東海高校事件の犯人|実名や顔特定は?親も医者でエリート一家だったか…東大殺傷事件

東海高校 犯人 顔

東京大学の前で大学入学共通テストの受験生ら3人が刺された事件で、

逮捕されたのは、名古屋市の高校2年の少年でした。

少年が通っている高校は、愛知県名古屋市にある『東海高校』と特定されたようです。

 

犯人の実名や顔画像、さらに親も医者ではないか?という情報についても調べてみました。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

 犯人の少年(17)が通うのは『東海高校』

 

 

文春にて、少年が通う高校は『東海高校』と報じられました。

「男子生徒の所持品に、東海高等学校の生徒手帳があったことから、同校の生徒だとして捜査しています。昨日自宅を出て、家族からは失踪届が出されていました。東京へは名古屋からバスで来たと供述している」

引用:文春

 

東海高校

愛知県名古屋市東区筒井1丁目2−35

 

 

 

東海高校といえば、偏差値75の進学校です。

卒業生の中には、1月9日に逝去した海部俊樹元内閣総理大臣以外にも、有名人が卒業しています。

 

引用:みんなの高校情報

高須クリニックの院長や、予備校の林先生も東海高校の出身だったんですね。

 

事件後、東海高校前には、報道陣が集まっていました。

 

 

 

逮捕された男子生徒が通う東海高校からコメントが発表されました。

 

《本校は、もとより勉学だけが高校生活のすべてではないというメッセージを、授業の場のみならず、さまざまな自主活動を通じて、発信してきました。

(中略)「密」をつくるなという社会風潮のなかで、個々の生徒が分断され、そのなかで孤立感を深めている生徒が存在しているのかもしれません。

今回の事件も、事件に関わった本校生徒の身勝手な言動は、孤立感にさいなまれて自分しか見えていない状況のなかで引き起こされたものと思われます》

引用:文春

 

事件当日は、東海高校で「実力考査」の最終日でした。

 

「彼が無断欠席した14日は、ちょうど実力考査の最終日でした。この結果で3年次のクラス分けがされます。東海は学力別にA群、B群と分かれます。A~C組が理系A群、D組が文系A群、E組以降が理系B群と文系B群といった感じです。もしかしたら彼は理系B群になるのが嫌だったのかもしれません」

引用:文春

東海高校では学力による差別はないものの、大きなプレッシャーになっていたのでしょう。

成績が思うように上がらない少年に対し、担任は激励していたそうです。

 

 

 

「医者になるために東大を目指していたが、成績が上がらず自信を無くしていた」

そう話す少年。

中学校や塾ではトップクラスだったとしても、いざ高校に入学してみると自分よりも成績のいい生徒はゴロゴロいます。

自信を失くし、勉強に対する熱意が無くなったのでしょう。

しかし、わずか17歳の少年がここまで追い詰められるのは、少年を取り巻く環境にも問題があったはずです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 


 少年の実名・顔画像

東海高校 犯人 顔

引用:文春

 

逮捕された少年の実名、そして顔画像は報道されるのでしょうか。

現時点では未成年ということもあり、名前は報じられていません。

顔画像は当然ながらモザイクがかかっており、素顔が分かりません。

 

しかし、高校名が特定されてしまった以上、タレコミ等で名前が特定されてしまうかもしれませんね。

 

 

 少年は真面目な性格でした。

「彼は中学から東海に通う『内来』ではなく、高校入学組のいわゆる『外来』です。ですが、入学早々に生徒会長選挙に立候補していたのが印象的でした。彼は落選しましたが、それも仕方ないことだろうと思います。彼の演説はあまりにも真面目で、東海に合っていなかったからです。

 東海は進学校ですが、校風は極めて自由です。いじめもありませんし、先生と生徒の仲もいいです。外来の生徒は、入学当初はみんな真面目なのですが、だんだん東海に染まっていく。卒業するころには内来とほぼ変わらないくらいはじけているのですが、彼はまだ真面目な段階だなという印象を受けました。大抵、生徒会長選挙の演説には、おふざけ要素をいれる人が多いんです」

引用:文春

 

入学早々、生徒会長に立候補するなど積極的な一面を見せていた少年。

しかし、東海高校の校風には馴染めていなかったようです。

 

事件当日、現場を目撃した東大生によると、

「高校にごめんなさいみたいな話を覚えています。自己否定をするような言葉のほうが多かった。何があってここまで追い込まれたんだろうと、悲しい気持ちになって」

と語っています。

また別の大学生からも、少年が憔悴しきった様子で「ごめんなさい」という謝罪や、自分を否定するような言葉を繰り返していたと話しています。

 

