【東大事件】父親は開業医で病院はどこ?|東海高校殺傷事件

東海高校 犯人 顔

東京大学の試験会場前で起こった殺傷事件で、

犯人の少年(17)の父親に注目が集まっているようです。

少年は医者になりたくて東大を目指していましたが、「父親も医者」「開業医」という情報が出回っています。

今回は少年の父親について、ふれていきたいと思います。

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 父親は開業医?

犯人の少年は、医者になるために東大を目指していました。

子供が医者になりたいというケースでは、親も医者である家庭が多いですよね。

 

そのため、「少年の父親も医者なのでは?」という噂が浮上したようです。

 

父親に関するある書き込みがありました。

 

実家は開業医。父親は名市大医学部卒。
過去に菊里高校落ち。

引用:爆サイ

 

少年の父親は開業医、さらに父親は名古屋市立大学の医学部を卒業している。

という書き込みがありました。

大学名まで出ているので、父親を知っている人物なのかもしれませんが、

ネット上の情報ですので、事実ではない可能性が高いですね。

 

別の書き込みには、父親は勤務医だという情報があります。

 

東海高校 父親が勤務医、家系は開業医

2年で修学旅行委員、学校のHPに写真と名前出ていたけど現在学校のHPは見ることが出来ない

引用:爆サイ

 

このように、「開業医」「勤務医」という情報が出ています。

一体どちらなのでしょうか。

 

誰でも書き込むことができるネットの掲示板では、

様々な情報が次々に出てきます。

 

 

現時点で、メディアは父親に関する情報を公表していませんので、

これらの情報は、鵜呑みにせずにひとつの情報として受け取っておくほうが良さそうです。

 

今後、報道にて父親に関する情報が公開され次第、

こちらにも掲載していきます。

 

 

【追記】

デイリー新潮にて、少年の父親の職業は「大学の職員」と報じられました。

こちらでまとめています。


 

 

 

 

少年の顔や実名についてはこちらの記事でまとめています。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 


 父親の勤務する病院名は?

少年の父親は、「開業医」なのか「勤務医」なのか、特定にはいたっていないものの、

医者であるという情報は気になりますね。

 

病院名について、5ちゃんねるでも特定の動きが出ていますが、

現時点で明確な情報は特定されていないようです。

 

父親だけでなく、親族も医者であれば、子供の頃から医者になることが当たり前のように育ってきたかもしれません。

少年はこのように話しています。

「医者になるために東大を目指していたが、成績が上がらず自信を失くしていた。自殺する前に人を殺して、罪悪感を背負って切腹しようと考えるようになった」

 

 

医者=東大

東大に入れない自分はダメな人間

 

と自分を否定し、他人と比べ劣等感を感じていたことでしょう。

 

中学校では常にトップの成績だった少年は、休み時間にも勉強をしていたそうです。

 

 

温厚で誰にでも優しくて。まだ信じたくない。そんなことするような人じゃなかった」

 

中学校の同級生は、少年についてこのように語っていました。

 

少年がもっと違う夢を持てたら、

こんな事件は起こらなかったのかもしれません。

 

少年が通う高校についてはこちらの記事でまとめています。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 


子供を洗脳する毒親だったか

 

今回の事件で、少年の親に対するツイッターの声を集めました。

 

 

一般的に毒親は、

・子どもを否定する

・過保護・過干渉

・放置する

 

といった特徴があるそうです。

 

少年は犯行直後、自分を否定する言葉を口にしていたことが、

近くにいた東大生の証言から判明しています。

 

親子関係については推測することしかできませんが、

少年は、

「来年、東大を受験する予定だったが、勉強しろとの圧力が強く、勉強が嫌だった。東大を受験するなら、東大で事件を起こそうと思った」

と供述しています。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 


 世間の声

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)