【東大】本郷キャンパス薬学部で火事!Twitter!原因特定!なぜ大規模火災に至った!?


 

東京・文京区の東京大学のキャンパスで火災が起き、これまでに1人が救急搬送されました。

 15日午前9時すぎ、東京大学の学生から「火災が起きている」と119番通報がありました。

東京大学の本郷キャンパスにて火災が起こったようです。原因は何だったのでしょう?

 

 

スポンサーリンク

 

 

東京大学本郷キャンパスで火災!?

 

8月15日午前9時すぎに東京大学本郷キャンパスの建物から火が出ていると通報がありました。

現場は 〒113-0032 東京都文京区弥生1丁目1−1 の本郷キャンパスと呼ばれている場所です。

 

非常ベルを聞いて現場に駆け付けた30代の男性警備員が煙を吸ってけがをしたようですが軽度なようです。他にけが人は現在報道されていません。

スポンサーリンク

 

 


現場の様子

 

 

激しく燃える様子や黒い煙が立ち上る様子が伺えます。

消防車は45台出動したとのツイートも見られることから大規模な火災となっています。

薬品を扱う研究室からの火災の為、爆発などの二次災害にならないか心配ですね。

 

スポンサーリンク

 

 


原因は薬物?

 

東京・文京区の東京大学のキャンパスで火災が起きている。これまでに1人が救急搬送された。

午前9時過ぎ、東京大学の学生から「火災が起きている」と119番通報があった。

警視庁などによると、火が出たのはキャンパス内にある「薬学系総合研究棟」の2階で、現在も消火活動が続いている。

 非常ベルを聞いて現場に駆け付けた30代の男性警備員が煙を吸ってけがをしたが、けがの程度は軽いということです。

建物の2階では学生が実験で使う薬品をきのうから機械を使って温めていて、警視庁が出火との関連を調べることにしている。(ANNニュース)

引用:https://news.yahoo.co.jp/

・火が出たのはキャンパス内にある「薬学系総合研究棟」の2階

・建物の2階では学生が実験で使う薬品をきのうから機械を使って温めていて

 

この2点から実験で使用していた薬品から火災に繋がったの説が濃厚です。

現在警察が詳しく火災の原因を調べているため、原因は報道を待ちましょう。

 

スポンサーリンク

 

 


ネットの声

 

 

 

 

スポンサーリンク

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)