十四山中学校校長,担任名前!犯人動機は伊藤柚輝さんの命令口調?弥富市いじめを放置,不適切対応!中3刺殺事件


伊藤柚輝さんが同級生に刃もので刺され亡くなった事件。

逮捕された男子生徒が「いじめられていた」という趣旨の供述をしていることが新たにわかりましたね。

しかし、校長は緊急会見にて、「学校として思い当たるところはないので、生徒に聞き取りをしながら、どんなことがあったか確認をしています」と話しています。

ここまでの大きな事件に発展したわけですので、今後、学校側も調査されるでしょう。

また、伊藤柚輝さんについてもどのような生徒だったのか、報じられていました。

 

随時更新いたします。

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

十四山中学校事件:加害者(犯人)が趣旨の供述(概要)

 

 

 24日、愛知県弥富市の中学校で、3年生の男子生徒が包丁で刺されて死亡した事件で、逮捕された男子生徒が「いじめられていた」という趣旨の供述をしていることが新たにわかりました。

 この事件は24日午前、弥富市内の中学校で、中学3年生の男子生徒が包丁で刺されて死亡したもので、同じ学年で別のクラスの男子生徒が殺人未遂の疑いで現行犯逮捕されました。

 逮捕された男子生徒は、25日朝、殺人の疑いで送検されました。

 警察の調べに対し男子生徒は、「私がやったことに間違いありません」と容疑を認めていましたが、その後の捜査関係者への取材で、男子生徒が「いじめられていた」という趣旨の供述をしていることが新たにわかりました。

 また凶器の包丁は、「事前にネットで購入した」と話しているということです。

 一方、弥富市教育委員会は、24日の会見で、いじめやトラブルについて「学校として思い当たるところはない」と話していました。

 男子生徒が「いじめられていた」という趣旨の供述をしている一方で、教育委員会がいじめを把握していなかったことから、警察は実際にいじめがあったかどうかも含めて、慎重に動機を調べています。

引用:https://news.yahoo.co.jp/

 

 

亡くなった伊藤柚輝さんを殺害した加害者の同級生男子生徒は、

新たに、「いじめられていた」という趣旨の供述をしていることが分かりました。

 

動機とも言える、「いじめられていた」という供述が本当であれば、中学校に求められるのは、今後、その事実はあったのか、もし真実であれば、2人異変はなかったのか?ということですね。

緊急記者会見では、いじめを把握していなかったとしていますが、ここまでの事件に発展していますので、学校側はより詳しい聞き取りがなされるでしょう。

 

次章では校長について調査していきたいと思います。

 


 

 

スポンサーリンク

 


十四山中学校校長の名前は黒川利之・伊藤柚輝さん,加害者証言

 

 

引用:NNNより

 

 

十四山中学校の校長は、黒川利之校長です。

 

十四山中学校校長は今回の事件後、緊急記者会見に出席し事件詳細について説明していました。

 

そこで、黒川利之校長は被害者の生徒について

「運動をよく頑張っていた生徒で、学校の中でもきちんと生活が出来た生徒だと思っています」

 

そして、逮捕された生徒については、

「生徒指導部会の中で問題になるようなことはなかった。問題があることはなく、なぜそんなことをやったのかが私たちにもよくわからなく混乱をしている」

この様に話されていました。

 

この発言が真実であってほしいと思います。

いじめというキーワードが浮上したことで、やはり、多くの方が旭川の女子中学生がいじめで亡くなった事件を想像した様です。

 

隠ぺいという記憶がみなさんあるのでしょうか。

 

学校側には厳しいと感じさせるコメントが多数ありました。

 

やはり、学校側に対してはこの様な意見がなされてしまう様ですね、、、

 

 

