塚下涼子の顔,facebook特定!同僚の水筒に猛毒の液体(リシン)入れる!


同僚の水筒に猛毒のリシンを含む液体を混入させたとして、塚下涼子容疑者が逮捕されました。

器物損壊罪での逮捕とのことです。

そんな塚下容疑者の顔やFacebookを見ていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

 事件概要

猛毒の「リシン」を含む液体を同僚男性の水筒に入れたとして、神戸地検は20日までに器物損壊罪で、兵庫県加古川市の会社員、塚下涼子容疑者(30)を起訴した。リシンは致死量ではなく、男性に健康被害はなかった。男女間のトラブルがあったとみられる。

起訴状によると、3月22日と同26日、勤め先の神戸市長田区の会社事務所で、同僚男性(40)の水筒に人体に有害なリシンやナファゾリンを含む液体を入れ、水筒を使用不能にしたとしている。

捜査関係者によると、男性が水筒の異臭と飲料の味に違和感を覚え、職場で見張っていたところ、塚下被告が水筒に液体を入れるのを目撃。兵庫県警長田署に被害届を出し、同署が6月に器物損壊容疑で逮捕していた。

リシンはひまし油の原料にもなるトウゴマの種子に含まれる猛毒の植物性タンパク質。塚下被告の自宅からはトウゴマの種子が見つかり、栽培してリシンを抽出していた可能性が高いという。米国では2013年、当時のオバマ大統領宛てにリシン入りの郵便物が送付される事件があった。

出典:https://news.yahoo.co.jp/

 

怖い事件ですね。

 

よく男性側は異変に気づき、飲むのを辞めれたものですね。

 

健康被害が何もなくて、ほんとうに良かったですね。

 

いたずらでは済まされないレベルのことです。

 

水筒が使用不可能な状態になるとのことですので、その健康被害の大きさは計り知れないですね。

 

こんなことは二度としてほしくないですね。

 

 

スポンサーリンク

 


 塚下容疑者のプロフィール

 

名前:塚下涼子

 

年齢:30歳

 

職業:会社員

 

住所:兵庫県加古川市

 

逮捕容疑:器物損壊

 

 

おそらく致死量の毒ではなかったことや、健康被害がなかったことから、器物損壊に止まった様ですが、もう少し重い刑罰でも良い気がしますね。

被害男性が会社で見張っていて女性を捕まえたから殺人未遂にならなかったのではないでしょうか、男性が知らずに飲んで病院に運ばれましたまでいくと殺人未遂になる可能性が高かったのではないかと思います。

 

捕まえかたもあるでしょうが、男女間のトラブルがあって、恨みを持ってこのことを起こしているので、殺人未遂や傷害未遂でも良い気がしますね。

 

30歳でそろそろ結婚したい年頃ということもあり、別れ話などがうまくいかなかったのかもしれませんね。

 

このようなトラブルに発展する前に解決してほしかったですね。

 

また、自身で毒物を抽出しているので、理系の頭が良い人だった可能性がありますね。

 

毒物の取り扱いは非常に難しいので、かなり、実験に慣れていた可能性が考えられますね。

 

 

スポンサーリンク

 


犯人(容疑者)の顔画像!

 

 

 

【顔写真】【発見せず】

こちらの方で顔写真やそれに

準ずる写真の関して、独自に調査の方をさせていた

だきました。

しかしながら今現在どのメディアも報じて

おらず発見できなかった

ため、発見次第更新させていただきます!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 


犯人(容疑者)のfacebook特定!

 

 

 

こちらの方で、facebook上で名前検索を行ったり

また、それに該当しそうな人物の手がかりから

特定を試みました。

しかし現状として、該当人物に関するfacebookの

情報は判明することができませんでした。

 

今後mikonewsの方で調査次第、何かしら手がかかりや

アカウントが判明次第、追ってお知らせしていきたいと思います。

もう少々お待ちください。

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 リシンって何?

リシン怖い。
素人が簡単に製造できるのかと調べたら、ひまし油の原料、トウゴマの種から抽出できてしまうのね。
体重70kgの人間なら約2gで呼吸困難になって死んでしまうらしいです。
有効な解毒剤も実用化されていないって。怖い。

男性もよく気付いたけれどトラウマだろうな。
これから水筒を肌身離せなくなるだろう。

 

リシン (Ricin) は、トウゴマ(ヒマ)の種子から抽出されるタンパク質である。

猛毒であり、人体における推定の最低致死量は体重1kgあたり0.03mg。毒作用は服用の10時間後程度(たんぱく質合成が停止、それが影響していくことによる仕組みのため)。

現在、リシンに対して実用化されている解毒剤は存在しない。

出典:Wikipedia

恐ろしい毒物ですね。

 

昔には化学兵器にも使われたことのある毒物の様です。

 

解毒剤もないとのことなので、かなり危険な毒物でしょう。

 

タンパク毒なので、イメージとしては、ハブなど蛇の毒と近いでしょうか。

 

遅効性で、気づかず飲み続けていたら、致死量に達していたかもしれませんね。

 

ただ、致死量の毒物を抽出するのはかなり大変そうです。

 

 

スポンサーリンク

 

 世間のこえ 

この女性なんでそんなに恨みを募らせてしまったんだろうね…。かえって苦しい毎日だったでしょうに。自ら闇の世界に首を突っ込んでいってることに気がつけていたら何か変わったかもね。

相手の男性もここまで恨まれるようなことしちゃったのかな?お互い嫌いあって引けなくなった??
と、勝手な予想。

合わない人と毎日顔合わせて働くのって本当に苦痛よね。
物理的に離れるしかない。難しいけど。

 

なぜ殺人未遂ではないの?
自身で毒物製造までして、しかもトラブルになっていた相手の水筒に入れることが、殺人未遂と言わないで他に何と言えばいいの?
器物破損どころじゃない。れっきとした殺人未遂です!
検察と警察はそんなことも分からないほどバカなんですか?

 

>リシンはひまし油の原料にもなるトウゴマの種子に含まれる猛毒の植物性タンパク質。塚下被告の自宅からはトウゴマの種子が見つかり、栽培してリシンを抽出していた可能性が高いという。

なんか記事を読むと、理系の頭がいい人なのかな、って思うけど頭の使い方が間違っていると思う。

凄い執着心と恨みやな。
自宅で栽培し始めた時から、その植物にも話しかけたりしてそう…。
アイツを仕留めるのよ!的な。
暇がある人は恐ろしい。

 

 

スポンサーリンク

 


1件のコメント

昔あったLivetubeってサイトにいた涼さんかな?
付き合う男性すぐに毒殺してお金だけ貰うみたいな怖い事平気で書いてた人がいたっけな
異質だったんで良く覚えてるけど、そういう役割を演じてたんじゃなかったんですね
毒物栽培とは本物なんですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)