ウガンダ人選手(ジュリアス・セチトレコ)三重県で保護!やっぱり協力者がいた?


16日に、大阪府泉佐野市のホテルから行方が分からなくなっていたウガンダ選手団のメンバー、

ジュリアス・セチトレコ選手が、三重県内で見つかりました。

無事に発見されてよかったですが、ジュリアス・セチトレコ選手はこのまま母国へと帰国させられるでしょう。

名古屋行きの切符を買っていたとみられていましたが、発見されたのは三重県です。

知り合いがいたのでしょうか?

詳しくみていきましょう。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 報道内容

 

東京オリンピックの事前合宿で来日し、行方不明となっていたウガンダ代表の選手とみられる男性が、三重県内で見つかったという。

ウガンダ代表で重量挙げのジュリアス・セチトレコ選手(20)は、大阪・泉佐野市で合宿中だった7月16日朝、近くの熊取駅で、愛知・名古屋方面への新幹線の切符を購入した目撃情報を最後に、行方がわからなくなっていた。

捜査関係者によると、20日午後、三重県内で、セチトレコ選手と見られる男性が、見つかったという

引用:https://news.yahoo.co.jp/

 

7月16日、大阪府泉佐野市で合宿中だった近くの熊取駅で、愛知・名古屋方面への新幹線の切符を購入したジュリアス・セチトレコ選手。

熊取駅での目撃情報を最後に、行方がわからなくなってましたが、本日三重県の四日市市で無事に保護されたようです。

ジュリアス・セチトレコ選手は

「ウガンダの生活が厳しいので日本で仕事がしたい」

という趣旨の書き置きを残し、行方不明となっていました。

無事だったことに安心しました。

オリンピック選手の就労は認められていません。

日本で一体何の仕事をするつもりだったのでしょうか?

知り合いでもいたのでしょうか。

詳しい情報が入り次第、更新いたしますのでお待ちください。

スポンサーリンク

 

 


 発見されたのは三重県四日市市

 

 

ジュリアス・セチトレコ選手が発見されたのは、四日市市です。

最後に防犯カメラに映っていたのは、名古屋駅でした。

 

名古屋駅から四日市市までは、40kmほどあります。

電車を乗り継いでいったのでしょう。

ここで気になるのが、協力者の存在です。

やはり支援者がいるのでしょうか?

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 


 協力者がいた?

 

 

 

twitterや、ニュースのコメントでも、「協力者がいたのでは?」といった声があがっていました。

その協力者のツテで、仕事をしようと思っていたのでしょうか。

今後、様々な情報が出てくると思われます。

mikoニュースにて、お伝えいたしますのでもうしばらくお待ちください

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 


 ネットの反応

もちろん検証とか色々必要とは思い、お騒がせ者という形になったところではあるけど、どんな形にせよ日本に縁あった人だし、幸せを願いたい気持ちあり。うまく事が進むと良いのだけど。もちろんルールも破った訳だし短期的には厳しい対応が必要とは思うし、もしも何か企んでいた者が背後にいたならそれはしっかり捜査してほしい。

 

一先ず安心しました。どんな経緯で泉佐野から三重県まで行ったのかですね。バックに支援者がいる様な気がします。

 

他の国の選手でも同じような行動、逃走行動を取る可能性があるのでは無いか。

 

取り敢えずは良かったです。
でも、この後はどういった対応になるんだろう?
責任持って出国させないと、また逃げる可能性もありますよね?

 

保護されてよかった このまま不法滞在していれば、生活困難からブラック組織で犯罪にいいように使われたかもしれない

移民するにしてもしっかりとプロセスを踏める人物でないと日本ではやっていけないだろうから

 

計画性もないことからどこまでの覚悟をもって失踪したのか、今さら競技に復帰できるわけもなく国に帰ったらどんな目に遭わされるのか、この若者の将来が心配になる。

 

無事で良かった……けど失踪の理由はきちんと解明してください。

 

すぐに捕まるし早急に帰国させるという前例を作っておかないと競技者の中から後に続く者が現れてしまう

 

 

 

スポンサーリンク

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)