学生時代を愛知で過ごしました。
愛知は良くも悪くも公立至上主義で、中学受験が少ない分、公立中学校から公立高校への進学が大半を占めます。
そして、内申に重きをおく風潮があり、明るく活発な運動部の子が所謂いい子で、先生からいい評価を受ける事が多いです。なので、裏で色々あったとしても、そういういい子に傷をつけて、いい高校への進学を駄目にしたくない、という担任教師もいます。
この事件には関係ないですが、大学も推薦が半数を超えていますが、先生の目が絶対でもないですし、表の顔だけ良かったり、教師が進学実績のために目をつむってしまうと、イジメられた子が不利になる事がでてくると思います。

 

それならイジメた方が悪いです。傍観者も同罪。
学校は仲が良いか悪いか把握していないと言っていましたが、アンケートで分かるわけがありません。うちの子はアンケートで「嫌な事をしてくる人がいる」と記入したら担任に書き直しをさせられ「それはあなたが悪いからでしょ」と言われたそうです。学校側はイジメの事実を隠蔽するような行為をしないよう、お願いします。
学校側はリーダー的存在だったと言っていましたが、カーストトップで牛耳っていただけだと思う。
今イジメを楽しんでいる奴は、このように復讐されることもあると肝に命じるべきだし、すべての学校はこういった事件を隠さず話すべき。
それだけイジメは恨みを買う行為です。密室すぎる学校に監視カメラを設置したらどうですか

 

 

学校はいじめを認定すると担任、教頭の評価に影響するだろうし、報告作業が面倒なため、見て見ぬ振りなんだろう。だからきちんと調べない。第三者委員会設置しても教育委員会が人選しているため、教育委員会に不利や面倒が生じる報告は無いだろう。
教育現場や組織に自浄力は無い。
イジメは強要罪など犯罪。14歳未満だろうが刑事裁判に問える様にすべき。

 

 

校長はいじめの関連性はないと会見で説明してましたが、結果このようになった。
加害者がいじめられていたと供述してくれただけでもよかった。
さあ、校長はどう説明するんでしょうか。加害者が供述していなければ隠蔽するはずだったんでしょうね。

 

学校側は生徒への口止めに代わるような威圧や、隠蔽工作などをしないことを強く求めます。
真実を明らかにしないと加害者少年も救われない、亡くなってしまった被害者少年も浮かばれない。

 

肝臓を貫通する程強い力で刺しているから余程追い詰められての犯行。
そこまで追い詰められるイジメを本当に学校、担任教師は気が付かなかったのか?
早い段階で対処してたら防げたかもしれない。

 

教育委員会はいじめを把握していなくて、逮捕された少年はそういうような供述をしている…と。
まぁ、理由はいろんなケースが考えられますね。
どこかで隠ぺいされていたとか、
周りにわからないように巧妙にやっていたとか、
やった側はそういう意識はなかったし、周りもそういうふうに感じていなかったけれど、やられた側はそういう意識を持っていたとか…。

 

様々な意見はあると思います。

しかし、全てを把握するのは、自分を見せない、反抗期など、思春期の年齢であるので、なかなか難しいと言われていますね。

 

 

今回の事件について、隠ぺいだけは、ないことを祈りたいです。

 

 

25日朝に開かれた全校集会で校長は、

「この中学校は1つの家族のようなものだと思っている」

と話し、全員で黙祷(もくとう)を捧げられました。

 

中学校では、子供を守るためにも様々な対策もなされていたでしょう。

 

生徒の皆さんが元気に登校できる場所を常に考え、今後、学校側も今以上のバックアップしてをしていくでしょう。

 

 

スポンサーリンク

 


伊藤柚輝・加害者(犯人)の担任先生の名前は?

