土志田信弘・美穂子さんのフェイスブック!無理心中コンビニの場所特定!父親が子供殺害か!動機は貧困?【横浜市青葉区】


4月22日午前1時前、横浜市青葉区のコンビニ店の駐車場内に止めてあった車内から、

 

土志田さん一家、4人の遺体が発見されました。

 

また悲しいニュースが入ってきました。

 

今年に入り、親子が亡くなるニュースを多く目にするようになりました。

 

 

亡くなられた、土志田信弘さん、美穂子さんはフェイスブックや

 

SNSを通して、何かSOSを発していたのでしょうか。

 

事件を詳しくみていきましょう。

 

 

スポンサーリンク

 

 事件概要

 

横浜市のコンビニ店の駐車場でワンボックスカーの車内から子ども2人を含む男女4人の遺体が見つかりました。

警察は家族が無理心中した可能性があるとみて調べています。  

22日午前1時前、横浜市青葉区のコンビニ店の駐車場に止めてあるワンボックスカーの中から男女4人の遺体が見つかりました。  

警察によりますと、4人は40代男性、30代女性、7歳くらいと2歳くらいの男の子で家族とみられています。  

女性の両親から「車がなく、家族が夜になっても戻ってこない」と警察に届け出があり、捜索していた警察官が車を見つけたということです。  

警察は、家族が無理心中した可能性があるとみて詳しい状況を調べています。

引用:https://news.yahoo.co.jp/

 

横浜市のコンビニ店の駐車場で、ワンボックスカーの中から

 

親子の遺体が発見されました。

 

21日午後11時ころ、女性の両親から

 

「車がなく、家族が夜になっても戻ってこない」

 

「自殺をほのめかしているようだ」

 

と警察に届け出があり、捜査していたようです。

 

両親にとって、娘と婿、そして孫まで失った悲しみは

 

想像を絶します。

 

警察の調べによると、車は3列シートのワンボックスカーで施錠されていました。

 

女性は助手席に、子供2人は2列目の座席に座った状態で発見され、

 

男性は2列目の足元に倒れており、車内には血痕があったそうです。

 

想像したくありませんが、父親とみられる男性が

 

子供たちに手をかけ、その後自分も・・・

 

心配してくれる両親がいたのなら、何とか助けを求めることは

 

できなかったのでしょうか。

 

4人のご冥福をお祈りいたします。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 


 無理心中した土志田さん一家の身元判明

 

今回の事件で亡くなったのは、親子4人です。

 

父親:土志田信弘さん40歳

母親:美穂子さん37歳

長男:理伎くん7歳(小学校2年生)

次男:皓至ちゃん2歳

 

まだ両親も若いです。

 

理伎くんは2年生、進級したばかりです。

 

何も分からず、両親と車に乗っていた2歳の皓至ちゃん。

 

どこにでもいる普通の家族構成です。

 

どんなことがあっても、子供たちだけは助けてあげて欲しかったと思います。

 

現時点で、土志田信弘さん一家の顔写真などは

 

公開されていませんでした。

 

 

スポンサーリンク

 

 


土志田信弘さんのフェイスブック特定

土志田信弘さんのフェイスブックを調査してみました。

 

現時点で、同姓同名のアカウントを見つけることができませんでした。

 

同じく、妻の土志田美穂子さんのfacebookも同様に利用を確認することができませんでした。

 

引き続き調査を進めたいと思います。

 

 

 

スポンサーリンク

 


 無理心中したコンビニの場所特定

 

報道によると、無理心中があった場所は

 

横浜市青葉区恩田町

 

と報じられていました。

 

 

横浜市青葉区恩田町にあるコンビニを調査しましたが、たくさんありますね。

 

こちらのコンビニで特定かと思われます。

 

 

 

ローソン LTFあかね台入口店

恩田町1094−1 

 

深夜とはいえ、裏には住宅街、前には道路があり

 

人通りもあったのではないでしょうか。

 

なぜ、人気のない場所ではなく、人が行き交うコンビニを選んだのでしょう。

 

子供たちにお菓子を買ってあげていたのかもしれません。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 無理心中の動機は貧困か

 

 

どこにでもいる普通の家庭に、一体何があったのでしょうか。

 

現時点では一切公開されていませんでした。

 

母親は自分の両親に、自殺をほのめかしていたという報道がありました。

 

また、前日の21日には、父親が友人に

 

自殺を示唆するようなメッセージを送っていたことも分かっています。

 

誰も止めることができなかったのでしょうか・・・

 

コロナによる貧困で、自殺者が11年ぶりに急増しているそうです。

 

この一家も、将来を悲観していたのかもしれません。

 

しかし、せめて子供たちだけは助けてほしかったと思います。

 

親だからといって、子供の未来を奪う権利はありません。

 

 

スポンサーリンク

 

 世間の声

山奥の林道とかでなく市内のコンビニ駐車場で命を終わらせる選択をいたということなのか。よほど切羽詰まっていたのか、横浜を離れたくなかったのか。どちらにしろ、夫婦で子供を巻き添えにしていたことが窺えるし、親のエゴとかいう前に、なぜそうしなければならなかったのか、背景をしっかり突き止めることだろう。時節的にコロナも影響しているのではないか。まん防や緊急事態の連発で食うに食えなくなっている国民が増え続けているのに、相変わらず余命いくばくもない高齢者の命ばかりを救おうとする政府には本当に嫌気がさす。

 

やりきれない話だな。
子どもは当然として、両親も若い。就職氷河期を乗り越えてできた家庭だろうに。
悪い意味ではなく、日本には生活保護があるんです。
ご冥福をお祈りします。

 

何があろうと、大人である親が子供の命を奪ってはならん。
子供は、生きれる選択はいくらでもあるしこれからいくつも楽しい事や苦しい事を沢山経験でき命ある限り生きて行けた。
この様な件は、無くなって欲しい

 

まさに近所。どんな事情があろうと、子供を巻き込むなよ。

 

切ないな

 

コロナそして無能菅総理政策
多くの国民が窮地に至っているのは間違いない

 

親子ですかね、もしそうなら。
子供は助けて下さい、子供は自分の人生があるのです。
子供の命は親の物ではありません。
子供だけでも置いていってほしかった。
これは子供の命を奪った殺人事件です。

 

心配してくれる女性の両親がいるなら頼って欲しかった。

 

 

 

 

スポンサーリンク

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)