ウガンダ人選手が行方不明になった泉佐野市(大阪)のホテル特定!亡命希望で失踪か?


東京五輪の事前合宿で大阪府泉佐野市のホテルに滞在していた、選手団のうち重量挙げのジュリアス・セチトレコ選手(20)が行方不明になったと発表されました。

 

泉佐野市によると、16日午前0時半ごろ、滞在先のホテルにいたのをコーチが確認しているということです。

 

同選手は世界ランキングが下がり東京五輪には出場できなくなったため帰国予定だったとのことです。

 

さて、この選手が滞在していたホテルや、失踪理由などについて調べていきたいと思います。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

報道の概要

 

大阪府泉佐野市は16日、東京五輪の事前合宿で市内に滞在中のウガンダ選手団のうち、重量挙げのジュリアス・セチトレコ選手(20)が行方不明になったと発表した。

市は府警泉佐野署に通報し、市内を捜索している。 市によると、同日午前0時半ごろ、滞在先のホテルにいたのをコーチが確認しているという。

選手団が毎日午前中に採取することになっているPCR検査の検体が正午を過ぎても提出されていなかったため、市職員が部屋を確かめたところ、いなくなっていることに気づいた。

セチトレコ選手は世界ランキングが下がり、オリンピックに出場できなくなったため、コーチらと20日夜の成田空港発の便で帰国する予定だった。

PCR検査では、入国時から15日の検体まで陰性だったという。 選手団の外出はホテルと練習会場との往復に限られている。

ホテルで使用できるエレベーターの付近には市の業務委託先のスタッフが24時間、最低1人は待機していたという。

行方不明者が出たことを受け、市は市役所内の全職員に「協力できる人は行ってください」と呼びかけ、夜まで捜索を続けた。担当者は「市民に不安を与えて申し訳ない」と話した。

ウガンダ選手団は計9人。6月19日に来日したが、成田空港検疫や泉佐野市内の宿舎でのPCR検査で2人の陽性が判明し、7月6日まで待機が続いた。7日から市内の施設などで練習を始めていた。

Yahoo!ニュースより引用

 

これは結構心配ですね。

 

恐らく、この選手はオリンピック出場がほぼ確実と見込まれていて日本に入国したのですが、何らかの事情により自分自身の世界ランキングが下がってしまい出場が出来なくなってしまったのです。

 

 

本人としては、意気揚々とはるばるウガンダからせっかく日本に来たのに、肝心のオリンピックに出場出来ないとわかった時は図り知れないショックが襲ってきたことだと思います。

 

 

出場できないと決まってから既に帰国の予定もあったようですが、その中で行方不明になってしまったということですので、その現実を受け止めることが出来なかったのでしょうね。

 

 

コロナ渦の五輪ということですので、当然日本側もPCR検査は厳重に行っており、6月19日に来日したウガンダ選手団の中から2人の陽性者が出ていたということで7月6日まで待機が続いたということです。

 

 

このような状況の中、ホテルから勝手に出歩くことは原則禁止されているはずですし、ホテル側としても厳重に監視をしていたはずなのに、何故脱出できたのでしょうか?

 

 

それこそ、監視カメラなどを調べていけばどこかに姿は映っている可能性はあります。

 

 

全くカメラのないルートがあってそこから脱出したならわかりませんが何らかの手がかりは必ずあるはずですので、もう少し大事ととらえて捜索をしてほしいと思います。

 

 

心配なのは、この選手が何らかの事故に巻き込まれたり、ましてや事件を起こしたりすることですよね。

 

 

自暴自棄になってしまい、どんなことをするかわからないという点も踏まえていないと最悪の事態が起こってしまった時にはこのオリンピックはさらに逆風を受けることになるでしょう。

 

 

 

一刻も早く見つけ出して、事件や事故を防ぐことが先決だと思われます!

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 


滞在していたホテルはどこ?

ウガンダ選手団が宿泊しているホテルについて調べてみました。

 

宿泊しているホテルは、泉佐野市にあるホテルニューユタカらしいです。

泉佐野市は程よい郊外といった雰囲気で、意外と緑も多い地なので、自然に紛れてしまえば割と探すのは難しい気もしますね。

 

 

 


ジュリアス・セチトレコ選手選手はどこにいる?

 

一部では、誰も目撃していないのであれば、『天井裏にいるのではないか?』とかつてのニシキヘビを彷彿とさせるようなことも言われていますが、まあこれは冗談として・・・・

 

 

何かの理由で外出してホテルに戻る予定だったが、帰り道やホテル名が分からず、いわゆる迷子になっているのではないかというような予測をしている人もいます。

 

その可能性が100%ないかと言われれば、あってもおかしくはないとは思います。

 

基本的には勝手に外出することが禁止されており、ずっとホテル内にいるわけなので周辺の地理などにも詳しいわけがありませんし、ほぼ初めて散策する地で帰り道が分からなくなってしまったというのは可能性としては十分にあると思います。

 

 

その上、もし通信手段が無いとなると誰に聞くこともできず、周りの人に聞こうと思っても日本語が分からず、英語が話せたとしても日本人は英語が苦手なので会話すら成り立たない可能性もあります。

 

 

挙句の果てに本人が究極の方向音痴だった場合は、やはり迷い続けているのかもしれません。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 


ネットの声

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)