 

 

 

登校して、一番身近にいる存在と言えば、担任の先生ですね。

 

十四山小学校は2クラス編成ですので、担任の先生は2人いたことになりますね。

 

担任の先生に関しては、現時点で一切情報がありませんでしたので、十四山小学校のホームページで検索しようとしましたが、現在非公開となっていましたので、確認がとれませんでした。

 

もし、加害者のいじめとという供述が本当であれば、担任の先生は何か異変に気づかなかったのか?という疑問が挙げられることでしょう。

 

 

事件現場となった、十四山中学校は、2組編成という少人数の中学校であったことから、生徒一人一人と関わる時間は〜7組編成の俗にいうマンボス校に比べレバ、多かった環境ではあったと思われます。

 

しかし、やはり中学生となれば、先程も書いたように、ある程度外見を装って過ごすこともできる年齢かと思われますので、全ての把握は難しいと言われていますね。

 

また、事件が発生した時間帯は、朝の読書タイムということで、生徒は教室に入っていて、担任の先生も教室にいたでしょう。

 

男子生徒は伊藤さんを廊下に呼び出し犯行に及びましたので、刺したところをみた生徒は居なかったったのかもしれませんが、

その後、伊藤さんは自力で教室に戻り、倒れたそうですので、生徒も目撃しているでしょう。

 

 

生徒の精神的面でも心配ですね。

 

また、その後の対応も先生がなされています。

 

先生方も精神的に追いやられているかと思いますが、容赦無くこれからの対応に追われることでしょう。

 

生徒だけではなく、先生方の精神面も心配ですね。

 

 

スポンサーリンク

 

 


加害者(犯人)動機:「いじめられていた」「嫌な思いをした」

 

 

 

引用:文春より

 

 

加害者生徒は

「いじめられていた」

「嫌な思いをした」

という趣旨の供述をしていたことが新たに分かっています。

 

この動機とも言える発言ですが、犯行内容から、相当な殺意を持っていたとされています。

 

ですので、男子生徒は、相当なことをされたか、我慢をし続けたか、、、、

そう考えられるのが一般的かと思いますが、どんな理由であれ、命を奪っていい理由にはなりませんね。

 

また、この供述も事実を知るのは当人のみといったところですので、現時点ではなんとも言えない状況です。

 

伊藤柚輝さんの印象については、

・話が面白い

・あいさつもしっかりできる

・生徒会活動もやっていた

・リーダー的存在

・スポーツが得意で友達の面倒見も良く、慕われていた

・きちんと挨拶をする礼儀正しい子

・やんちゃそうなところなどまったくない

・友人とトラブルがあったなんて想像もできない

・野球に打ち込んでいた

・明るく友達もたくさん居た

・下の学年の子の面倒を見たり、ハンディがある子にも分け隔てなく優しく接していた

 

など、この評判を見る限りでは、いじめをするような人物とは考えにくいでしょう。

 

現時点では、加害者のみが、いじめと供述していることから、直接的な事件とのつながりがあったとは言い切れませんね。

 

加害者の一方的な被害妄想という可能性も捨てきれない。

 

本当にいじめられていたのなら被害者に同情の余地はない。
しかし死人に口無しという言葉があるように、加害者の一方的な被害妄想という可能性も捨てきれない。
周りの生徒は辛いだろうが、教育委員会などが聞き取り調査を行なったりして原因を究明すべきではないだろうか。

 

 

また、LINEをめぐってのトラブルとも報じられはじめました。

噂となった某サイトの書き込みがあったからでしょうか。

 

報道の情報に関しては一切、LINEトラブルがあったという情報がなされていません。

 

警察は加害者である男子生徒のスマホを今後調査するということで、2人の関係等について、何か明らかになるかもしれませんね。

 

新たな情報を待ちたいと思います。

 

今後、新たな情報が分かり次第、随時更新いたします。

 

男子生徒の生い立ちや家族に関してはこちら。

 

 

スポンサーリンク

 

伊藤柚輝さんは『命令口調だった』トラブルの元になった?

 

 

 

 

伊藤柚輝さんが被害者になってしまったのはなぜなのか、どの様な人物だったのか?