今回の事件が起きなかったとしても、少年の心は崩壊していたかもしれません。

 

まったく関係のない人を巻き込んだ今回の事件。

被害者の方に向けての謝罪は、現時点ではないようです。

 

被害者に対する謝罪の言葉でないところに根本的な問題を感じる

 

少なくとも「高校にごめんなさい」ではない。「被害者にごめんなさい」という言葉がなぜ出てこないのだろうか。

 

 

>高校にごめんなさい

謝る相手が違くて、全然なーんも分かってない件・・・

 

「お父さん、お母さんにごめんなさい」ではなかったところで、家族との確執があったんだろうなあと推察してしまう。

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 


 少年は成績優秀で期待されていた人物だった

少年に関する様々な情報が入ってきました。

その中でも、少年の人物像についての証言があります。

 

 

 「落ち着いた性格で、成績もよかったです。うちは中高一貫の学校ですが、彼は高校から入ってきたいわゆる“高校入学組”。

部活には入っていませんでしたが、友人もそれなりにいて、生徒会選挙に立候補したり、修学旅行の委員をやったりと、学校行事には活動的に参加する学生でした。  

進学校なので、成績上位の学生にはどうしても教師や親から期待が寄せられます。そのプレッシャーはあったのかもしれませんね…」

引用:https://news.yahoo.co.jp/

 

少年は高校から入学してきたそうですが、進学校に高校から入学するのはかなりの努力が必要だったはずです。

学校行事には進んで参加。

生徒会選挙や修学旅行の委員会に参加するなど、積極的な性格のようです。

少年は、人を殺しその罪悪感で自殺しようと考えていたそうですが、

少年をここまで追い込んだのは、エリート校の重圧があったのでしょう。

 

 

 捜査関係者への取材で、少年が「来年、東大を受験する予定だったが、勉強しろとの圧力が強く勉強が嫌だった」「東大を受験するなら、東大で事件を起こそうと思った」と供述していたことが新たに分かりました。

引用:https://news.yahoo.co.jp/

 

「勉強しろとの圧力」がかけられていたと語る少年。

 

違う高校に通っていれば、また別の人生だったかもしれませんね…

 

 

【追記】

少年が書いた中学校の卒業文集が公開されました。

引用:デイリー新潮

 

〈三年間の中学校生活で、行事や部活動、その他色々なことを経験しましたが、やはり「勉強」というものが一番長く経験したものでもあり、自分をときに苦めたものであり、助けてくれたものでもありました〉

 

 

この卒業文集を見た少年の母親は、困惑を隠せなかったそうです。

当時を知るママ友の証言があります。

 

4人きょうだいの長男である彼は、中学校でも成績が抜群に良かった。マイペースな性格なので、お母さんも“うちの息子は変わってるんですよ”と話していました。

両親は子どもの進学先にこだわりがないのに、彼は中学3年の頃から“絶対に東大に行きたい”“理IIIに合格したい”と口にするようになったそうです。

お母さんは彼を応援しつつも“行きたいと言って行ける学校でもないと思いますけど……”

とむしろ困惑した様子でした。深

夜までブツブツとひとりごとを言いながら勉強し続けていたそうで、いつか体調を崩すんじゃないかと心配していました

引用:デイリー新潮

両親は進学校にこだわりがなく、むしろ少年が進んで勉強をしていたそうです。

 

 


 

 

 

スポンサーリンク

 

 


 親も医者でエリート一家か

 

少年は医者になりたくて東大を目指していました。

 

私立の名門校に通っている少年は、子供のころから医者になるために勉強してきたことでしょう。

ツイッター上でも、少年の親が「医者ではないか」というコメントを散見しました。

 

 

 

少年は、1月14日の夜に帰宅せず夜行バスで上京していたようです。

心配した両親が警察に行方不明届を提出。

その際に、父親が、

「学校に行っていると思っていたが登校しておらず、帰宅していない。成績不振で悩んでいた」

と相談していたことが分かっています。

 

成績のことで悩んでいることを、両親も知っていたんですね。

 

 

現時点で両親についての情報はほとんど分かっていませんが、

続報にて詳細が分かり次第、追記していきます。

 

 

 

 

【追記】

デイリー新潮にて、少年の父親の職業は大学の職員だと分かりました。

彼のお父さんは地元の大学で職員をされていて、お母さんは専業主婦だったと思います。

引用:デイリー新潮

こちらでまとめています。

 

少年の父親の病院についてはこちらでまとめています。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 世間の反応

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)