東海高校犯人の父親は大学職員!どこの大学?家族構成は父・母・兄弟4人と判明【東大殺傷事件】


15日、大学入学共通テストの会場である東京大学農学部正門前の歩道で、

受験生を含む3人が突然切りつけられた事件で、少年の父親の職業は、大学の職員ということが分かりました。

どこの大学なのか、また家族構成についてまとめていきます。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 少年の家族構成が判明

引用:https://news.yahoo.co.jp/

 

受験生3人を殺傷した17歳の少年の家族構成についての情報が入ってきました。

少年は、父親・母親・きょうだい4人。

少年は長男でした。

きょうだいの性別は分かっていませんが、兄がこのような事件を起こしてしまい、

他のきょうだいの精神的な負担は大きいでしょう。

長男が高校2年生の17歳ですから、一番下のきょうだいは小学生や中学生という可能性が高いです。

 

 

 

詳細な情報が入り次第、追記していきます。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 


 父親の勤務する大学はどこ?

 

デイリー新潮にて、少年の父親の職業は、『大学の職員』ということが判明しました。

 

彼のお父さんは地元の大学で職員をされていて、お母さんは専業主婦だったと思います。4人きょうだいの長男である彼は、中学校でも成績が抜群に良かった。

引用:デイリー新潮

 

 

父親は地元の大学の職員ということで、名古屋市内の大学を調べてみました。

 

・名古屋市立大学

・名古屋女子大学

・名古屋学院大学

・金城学院大学

・同朋大学

・東海学院大学

・愛知みずほ大学

・大同大学

・名古屋工業大学

・名古屋学芸大学

・中京大学

 

名古屋市内だけでも複数の大学が存在しているため、

現時点での少ない情報で特定するのは難しそうです。

 

少年は「医者になるために東大へ行く」と言っていたことからも、

親の職業も医者ではないかと推測されていましたが、これらがデマであることが分かりました。

「開業医」「勤務医」だという情報や、父親の出身大学まで出ていましたが、

それらもデマだったということです。

 

さらに、両親は進学先にこだわりはなく、少年が中学3年生の頃に、

「絶対に東大に行きたい」

「理IIIに合格したい」

と口にするようになったそうです。

 

これは少年が書いた中学校の卒表文集です。

 

 

引用:デイリー新潮

 

 

 

わたしは三年間の中学校生活で、行事や部活動、

その他色々なことを経験しましたが、やはり「勉強」といものが一番長く経験したものであり、

自分をときに苦しめたものであり、助けてくれたものでもありました。

自分が本格的に勉強を始めたのは小学四・五年生ぐらいでした。

とは言ってもテストの前は三時間もやっていなかったので平均点よりちょっと上ということばかりだった覚えがあります。

中学校では、そんな自分や自分の学習態度・考えが変わることがありました。

まず順位というものが、自分に大きな影響を与えました。

特に二年生の時、大暴落を受け心が折れかけたことがあります。

しかし、逆にそれがきっかけになり、後の学習態度や方法が一層され上位に追い…

引用:デイリー新潮

中学二年生の時に、心が折れかけたことがあるそうです。

そのことがきっかけで、勉強方法が一層されたということですから、

悔しいという思い、もっと自分ならできるという前向きな気持ちだったのでしょう。

 

しかし、東大には行けないと分かり、将来が見えなくなったのかもしれません。

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 


 世間の声

 

 

 


1件のコメント

失礼かも知れぬが小学校4年5年で3時間も試験勉強して中位という時点でこの子の限界はほぼ見えている。 何もやらんでも小学校時代はクラスで一番か二番の成績を取る地頭の子が東海には多いだろうから、未だ2年なので大して頑張っている様に見えない生徒も多い東海でこの子が中位というのは出来過ぎの結果だと思います。 勉強しなくとも自分より遥かに成績が良い人間が沢山いる事実を認めて自分はどうするのが最善か考える力がなかった訳ですが、人にとって最も重要な「環境に適合して生きていく」経験と能力が皆無だったのでしょう。 今の幼稚園から大学までの教育制度の大いなる欠陥ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)