【全国高校駅伝】車侵入!プリウス男の実名住所特定!顔画像も!映像有/京都(動画)

 

2020年12月に京都市で開催された女子の全国高校駅伝でコースに車が侵入したという信じられないニュースが報じられました。

京都府警交通指導課と右京署は本日14日、道交法違反(警察官現場指示違反)の疑いで、京都市西京区の無職の男性(68)を書類送検しました。

男は何を考えてこのような行動に出たのでしょうか。

 

画像、映像などもまとめます。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

事件概要

 

京都駅伝

 

「イライラして選手の間を抜いた」高校駅伝コースに車進入疑い、68歳男を書類送検 京都府警

 

 昨年12月に京都市で開催された女子の全国高校駅伝で、乗用車がコースに進入して選手の前を横切った問題で、京都府警交通指導課と右京署は14日、道交法違反(警察官現場指示違反)の疑いで、京都市西京区の無職の男性(68)を書類送検した。「早く帰ろうと思ったのに警察官に止められ、イライラして選手の間を抜いた」と話し、容疑を認めているという。

  公道を使った陸上競技で、交通規制を無視したとして運転手が書類送検されるのは異例という。  書類送検容疑は昨年12月20日午前11時22分ごろ、駅伝の最終5区(5キロ)のコースとして交通規制されていた右京区五条通西小路交差点で、右京署員による通行禁止の指示に従わず、制止を振り切って乗用車でコース内に進入した疑い。

 府警によると、男性は買い物からの帰りに西小路通を南進し、五条通の交差点を右折しようとした。署員の指示を受けて一度はバックしたが、数分後に先頭集団のランナーが通過すると、コースを横切って西小路通を南向きに走り抜けた。

 車は京都府代表の立命館宇治高の女子選手(18)の目の前を走り、接触する寸前だった。男性は「選手の間隔が空いており、今なら行けると思った。後から映像を見て危ないと分かった。反省している」と話しているという。

 

出典:https://news.yahoo.co.jp/

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

プリウスの男の情報!実名は?

 

 

名前◆非公開

年齢◆68歳

性別◆男

住所◆京都市西京区

職業◆無職

 

 

情報はまだ少なく、これ以上のことはわかりませんでした。

情報が公開され次第、掲載したいと思います。

 

 

 

スポンサーリンク

 

犯人(容疑者)の顔画像!

 

 

 

【顔写真】【発見せず】

こちらの方で顔写真やそれに

準ずる写真の関して、独自に調査の方をさせていた

だきました。

しかしながら今現在どのメディアも報じて

おらず発見できなかった

ため、発見次第更新させていただきます!

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

犯人(容疑者)のfacebook特定!

 

 

 

こちらの方で、facebook上で名前検索を行ったり

また、それに該当しそうな人物の手がかりから

特定を試みました。

しかし現状として、該当人物に関するfacebookの

情報は判明することができませんでした。

 

今後mikonewsの方で調査次第、何かしら手がかかりや

アカウントが判明次第、追ってお知らせしていきたいと思います。

もう少々お待ちください。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

立命館宇治高校(京都)選手の情報

 

 

車が横切った時に接触しそうになったのは、京都代表の立命館宇治高校の女子選手でした。

 

接触する寸前で身をかわしたためケガなどはなかったですが、進路を妨げられる形となりました。

 

接触し、大事故とならず本当に良かったです。

 

 

 

スポンサーリンク

 

車侵入の理由は?映像入手!同乗者は嫁?

 

 

どのように侵入したかというと、上手のように警察官の制止を振り切りコースに侵入しました。

 

交通規制があっているのにどうしてこんなことをしたのでしょうか。

 

その時の映像がありました。

 

 

本当に危ないですね。

 

立命館宇治高校の選手は明らかに減速しています。気付かずに走っていたら、あわや大事故でしたね。

 

こちらの記事もあわせてどうぞ!!

【全国高校駅伝】車侵入の無職男の名前や顔!接触寸前の映像有!Twitter

 

スポンサーリンク

 

世間の声

 

警察官の交通規制は道交法第6条にも規定されているとおり、車両等の通行を禁止し、制限することができ、運転者はその指示に従う義務を負います。また、警察官が信号機と異なる手信号をしている場合でも、警察官の手信号に従う義務があります。

高校駅伝が公道で行われている状況で、そのコース内に車両で進入した場合、選手と接触する危険が発生することは運転者なら当然認識できるはずです。
歩行者等から見ると車両は走る凶器です。運転者は凶器を運転していることを認識して身勝手な運転をせず、歩行者等を守る運転を心がけなければいけません。

熊谷宗徳 元交通捜査官/交通事故鑑定人/交通事故調査解析事務所 代表

事故は起きませんでしたが、人身事故になり得た事案です。
実際に交通事故が起きた場合、自動車運転過失致死傷罪が適用されます。

また、被疑者が68歳であることから、高齢者の運転免許証の更新や返納に関する議論にさらに拍車がかかると思われます。

堀井亜生 弁護士/堀井亜生法律事務所代表

こういう人は「早く帰りたかった」だけで警官の制止を振り切るし、交通ルールを守らない。いつか大きな事故を起こしかねない。
免許剥奪案件だと思うが。

免許取り消し、再発行はNGぐらいにしないとこういう性質の人間は大きな事故を起こす。書類送検だけでなくもっと厳しい罰を。

この68歳の男がこれまでどのような生活を送って来て周囲からどのように見られていたのかなんとなく判る気がする。

「全国高等学校駅伝競走大会でレースコースに乗用車が侵入した。選手らに怪我は無かったが車を避けた選手は順位を1つ落としたという。」
こんなの免許取り消し案件だろ。駅伝云々の問題ではない。明らかな殺人未遂

そのイライラは大事故に繋がり兼ねない事案。免許証与える事自体問題。
一時的に反省しても、ハンドル握れば同じ事をするでしょう。
日頃から煽り運転してそう。

 

免許はく奪したほうがいいという意見が目立ちました。

 

確かに駅伝のための交通規制は確かに長い時間になることはありますよね。

しかし警察官のいう事を聞かなかったのですから、威力業務妨害にもあたりそうですよね。

 

まず、そんなにイライラする人は車の運転をしてほしくないですね。

 

今回は大きな事故にならなかったからよかったですが、いくらでも最悪なパターンは想像できます。

 

スポンサーリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)