豊田市|免許偽造の47歳男の名前や顔画像|「街コンに行きたくて」14歳サバ読み!

運転免許証の生年月日欄を10歳以上若く偽造したなどとして、豊田市の会社員の男(47)が書類送検されました。

男は「30代限定の街コンに行きたかった」と容疑を認めているようです。

男の名前や顔を調べてみました。

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 報道内容

 

 

運転免許証の生年月日欄を10歳以上若く偽造したなどとして、愛知県警豊田署は9日、豊田市の会社員の男(47)を有印公文書偽造・同行使などの疑いで名古屋地検岡崎支部に書類送検し、発表した。男女が出会うイベント「街コン」に昨年だけで50回以上参加していたといい、「30代限定の街コンに行きたかった」と容疑を認めているという。

 

署によると、男は免許証の生年月日や住所欄などを偽造し、2018年9月と21年8月、イベント会場の係員に提示するなどした疑いがある。男は昭和49(1974)年生まれだが、「昭和61年」と「昭和63年」のものを持っていた。紛失したと偽って再交付を受け、パソコンで印字したシールを切り貼りするなどしていたという。署は男が既婚かどうか明らかにしていない。

 昨年10月、豊田市内の駐車場で署員が職務質問。偽物2枚を含む計3枚の「免許証」を持っていたため、捜査していた。

引用:https://news.yahoo.co.jp/

男女の交流イベント「街コン」に年齢を若く偽って参加するため運転免許証の生年月日を偽造したなどとして、豊田市の男性会社員(47)が書類送検されました。

男は、2019年3月27日、県警運転免許試験場で「紛失した」と虚偽の申請をし、

運転免許証の再交付を受けました。

さらに2015年2月26日ごろ~21年8月16日ごろまでの間に運転免許証の生年月日などを偽造し、街コン会場の係員に提示していたようです。

男は2021年の間に、偽造免許証を使って約50回、街コンに参加していました。

生年月日欄を削り取り、若くなるようにうその生年月日が印字されたシールを貼っていたそうで、最大で14歳若くなるよう偽造していたということです。

 

男は「若い女性が参加するイベントに参加したかった」と容疑を認めています。

 

1年間に50回って、なかなかの回数ですよね。

ここまでして若くみられたいものなのでしょうか。

というより、30代の女性と知り合いたかったのかもしれませんが…。

実際にカップルになれば色々とボロが出てきそうなものですよね。

今回バレてよかったのではないでしょうか。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 47歳男の名前や顔画像

 

14歳もサバを読んでいた47歳の男について調べてみました。

しかし、現時点では名前も顔も報道されていないようです。

 

男について分かっている情報はこちら。

年齢:47歳

住所:愛知県豊田市

職業:会社員

 

14歳もサバを読むということは、33歳くらいには見えるということなのでしょう。

どんな男性なのか気になりますね…

顔画像が分かり次第、こちらにも掲載致しますのでお待ちください。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 世間の声

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)