、

電話やLINE、、、

 

19歳の息子を心配する両親の様子や行動から、甘やかして、手をかけていたことが想像されますね。

 

大分過保護に育てられてきたのではないでしょうか。

 

そして、生活力のない加藤少年は、気さくで優しい両親に甘え生きたきたのでしょう。

 

そして、自分の起こした事件を、まるで同情してもらうかのように、自虐的な言葉を漏らしています。

 

「俺なんか生まれてこなきゃよかった」、

「死にたかった」

 

自分の罪を反省するどころか、子供じみたこのような発言は、

甘やかされた結果であり、自分を守る手段にすぎないと感じてしまいます。

 

本当に、生きることに悩んでいる人は、このような言葉さえも、きっと口にはしないはずです。

 

発言に責任がなく、自分勝手で周りと調和ができないという素性、、、

 

 

「人を殺◯海外の動画を見て刺激を受けた」

「風俗は少子高齢化を促進させる。風俗の人はいなくなっていいと思った」

 

世の中おかしい

日本に生まれて損をした

 

また、このような意味不明な発言も、まさにサイコパスな人物であることを感じさせますね。

 

家庭環境が深く関係していた、岡庭由征容疑者とどこか共通点のあるようにも感じますね。

 

残ぎゃくな事件の内容や、サイコパスな発言。

 

やはり、家庭環境は大きく関係していると思われますね。

 

立川殺人事件の中学校についてはこちら

 

被害者の詳細はこちら

 

スポンサーリンク

 

立川事件犯人19歳少年が野宿した公園はどこ?特定で場所は?

引用:FNN

 

加藤少年は逃走後、羽村市の公園で野宿をし、一晩過ごしていました。

 

では、どこの公園だったのでしょうか。

身柄を確保された、羽村市周辺の公園を調べてみました。

 

江戸街道公園

あさひ公園

富士見公園

やまぶき児童公園

羽ヶ上公園

武蔵野公園

ペリカン児童公園

グリーントリム公園

羽加美緑地公園

根がらみ坂公園

根がらみ坂公園

あけぼの杉児童公園

踊子草公園

神明台公園

けやき児童公園

どんぐり山児童公園

崎公園

宮前自然公園

 

複数の公園がありました。この中の公園でしょう。

しかし、現時点では情報が少ないことから、特定はできていません。

 

殺○人犯が近くの公園にいたら、、、考えただけでも恐怖でしかありませんね。

 

自さつを図っていたこともわかっていますが、それからも逃げ、辿り着いたのが公園。

どんな気持ちで夜を過ごしたのか、想像もできませんが、

何も考えられず途方に暮れていたことでしょう。

 

犯人の、実名や卒アルについてはこちらでまとめました。

 

スポンサーリンク

 

 

世間の反応

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

少年法で未成年を無駄に守ったりするから、未成年の子たちに誤った認識を与えてしまっているのではないか?と思ってしまう。
例え未成年でも人の命を奪えば厳罰となるという事をしっかりと伝えて欲しい。
自分だけではなく親にも友達にも、自分では気づかなかった周囲の人も傷つけ、迷惑をかけ、どれだけ大変なことになるかが少しでも伝われば抑止力となり心の成長にもなると思うのだが…。

 

スポンサーリンク

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)