チャーリー浜さん(78)死去!死因は呼吸不全・誤嚥性肺炎!葬儀の予定は?現在は余生を謳歌していた!


吉本新喜劇のスター的存在ともいえる、チャーリー浜さん(78)が

 

4月18日、呼吸不全・誤嚥性肺炎で死去していたことが

 

報じられました。

 

吉本新喜劇から、大物スターがいなくなっていくのは

 

本当に寂しいですね。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 報道概要

 

 

吉本新喜劇座員・チャーリー浜(本名:西岡正雄)さんが4月18日に、呼吸不全、誤嚥性肺炎のため、大阪市内の病院で逝去した。78歳。葬儀はすでに近親者のみで執り行われた。

 

 チャーリー浜さんは1962年、吉本新喜劇に入団。新喜劇を中心に、テレビCMや舞台などでも活躍した。代表的なギャグ「…じゃあ~りませんか」はテレビCM出演を機にブームとなり、1991年の『新語・流行語大賞』の年間大賞に選ばれた。1992年には『上方お笑い大賞』金賞を受賞している。

 吉本興業は「皆様には、故人生前に賜りましたご厚誼に深く感謝しますとともに、謹んでお知らせ申し上げます」とコメントしている。

https://news.yahoo.co.jp/していたという

 

吉本新喜劇で活躍されていた、チャーリー浜さんが78歳で死去したという

 

悲しいニュースが入ってきました。

 

ここ数年、あまりテレビでも見かけることがありませんでした。

 

死亡説や闘病説が流れたものの、独身を謳歌していたそうで

 

今回の訃報は本当に残念です。

 

また、楽しいギャグを聞きたかったです。

 

ご冥福をお祈りいたします。

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 


 チャーリー浜さん死因は呼吸不全・誤嚥性肺炎

 

チャーリー浜さんの死因は

呼吸不全

誤嚥性肺炎(ごえんせいはいえん)

 

と報じられました。

 

【呼吸不全とは】

呼吸不全とは、ひとつの疾患ではなく、原因となるさまざまな疾患のために呼吸器機能が低下した結果、 血液中の酸素濃度が危険なほど低下したり、または二酸化炭素濃度が危険なほど上昇し、十分な酸素を 臓器に送れなくなった状態をいいます。

引用:原三信病院様HP

 

 

【誤嚥性肺炎(ごえんせいはいえん)とは】

食べ物や飲み物、あるいは唾液などを飲み込むことを嚥下(えんげ)といいます。健康な人であれば、嚥下すると口から食道を通って胃に入っていきます。しかし嚥下機能が低下すると、食べ物などが口から気管に入ってしまいます。これが誤嚥(ごえん)です。誤嚥性肺炎は、細菌が唾液や食べ物などと一緒に誤嚥され、気管支や肺に入ることで発症する疾患です。

引用:済生会HP

 

 

スポンサーリンク

 

 

 


 チャーリー浜さんの葬儀は?

 

4月18日に死去したチャーリー浜さん。

 

葬儀はあったのでしょうか?

 

報道によると葬儀はすでに、近親者のみで執り行われたようです。

 

コロナ禍で大勢が集まれない状態だったのかもしれません。

 

また、感染が落ち着いたら、吉本新喜劇のメンバーで偲ぶ会などを

 

行って欲しいですね。

 


 チャーリー浜さんのギャグがヤバイ!

 

 

チャーリー浜さんといえば

「…じゃあ~りませんか」

 

が代表的ですよね。

 

「君たちがいて、僕がいる」

 

「君たち元気かい? 頑張ってるかい? そうかいそうかい瀬戸内海」

 

「あのさ、僕さ、どっこいさ」

 

「実はサ、僕サ、ぁホイサッサ♪」

 

「何たることをサンタルチーア」

 

あ~懐かしい。

 

毎週土曜日は、学校から帰ってくると

 

お昼ご飯を食べながら「吉本新喜劇」を見るのが当たり前でした。

 

たくさんの笑いを届けていただきました。

 

youtubeに掲載されていたギャグをいくつか載せます。

皆さんで、久しぶりに笑いましょう!

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 世間の反応

 

スポンサーリンク

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)