知人などのインタビュー映像も度々報じられていましたね。

 

今までの、情報を見ても、伊藤さんに関しては好印象な証言しかありませんでした。

 

なぜこのような子が?そんな声が多く挙げられていましたね。

 

そんな中、被害者の知人は、少なからず生徒間でのトラブルを余地していた様です、、、

 

被害者の知人

 「リーダーシップがあるけど、命令口調が多い。『トラブルの元にはなるだろうな、あの口調は』と思っていた」

 

伊藤さんについて、リーダーシップがあるけど、命令口調が多く、
トラブルの元にはなるだろうな、あの口調はと思っていたと話されていました。

 

言い方、伝え方で、どうとも受け止められますよね、、、

 

言った方は気にしていないことも、言われた側はその言葉で精神的苦痛を感じてしまうことはよく耳にします。

 

少し上から物を言う、そう感じた人がいたのは事実ですが、伊藤ゆずきさんは生徒会長もしていたと言いますから、優しさの中にも責任感のある性格だったのだと思います。

またこのことが直接的に事件に関係していたとも言い切れませんね。

 

どんな会話があったかは分かりませんが、捉え方、受け止め方は人によってそれぞれ違いますので、何が事件につながったのか、今後明らかになっていくでしょう。

 

 

 

追記

加害者の新たな供述が報じられました。

 

 愛知県弥富市の市立中学校で中学3年生の男子生徒(14)が刺殺された事件で、殺人容疑で送検された同学年の少年(14)が、「生徒会の選挙に立候補した男子生徒に応援演説を頼まれたのが嫌だった」と供述していることが26日、捜査関係者への取材で判明した。「嫌なことが重なった」とも話しているといい、県警はこうしたことが事件の引き金になったのか、慎重に捜査を進めている。

引用:https://news.livedoor.com/

「生徒会の選挙に立候補した男子生徒に応援演説を頼まれたのが嫌だった」

と供述していることが新たにわかりました。

なんだか、二転三転しているようにも感じてしまいますが、

嫌だった、、、

この供述はあまりにも自分勝手と感じてしまいますね。

 

嫌だったことを断れなかったのでしょうか、、

そんな疑問さえも持ってしまうような発言ですね。

 

命をうばっていい理由などありませんが、あまりにも信じ難い供述ではないでしょうか。

 

まだまだ、真実はわかりませんね。

 

続報が入りましたら、随時更新いたします。

スポンサーリンク

 

追記:「嫌がらせだと感じていた恨みのような感情が募り、、、」

加害者の新たな供述です。

引用:https://news.yahoo.co.jp/

 

加害者の男子生徒は

「被害生徒の言動に嫌な気持ちを抱いていた」

という趣旨の話もしており、

加害生徒は、

被害生徒が役員に立候補した生徒会選挙で演説依頼を受けた

仲の良いグループの友人数人と話している時に「(被害生徒が)割って入ってくるのが嫌だった」

そう感じていたと言います。

また、

「嫌がらせだと感じていた。恨みのような感情が募り、今の生活はどうでも良いと思うようになった」

このようにも話していた男子生徒。

 

仲の良かった小学校時代ですが、いつからこのようなすれ違いが起き、不満となっていたのでしょうか。

 

大人しく自分からは気持ちを言い出せない性格だったという加害者ですが、その性格が、不満を積み重ね、気づけば、伊藤さんの行動が嫌がらせという矛先に変わってしまったのか、、、

そんな気持ちに触れることが出来ていれば、今回の事件は防げたのかもしれませんね、、

 

 

 

スポンサーリンク

追記:アンケートに「いじめられたことがあった」と回答!隠ぺいか?

 

引用:https://news.yahoo.co.jp/articles/

愛知県弥富市の中3刺殺事件で、加害者男子生徒が新たに、学校のアンケートに、

いじめられていたと答えていたことがわかりました。

しかし、緊急記者会見では、トラブルはなかったと学校側は話していましたね。

 

愛知県弥富市の中3刺殺事件で、逮捕された男子生徒(14)が校内のアンケートに「いじめられたことがあった」と回答していたことが分かった。  同校の校長と市教育委員会が29日、記者会見して明らかにした。  市教委によると、男子生徒は2月、悩みなどを尋ねるアンケートの「いじめられたことはあったか」との質問で、「ある」に丸を付けていた。  校長と市教委は当初、男子生徒をめぐるトラブルについて「思い当たることはない」と説明していた。その後、学校側が過去のアンケート結果を調べ、いじめに関する回答が判明したという。 

