【映像あり】雲類鷲(うるわし)光江の顔画像facebookは?現場特定!高齢者か?

4日午後1時25分頃、茨城県ひたちなか市の踏切で軽トラックと普通列車の交通事故が起きました。

この事故で軽トラックを運転していた雲類鷲光江さん(76)が死亡しました。

今回は雲類鷲さんの顔画像やfacebookを調査しました!現場は中根駅周辺で踏切がないか?

必見です!

スポンサーリンク

事件概要!高齢ドライバーの事故?

4日午後1時25分ごろ、茨城県ひたちなか市のひたちなか海浜鉄道の踏切で、下り3両編成の普通列車と軽トラックが衝突した。

 軽トラックを運転していた雲類鷲光江さん(76)が病院に運ばれたが、死亡が確認された。事故があったのは警報機も遮断機もない「第4種踏切」だった。

 県警ひたちなか署などによると、軽トラックの荷台に乗っていた雲類鷲さんの孫(11)も病院に運ばれたが、命に別条はない。列車の乗員乗客約170人にけがはないという。

出典:https://headlines.yahoo.co.jp/

GW中に帰省中の家で悲劇的な事件が起きてしまいました。

茨城県ひたちなか市のひたちなか海浜鉄道の踏切で下り3両の普通列車と軽トラックが、衝突しました。

この事故で雲類鷲光江(76)さんが死亡しました。その孫も病院に運ばれましたが、命に別状はないそうです。

この踏切は、警報機も遮断機もなかったそうです!

しかし、この現場は見通しが良かったみたいです。雲類鷲さんが76歳という事で、高齢ドライバーに準じてはおります。

それらを総合的に考慮すると、判断能力が鈍っていたのでしょうか?

昨今では、高齢者ドライバーによる交通事故が後を絶ちません。最近だと、池袋での飯塚容疑者による事件は大きな話題となりました。

しかし、現段階では事故原因は不明ですが、次章で現場についても解説していきたいと思います!

スポンサーリンク

事故現場は中根駅周辺!

現場は、

中根駅から西に約500メートル「第4種踏切」

だったそうです!

現場の画像はこちら!

出典:https://www3.nhk.or.jp/

現場は、一橋の踏切だそうです!

確かにこれは、警報機もなければ、遮断機もない踏切ですね。しかしかなり見通しはよさそうにも見えます。

事故が起きた時間が午後1時過ぎですし、周囲を確認していれば、事故が起きるとは思いにくい場所ではありません。その為雲類鷲さんの確認不足なのかもしれません。

しかし事故原因は不明のままです。

しかし、天気が悪かった場合や視界が悪い時には安全都合上、遮断機や警報機は必要なのかもしれません。

そして早急な事故原因の解明に警察は全力を尽くして欲しいと思います。

まさかGW中に、孫をまき沿いになって死んでしまうなんて帰省された親御さんもいたたまれないと思います。

そして亡くなられた雲類鷲光江さんにはご冥福をお祈り申し上げます。

スポンサーリンク

雲類鷲さんのプロフィール!

名前:雲類鷲光江(うるわし)

年齢:76歳

職業:不明

在住:茨城県ひたちなか市

出身:不明

現場を見る限りだとかなり見通しもよく、田んぼだらけで障害物が見当たりません。その為、雲類鷲さんが急いでおり確認不足で、交通事故を引き起こした可能性もあります。

しかし現段階では、事故原因は不明である為分かり次第こちらに掲載しておきます。

スポンサーリンク

雲類鷲さんの顔画像は?

 

出典:https://www3.nhk.or.jp/

【顔写真】【発見せず】
こちらの方で顔写真やそれに準ずる

写真の関して、独自に調査の方をさせていた

だきました。

しかしながら今現在どのメディアも報じておらず発見でき

なかった

ため、発見次第更新させていただきます!

スポンサーリンク

facebookは?

【facebook】【検索結果】

こちらの方で雲類鷲さんのfacebookの

特定をさせていただきました。しかしながら

完全な特定には至ることができませんでした。しかし、

facebookの検索結果で

該当しそうな人物は複数見当たりましたので、リンクとし

て掲載させていただきます。

facebook検索結果:雲類鷲光江

スポンサーリンク

ネットの反応

 お孫さん(男子小学生)は、さっきまで一緒にいる人が亡くなるという現実を目の当たりにして、身体にも心にも傷がついてしまい、遺族を筆頭に、周囲の人々による、彼へのサポートは必要になると思うと、ローカル線の運営会社が抱える悩み,我々、自動車運転者が考えるべき事が様々浮かび、一概に、「◯◯だけが悪い!」とは、声を大にしてでも、公へ向けて言えないなぁと思った所です。 そして、小6の男子小学生が負ったであろう、心の傷は心配です。 荷台に乗っていて、今回の事故に遭っているので、今回の事故を機に、電車を見る事すら拒否反応を起こす可能性について、どうしても、他人であるものの、心配な気持ちになってしまいます。

高齢者の運転は危険ですよ。
若い時のように目も見えない。
左右確認したとてその左右が
すぐ近くしか…
一時停止の重要性も理解し
実施できているかの判断も危うい。
地方で暮らすことの利便性優先も
危険と隣り合わせである。

最近、前を走る車に高齢者マーク。
車の中に幼少の子供が立ち前後移動。
一切、方向指示器は作動せず
まるで遊園地のゴーカートの如く
いきなりブレーキもなんのそので
で、信号無視して左折して行きました。

同乗の子供はたぶん孫でしょうね。
孫に気をとられ、交通ルールは全く
無視して走ってる感じです。
事故ると孫が車外に放り出される認識も
理解していないでしょう。

今回、荷台の孫さんが逃れられたことが
せめてもの救いですね。

廃止の危機にあった茨交湊線を第三セクターで再生し黒字化した
鉄道ですが、既存踏切の改修までは予算がつかないでしょうね。
海浜公園への延伸計画があり、延伸区間では踏切をなくすことが
条件になっているようです。

この地域、那珂湊の人間達は
交通ルールは完全無視が多い地域。
ルール守って走ってる人の方が少ない

遮断機が無くても
踏み切りの手前で一時停止をして
左右の安全確認をしていれば
防げた事故だと思う!
亡くなられたお婆さんには悪いが
お婆さんのミスとしか言い様が無い!

踏切内で立ち往生?

緊急ボタン押さずにじたばたする。

挙句の果てに、

荷台に孫を乗せていた。

これもうどうしようもない

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする