小山田克彦宇都宮市宿郷5丁目交差点ひき逃げの容疑者の顔!飲酒運転?地震で信号機停電!


 

13日23時ごろに起こった福島震源の地震の影響で停電。信号機が消灯していたとみられる交差点でひき逃げの事故が起こりました。

 

事件現場は栃木県宇都宮市宿郷の交差点で轢かれた40代の男性の意識はあるという事です。

 

事故はなぜ起きたのでしょうか。犯人の実名や顔を公開していきます。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 飲酒運転?《事件概要》

 

 

 栃木県では地震の影響による停電で信号機が使えなくなった交差点で、歩行者がひき逃げされる事故も起きています。

 14日午前1時前、宇都宮市宿郷の交差点で歩行者の男性が車にひかれる事故がありました。現場は信号のある交差点でしたが、事故当時は地震の影響で停電していて、信号も消えていたとみられています。

 「ぶつかるような音が聞こえたんで、そっちの方向をみたら車にひかれてて、歩行中にという感じでしたね。信号機もついてなくて、周りもほとんど車は通っていなくて」(目撃者)

 歩行者の40代の男性は病院に搬送されましたが、意識はあるということです。事故を起こした車は現場から逃走していて、警察はひき逃げ事件として行方を追っています。

出典:https://news.yahoo.co.jp/

 

 

地震が起きて停電しているときにこんな事故です。

 

 

信号機が消えている交差点ですよ。普通は徐行しますよね。徐行すれば人とはぶつからないのではないでしょうか歩行者のほうも気づいてよけることができますし。

 

徐行していなかったのでしょうか。

 

 

もしかして徐行しなかった?

 

 

判断ができなかった???

 

 

 

 

飲酒運転???

 

 

 

そんな疑惑も生まれてきます。

 

 

 

 

 

この辺りは繁華街という事で、そういう可能性も否定できません。

 

普通人をひいてしまったら車を降りますから、酒を飲んで運転していて飲酒運転の発覚を恐れたという可能性もあります。

 

 

 

最近はひき逃げの事故がおy苦ニュースになっていて、ひき逃げをするというのはリスクがあるという事は皆さん分かっているでしょうから、ひき逃げをしなくてはいけない理由が何かあるのでしょう。

 

 

時間の問題で捕まるでしょう。

 

 

情報が更新され、犯人は捕まりました!詳しい情報はこちらの記事をチェック!


 

 

スポンサーリンク

 


犯人の名前!プロフィール調査!

 

 

 

このひき逃げをした犯人について調査しました。

 

まだ逮捕には至っておらず、情報が公開されていませんでした。

 

公開され次第こちらに掲載したいと思います。

 

 

 

スポンサーリンク

 


犯人(容疑者)の顔画像!

 

 

 

【顔写真】【発見せず】

こちらの方で顔写真やそれに

準ずる写真の関して、独自に調査の方をさせていた

だきました。

しかしながら今現在どのメディアも報じて

おらず発見できなかった

ため、発見次第更新させていただきます!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 


犯人(容疑者)のfacebook特定!

 

 

 

こちらの方で、facebook上で名前検索を行ったり

また、それに該当しそうな人物の手がかりから

特定を試みました。

しかし現状として、該当人物に関するfacebookの

情報は判明することができませんでした。

 

今後mikonewsの方で調査次第、何かしら手がかかりや

アカウントが判明次第、追ってお知らせしていきたいと思います。

もう少々お待ちください。

 

 

 

 

今後犯人が見つかれば実名報道されるでしょうから、Facebookのアカウントがあれば特定できるでしょう。congo情報が公開されたらこちらに掲載いたします。

 

 

スポンサーリンク

 

栃木県宇都宮市宿郷交差点事故現場特定!

 

 

 

事故があったのは宿郷の交差点という事です。

 

場所を地図で調べてみました。

 

 

 

このあたりの交差点で、さらに調査を進めていくと、どうやらこの交差点のようです。

 

 

 

 

かなり大きな交差点ですね。

 

 

こんな大きな交差点の信号が消えていたらかなり徐行しますよね。

 

 

やっぱり飲酒運転だったのではないかと感じてしまいます。

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

Twitterや世間の反応

 

 

急な地震、停電…で、気が動転したのかもしれませんが、ひき逃げは、道路交通法上の「救護義務」違反に当たり、重く処罰されます。
「人にぶつかったかもしれない」という程度の認識があれば、故意が認められます。衝撃などから考えて、「もしかしたら人にぶつかったかも」と思ったら、すぐに車をとめて、救急車を呼んだり、道路における危険を防いだりしましょう。
地震後ということで、ただでさえ危険な状況です。運転には十分気をつけましょう。

 

こんな状況のなかで余計な事故や事件を増やさぬよう、運転手も歩行者も十分に気をつけて下さい。

 

ちゃんとその場に留まって被害者の安全確保と緊急通報を行っていれば、地震とその後の停電という状況が情状酌量されただろうと思われます。
災害時なので、通常と違い被害者が助からなければ、保護責任者遺棄致死で相当罪が重くなりますよ。
他人に対する思いやりとか、人道的な話をすっ飛ばしてもいい、単に裁判で自分の罪を軽くするためだけでもいいから、その場に留まって被害者の安全確保と緊急通報を行ってくれと言いたいですね。

 

車を運転していて、信号機が故障しているところに出会すほど怖いものはない。
当然に、全ての車がノロノロ運転をしながら、ゆっくりと通過していくはず。
人をはねるほどのスピードは怖くて出せないはず。
例え信号機が故障でひき逃げを起こしても、ひき逃げの罪は免れない。

 

停電で信号が消えていたとしても、地元の人で無ければ注意して運転し、地元の人ならば更に注意して運転しなければダメと思います。
おそらく検挙されると思いますが酒でしょうね。

 

信号がついてないなら尚更慎重に運転すべきだしもしぶつかったなら絶対音がするはずだよね?車内で爆音の音楽を聴いてたとかなら別として

違和感を感じた時点で確認しなきゃでしょ

信号の停電は関係ない。結局はドライバーの性格だよこういうのって

 

 

 

スポンサーリンク

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)