栃木県宇都宮市|小学生の列に突っ込んだ運転手の男(40代)名前や顔!脇見運転していた?


4日7時半頃、栃木県宇都宮市で登校中の小学生の列に乗用車が突っ込み、3人がケガをする事故が起きました。

車の運転手は現行犯逮捕されたということですが、事故の原因は何だったのでしょうか。

子供たちの容態も気になりますね。

運転手について、事故についてまとめてきます。

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 報道内容

4日朝、栃木県宇都宮市で登校中の小学生の列に乗用車が突っ込み、3人がケガをしました。

警察によりますと4日7時半頃、宇都宮市下田原町の道路の横断歩道で近くの小学校に登校する児童の列に40代の男が運転する乗用車が突っ込みました。

児童およそ10人のうち3人が頭や腰を打つケガをして病院に搬送されましたが、3人とも軽傷で命に別条はないということです。

現場は信号機がある横断歩道で警察は乗用車を運転していた男を自動車運転過失傷害の疑いで現行犯逮捕していて、詳しい事故の状況を調べています。

引用:https://news.yahoo.co.jp/

 

4日午前7時20分ごろ、宇都宮市下田原町の県道交差点で、横断歩道を渡っていた小学生の列に乗用車が突っ込む事故が起きました。

警察によると、小学生は9人で歩いており、このうち1~6年生の男女3人がけがを負って病院に運ばれたということです。

車を運転していた40代の男は現行犯逮捕されました。

現場の横断歩道は押しボタン式だったということです。

 

小学生はいずれも命に別状はないということで安心しましたが、怖かったでしょうね。

子供たちが一日も早く回復することを願いたいです。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 


 運転手の名前や顔画像

 

 

車を運転していた男の名前や顔を調べてみました。

 

しかし、速報とあってか詳細な情報は報じられていませんでした。

分かっているのは、40代の男性ということだけです。

 

続報が入り次第、追記していきます。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 


 事故現場や事故の原因

 

引用:https://news.yahoo.co.jp/

事故が起きたのは、宇都宮市下田原町の交差点です。

 

 

 

ニュースの映像を見る限りだと、かなり見通しがいい道路のようです。

小学生は集団登校していたということなので、運転手からも確認できたのではないでしょうか。

 

スマホを見ていた、脇見運転をしていた可能性もありますね。

 

朝の登校時間は特に注意が必要だと思います。

今回ケガで済んだことは不幸中の幸いです。

 

事故の原因が判明しましたら、追記していこうと思います。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 


 世間の声

 

 

 

この手の事故は幾ら啓発活動を続けても、なかなか減少の傾向にはならない。
今回のような横断歩道、或いは赤信号無視、歩道に乗り上げる、等々である。
こういった事故に対して、刑罰が余りにも軽すぎることも一因ではないか。
どっかの議員さんのように違反を繰り返そうが、今回のように死者が出なければ実刑にもならない。
即ち「注意喚起で済んでいる」これでは減少に歯止めが掛からない。
事故刑罰を見直す必要があるのではないか!

 

 

登下校時間は極力自動車を運転しないように、休日も行楽地、スーパーマーケットやショッピングモールは行かないようにしてます。なぜなら、休日はファミリー層が多くちびっ子の視線は真っ直ぐしか見てないし、ドライバーからも背が小さくて死角になりやすいから。特に昼間でも薄暗い屋内駐車場は余計にわかりにくい。やむを得ず行く場合でも徐行とか少し離れた駐車場に停めます。

 

 

軽症とあるが、強い打撲で全身にアザだらけになっても骨折してなければ軽症です。。
子供たちの恐怖心を思うと心配です。怖かったでしょう。。

先日私も車にぶつかられて電動自転車は大破。
大変な思いをしましたが、相手の保険会社からは軽症、軽症と言われ続け複雑な気持ちでした。

全身大きな青あざだらけ、車への恐怖心。
事故のフラッシュバック。
軽症という文面だけで軽く済ませ無いで欲しいと思う。

車の運転は一瞬でも気を抜かないで欲しいと切に願います。

 

 

子をもつ親として、本当に恐ろしいニュース。
全ての道に隙間なくガードレールがあるわけではないし、幼稚園や学校の近くでもスピード違反の車は多い。
信号のない横断歩道で止まる気配のない車の、本当に多いこと。
「あ、この車、止まらなそう」と思って、自衛でこちらが立ち止まると、手をヒラヒラして「ありがとー」みたいにノンストップで通過してく車。
あなたに譲ったんじゃないの。そちらが止まらなそうだから、自分と子どもの身を守ったの。
子どもたちには、車は必ずしも止まってくれるわけではないことを口を酸っぱくして話している。

 

 

 

歩行者信号が青でも
横断歩道は常に細心の注意を払いながら
渡らないといけない。
曲がってくる車が徐行せず
スピード出したまま曲がるのをよく見る。
(目の前に警察官がいるのにも関わらず…)
接触事故を起こしているのもよく見る。

それだから、歩行者側は安心して横断歩道を渡ることができないのだ。

 

スポンサーリンク

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)