引用:https://news.yahoo.co.jp/

 

学校側この回答後、男子生徒に何度もその後の様子を伺いましたが、

『今は落ち着いているので大丈夫です』と返答した為に、

3年にクラス替えで別々のクラスにする以外に特に対応はしていなかったと言います。

大丈夫と言われれば、学校側も、それ以上に踏み込無事もできなかったでしょう。

しかし、この供述がいじめと判断されるかは、何とも言えませんね。

 

スポンサーリンク

愛知弥富市「いじめを訴えたが放置し、対応も不適切だった」

 

 中学時代に同級生からいじめを受けたのに、学校側が適切な対応を取らなかったためけがをしたとして、愛知県弥富市の少年(17)が同級生4人と同市に慰謝料など約2170万円の損害賠償を求めて名古屋地裁に提訴していたことが13日、分かった。
 訴状によると、少年は09年4月に弥富市内の中学校に転校後、給食の配膳をめぐって同級生の1人とトラブルになったのをきっかけに、4人から筆箱を取り上げられ投げ合う「筆箱回し」の嫌がらせを毎日のように受けるようになった。
 学校側にいじめを訴えたが放置し、対応も不適切だったと主張している。

引用:https://www.chibanippo.co.jp/

 

事件があった愛知県弥富市の中学校について検索したところ気になる記事がありました。

この事件は、ある少年が、2009年4月に弥富市内の中学校に転校後、給食の配膳をめぐって同級生の1人とトラブルになったのをきっかけに、4人から筆箱を取り上げられ投げ合う「筆箱回し」の嫌がらせを毎日のように受けるようになったそうです。

 

少年は、中学時代に同級生からいじめを受けたのに、学校側が適切な対応を取らなかったためけがをしたとして、愛知県弥富市の少年(17)が同級生4人と同市に慰謝料など約2170万円の損害賠償を求めて名古屋地裁に提訴。

 

少年は、学校側にいじめを訴えたが放置し、対応も不適切だったと主張していたといいます。

 

 

同じ市の中学校で過去に、いじめの事件があった様です。

 

学校側はこの事件も把握していたはずですが、しかし、今回生徒の間で信じがたい事件が起きてしまいました。

 

同市の事件に、新たに対策もとられていたはずです。

 

ですが、どんなに対策があっても防ぎきれないこともあるということでしょうか。

 

 

真実はまだまだ分かりませんね。

今後もこの事件を追って、情報を随時更新いたします。

 

 

スポンサーリンク

世間の声

 

この事件に限らず未成年が起こした事件は
被害者は顔写真と名前を報道されて加害者は
法によって守られる。これがよく分からない。
加害者の名前や顔を出せとは言わないが
被害者の個人情報を流さないで欲しい。
被害者の親族の方も流して欲しくないはず
です。被害にあった中学生にご冥福をお祈り
致します。

 

詳細はまだ何もわからないけど、とても強い殺意は感じますね…。
それだけの強い意志、違う方向に向けて欲しかったです。
何があったにせよまずは亡くなられた方のご冥福をお祈りします。

 

校長が全生徒の事を把握しているとはとても思えないし、担任ですら怪しい。同級生が憶測で述べたことを鵜呑みにするのも良くない。事実や背景は警察が本人から上手く聞き出すしかない。

 

学校に刃物持ってきたということはそして午前8時という時間を考えると計画的な犯行だろうと思います。
こういう事件が起きると安全対策とか未然に防げなかったのかというような議論になりますが、隣の人が人を殺すつもりかなんて誰が予想し得るでしょうか。
これを環境のせいにするよりも明日また同じことが起きるのを止めることは誰にもできないという現実を教えるほうがいい気がしますけどね。

 

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)