徳永友希の顔やfacebook!会社や自宅はどこ?消防団が放火!動機は?家事の現場に駆けつけていた!愛媛県今治市


愛媛県今治市で起きた不審火で、トラック運転手の徳永友希容疑者(25)が逮捕されました。

逮捕された徳永容疑者は、なんと地元の消防団に入っていました。

連日続いていた火事の現場にも駆け付けていたそうです。

今回は徳永友希の顔やfacebook、SNS、勤務先の会社や自宅についてまとめていきます。

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 報道内容

 

17日未明、
愛媛県今治市で起きた不審火で、警察は現場の近くに住む
トラック運転手の男を逮捕しました。

17日未明、住宅地に集まった緊急車両。愛媛県今治市・旦にある、倉庫が焼ける火事がありました。
倉庫の壁およそ6平方メートルが燃え、けが人はいませんでした。

事態が大きく動いたのは午後1時すぎ、
警察は、倉庫の近くに住むトラック運転手、徳永友希容疑者(25)を放火の疑いで逮捕しました。

警察によりますと、徳永容疑者は「間違いありません。
倉庫に火をつけました」と供述し、容疑を認めているということです。

17日の火事を見つけたのは、パトロールをしていた警察官。
なぜ、この時間にパトロールしていたのかというと・・・。

今治市では、先月、使われていない車や倉庫などが燃える火事が
5日間で4件起きました。

いずれも火の気がない場所で起きていることから警察は「連続放火事件」の疑いもあるとみて捜査し、
警戒していました。

消防団の関係者によると徳永容疑者も消防団に所属し、不審火の消火に駆け付けていたといいます。

徳永容疑者は、警察の取り調べに対し、一連の不審火への関与をほのめかしているということで、

警察は慎重に捜査を進めています。

引用:https://news.yahoo.co.jp/

17日、愛媛県今治市で倉庫が燃える火事がありました。

放火の疑いで逮捕されたのは、今治市のトラック運転手で消防団に所属する徳永友希容疑者(25)です。

徳永容疑者は17日午前2時すぎ、自宅近くの倉庫に火を付けた疑いです。

「間違いありません、火を付けました」と容疑を認めています。

この火事によるけが人はいませんでした。  

今治市内では先月下旬から半径1.6キロの範囲で放火とみられる火事が4件発生しており、

徳永容疑者は他の不審火についても関与をほのめかしているということです。

引用:https://news.yahoo.co.jp/

 

まさか消防団員が放火犯だとは、思いもよりませんね。

さらに、徳永容疑者は火事の現場にも駆け付けていたそうです。

一体どんな気持ちで消火活動を行っていたのでしょうか。

 

そして驚くのは、放火をた場所が自宅のすぐ隣の倉庫だということです。

自分の自宅も火事に巻き込まれる可能性を分かっていたとすれば、この行動は理解に苦しみます。

ケガ人が出なかったことが、せめてもの救いです。

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 


 徳永友希の顔やプロフィール

 

名前:徳永友希

年齢:25歳

職業:トラック運転手

住所:愛媛県今治市旦

 

徳永容疑者の親族によると、

「困った人がいれば助けるような性格で、全く信じられない」

話しているということです。

 

人間の内面は家族にも分からないものですね…

 

 

スポンサーリンク

 

 


 徳永友希のfacebook

徳永友希のfacebookを調べてみました。

 

すると、同姓同名で愛媛県今治市在住のアカウントを発見。

本人の可能性が高いと思われますが、facebookには本人と分かりそうな顔画像を投稿していないため、断定することができません。

引き続き情報を集め、確証がとれ次第更新致します。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 


 徳永友希の会社や自宅

 

さきほどの徳永容疑者のfacebookが本人のものだとすれば、

そこには職場の会社名が記載されています。

 

しかし、こちらでは本人のアカウントである確証がないため、掲載は控えさせていただきます。

 

徳永容疑者の自宅は愛媛県今治市旦

と報じられました。

 

 

 

 

詳細な住所は判明していませんが、mapを見る限りとても自然豊かな地域ですね。

こんな事件が起きてしまい、住民の方も驚いていることでしょう。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 放火の動機は?

消防団員が放火

気になるのはその動機です。

 

放火する人の心理が分かりませんが、ストレス発散なのでしょうか。

しかし、自宅横を放火したこと、自分も放火活動に参加したことを考えると、

「自分の手柄にしたかった」

という可能性も考えられますね。

 

そんな身勝手な動機は決して許されるべきものではありませんが、

もう二度と繰り返さないよう、しっかり反省して欲しいです。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 世間の声

この辺、通った時に赤色灯の車両が多かったから何かと思ったら、この事件だったのか。
道路に救急車がいたから最初は交通事故かとも思ったけど、道路から少し中に入ったところに、沢山の車が集まってて何だかよく分かなかった。自分の家や車が放火されるとか想像するだけでショックだわ。とにかく捕まって良かった。

 

TVドラマや映画で、放火犯が「消防士」ってのは何度も見たことがある。
そのせいか、放火があると「犯人は消防士かも」って思ってしまう。
そんな事を思ってしまうのは日頃から熱心に職務に取り組んでる消防関係の方々にはホント申し訳ないと思います。
が、しかし、
今回の犯人は地元の「消防団員」だった。

 

一体何が目的だったんだろ。しっかり調査して再犯防止に努めてほしい。

 

活躍したいとかそんなんじゃなくて、出動手当目的でしょ

 

消防団で活躍したいからって、マッチポンプは駄目だよ。

 

放火は罪が重いからな。
死ぬまで出なくていいよ。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)