ウサギ耳帽子の男|名前や顔は?『20代後半センター分け』梨泰院事故で『押せ』と言った犯人か

韓国ソウルの繁華街・梨泰院で起きた事故で、

11月1日時点で死者が156人になったことが報じられました。

 

原因究明に向けた動きが出ている中、

「ウサギの耳の帽子をかぶった男が”押せ”と叫んだ」

という情報が入ってきています。

 

ウサギの耳の帽子をかぶった男は一体何者なのでしょうか。

さっそく調べてみました。

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

梨泰院事故 誰かが「押せ」と言った?

 

 

将棋倒し事故の原因として、

「坂の上にある居酒屋でインターネット配信で知られる有名人がいた」

「人気お笑いタレントが目撃され人が集まった」

などの情報がインターネットの掲示板に書き込まれ、

有名人を特定する動きが出ていました。

 

そこで「AfreecaTV」の有名なMCであるケイさんが

「現地の飲み屋にいた」という話が出て、それが原因とされたようです。

 

しかし、ご本人がこれを否定されています。

 

オリジナル映像を投稿する韓国発のアプリ「AfreecaTV」の有名なMC、ケイ(本名パク・ビョンギュ/32歳)。

冒険探索もの、事件の解説、食レポなどが人気で、フォロワー数約48万を誇る。

事故以降、韓国のオンラインコミュニティ上では「原因となった有名人は誰だ?」という追求が相次いだ。

そこで「ケイが現地の飲み屋にいた」という話が出て、「原因」とされたのだ。

確かに本人は当日、現地にいた。梨泰院でロケを行っていたのだ。

しかし本人は当時の行動の導線を明らかにしつつ、自らの「AfreecaTV」アカウントページに否定する文章を掲載した。

「飲み屋を訪問したのではなく、人波に押されて飲み屋に入るかたちになった」

「そこで従業員に『今、外は危険だから出ない方がいい』と助言された」

「30分ほどいて警察のコントロールにより道路に空間が出来たので、事件現場とは逆の小道から梨泰院を脱出した」

引用:https://news.yahoo.co.jp/

 

 

そして次に出てきた情報が、

「いたずらっぽく『押せ』と叫ぶ声が聞こえた」

というものでした。

 

 

次章でみていきます。

 

 

イジハンさんについての記事はこちらでまとめています。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 ウサギ耳帽子の男の名前や顔

 

梨泰院で起きたこの事故原因については現在調査中ですが、

現地のメディアによると、現場で「押せ」と言った人物がいるというのです。

 

「ウサギの耳の帽子をかぶった男が”押せ”と叫んだ」

「その周りにいた4~5人の友人たちも同様に”押せ”と」

「そこまで現場での声は”下がれ”だったのが一気に変わった」

「一斉に”押せ”と言い始めた」

上記の発言は事故の生存者や近くにいた目撃者たちから複数出ているそうです。

 

ウサギ耳帽子の男は一体誰なのでしょうか。

ツイッターを調べてみると、以下のような情報がありました。

 

 

確かにウサギ耳の帽子を被っていますが、

この帽子は数年前に韓国で流行ったものです。

 

誰が持っていても不思議ではありません。

 

この日、この男性だけが被っていたともいえませんので、特定するのは難しいと思われます。

 

ウサギ耳帽子の男の特徴はこちらです。

ウサギ耳帽子の男の特徴

年齢:20代後半?

特徴:ウサギ耳の帽子を被っていた

髪型:センター分け

 

 

事故当時、建物の2階から目撃した人物は、

自身のYouTubeチャンネルでこ以下のようにコメントされています。

 

「ウサギ耳の帽子の男とその仲間6人が150人を殺した」

 

一部メディアは、この「ウサギ帽子の男」がすでに警察の捜査対象となっているとも報じているようです。

 

しかし、ニューデイリーの報道では、

『後ろへ(テゥィロー)』

と言ったのが、

『押して(ミロー)』

と聞こえ揉み合いになり、事故に繋がったのではないか?との指摘もあるようです。

 

 

今後は映像解析により証言の信憑性が検証されていくということです。

この件に関して新たな情報が入りましたら、追記していこうと思います。

 

 

 

小槌杏さんについては、

こちらの記事でまとめています。

 

富川芽生さんの顔やSNSについては、こちらの記事でまとめています。

 

富川芽生さんの父親に関する記事はこちらです。

 

 

スポンサーリンク

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)