時國天芸さん読み方,Facebook顔画像「いつも手伝いをしていた優しい子」高校は?コンバイン横転死亡事故

男子高校生の運転する稲刈り作業のコンバインが横転する事故があり、時國天芸さん(17)が亡くなりました。

69歳の父親と一緒に作業をしていた際の事故だそうです。

亡くなられた時國さんについて調べてみました。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 ニュース概要

今月3日に高梁市有漢町の田んぼで、稲刈り作業をしていたコンバインが横転する事故があり、意識不明の重体となっていた玉野市の高校生が、きのう(6日)死亡しました。 【写真を見る】事故があった岡山県高梁市有漢町の現場 この事故は、3日午後2時半ごろ高梁市有漢町有漢の田んぼで、玉野市の高校生、時國天芸さん(17)が運転するコンバインが、何らかの原因で田んぼ横の斜面に横転したものです。 一緒に稲刈り作業をしていた69歳の父親が、大きな音に気づき確認したところ、横転したコンバインと倉庫の壁の間に挟まっている時國さんを発見しました。 時國さんは意識不明の重体となっていましたが、きのう午後搬送先の病院で亡くなったということです。警察は、運転操作にミスがなかったかなども含めて事故の原因を調べています。

出典:https://news.yahoo.co.jp/

 

 

高梁市有漢町の田んぼで、

今月3日に起きた稲刈り作業をしていたコンバインが横転する事故で

意識不明の重体となっていた男子高校生の

時國天芸さんが亡くなったことがわかりました。

 

 

何らかの原因で田んぼ横の斜面に横転してしまったようですが

現在も警察のほうで原因は調査中だそうです。

 

父親と一緒に農作業をしていたようですが

父親の気持ちを考えるととてもつらいですね。

 

時國天芸さんのご冥福をお祈りいたします。

 

まずはプロフィールからまとめました。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 時國天芸さんのプロフィール!読み方

 

名前:時國天芸

読み方:ときくに ひろき

住所:玉野市築港

年齢:17歳

職業:高校生

 

名前の読み方は天芸とかいて

ひろきと読むようです。

 

父親は69歳ですから52歳の時に生まれた子です。

年齢を重ねてからできた子だすから

父親はとても可愛がっていたのではないでしょうか。

 

また、天芸さんも

高齢の父親の手伝いを積極的にする

優しい青年だったのだと思います。

 

コンバインの操作はそう簡単には

できないようですから

普段から手伝いをしていたことが伺えますね。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 Facebookは?

 

 

時國さんのFacebookについて調査してみました。

 

同姓同名のアカウントが2件見つかり、

投稿などはないものの

写真は掲載されていました。

 

プロフィール写真へのコメントしている方の住所が

天芸さんと同じ岡山県玉野市であることから

天芸さんのアカウントである可能性は高いと思います。

 

しかし、報道などで顔画像などが報じられていない状況なので

こちらへの記載は控えさせていただきます。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 高校はどこ?

 

 

 

天芸さんが農作業の手伝いをしていたことから

農業科があるような高校に通っていたのでは?と

言われていますが、

天芸さんの居住地域周辺に

農業科があるような高校はないそうです。

 

高校の友人たちも悲しんでいることでしょう。

とても悲しい事故が起きてしまいました。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 世間の声

 

本当に残念ですね。親の仕事を手伝う親思いの子だったと思われますし、家の稼業(農業)を自分が次いでいこう、後継者として頑張っていたんだろうな~と思うと本当に残念です。 コンバインには免許が必要だと思うのですが、子供の優しさと、それに感謝する親心が一瞬の隙をを作ってしまったのかなと残念です。私たち以上に親御さんが一番悔しい悲しい思いをされてると思います。冥福をお祈りします。

 

ただただ残念でならない。高校生で親の農業を手伝う心優しい親思いの子だったと推察します。ご冥福をお祈りします。 ただ、子供に運転させるとは何を考えているんだ、といったコメントもあるがそれはそのようなコメントを見ずともみんな思うこと。親父さんも痛感していると思う。確かにそうではあるが、息子を失った親父さんを今ここでわざわざ非難することでもないのではないか。

 

父親の年齢から考えると歳行ってからの子供。随分と可愛がっておられたろうし、こうやって父親の手伝いをする所を見ても、高齢の親を労わる優しい青年に育っていた事が窺える。それだけにこんな痛ましい事故は本当に残念でならない。農業というのは危険な作業が意外に多く、怪我も多いと聞くが、この息子さんはそういう作業を高齢の父親にさせるのが心配で、代わって手伝っていたんだろう。

 

ご冥福をお祈りします。とても辛い状況だと思います。 私も仕事を息子が手伝ってくれているときに、息子が熱中症で倒れ意識不明になりました。何事もなく無事に回復しましたが、後から状況を聞きましたら親が頑張っているからキツイと言えなかった。と、息子から聞いて考えました。良くも悪くも全力で頑張って、手伝ってくれるので日頃の手慣れた親のペースで作業を行うときは、よく見てあげないと無理をするのだな。と思いました。中学生、高校生と身長も親を抜き、体格もしっかりとしてきますが、まだ若いだけに真剣に取り組むので、休憩の取り方もしっかりと教えて行かないと悪いなと思いました。 子供を持つ親として、かける言葉は思いつきません。悲しいです。

 

自分も休耕田、畑の雑草対策でトラクターを運転するようになったが、ちょっとした傾斜とか危ないし、前輪が空回りしたりして脱出困難になったこともある。地面が不安定の中で馬力がある高身長の機械だから転倒リスクは高い。公道なんか結構なスピードも出てしまう。乗用車よりは扱いが難しく危険だが高齢者は頑張っている。高齢者だらけの農家では深刻だ。安全運転サポート機能の向上等が望まれる。

 

親御さんの気持ちを考えると残念でなりません。 私の家も兼業農家で幼少の頃から「働かざる者食うべからず」で田植えや稲刈りを手伝っています。 手伝いを通じて食べ物がある幸せと、食べ物を粗末にしない事を学びました。農機具の扱いと危険さも教わりました。 コンバインドは右側に運転席があり、左側の目視範囲が狭いので、左側に路肩がある場合は踏み外して転倒する事があります。コンバインドだけでなく、トラクター等でも転倒による死亡事故があります。 免許取得が出来ない未成年に運転させるという事に違和感のある方もおられるとは思いますが、公道以外であれば問題ありません。 担い手不足で手伝いをしない若者が多い中、高校生から手伝いをする事は本当に良いことだと思うし、自分と重なる部分もあり、残念でなりません。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)